業務システムに使われる開発言語とは?人気の高い言語の特徴

「どんな言語でシステム開発するのか知りたい」
「業務システムによく活用される開発言語が気になる」

コンピュータで動く業務システムを作るには、開発言語を活用することが必要です。今では多種多様な開発言語が公開されていて、システムの目的や用途に応じて適切な言語が使われます。

ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。

ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。

ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。
あらためて今回業務システム開発についてブログに寄稿していきます。
まずはベトナムオフショア開発特有のことではなく、業務システムを開発していく上での基本的な知識を整理したいと思います。

この記事では業務システムを検討する人に向けて、システム開発によく使われる言語を紹介します。

 

業務システムに使われる人気の開発言語

すべての業務システムはコンピュータが認識できる言語により開発されています。システムの開発者は必要な機能やデザインを設計して、開発言語によりソフトウェアを制作。

開発言語にはCOBOLやJavaといったプログラミング言語とPythonやPHPなどのスクリプト言語の2種類あります。プログラミング言語はさまざまな用途に利用でき、大規模開発に向いているのが特徴。

業務システムに使われる開発言語とは?人気の高い言語の特徴

業務システムに使われる開発言語とは?人気の高い言語の特徴

一方、スクリプト言語はプログラミング言語よりも記述・実行しやすく、開発コストを下げられるのがメリット。システムの目的や用途により開発者は必要な開発言語を判断します。

「実際に何の言語でシステムが開発されるのか分からない」と思う人は多くいるでしょう。業務システムに使われる人気の高い開発言語は以下の5つです。

  1. COBOL
  2. Java
  3. Python
  4. PHP
  5. Ruby

それぞれの言語における特徴や事例を解説します。

 

COBOL

1959年にアメリカのデータ組織言語協議会で開発されたプログラミング言語がCOBOLです。「Common Business Oriented Language」の略称であり、主に事務用として使われています。

英語と似たような方式でプログラミングできて、他の開発言語よりも読みやすいのがCOBOLの特徴。誕生から60年以上経過した今でもCOBOLで開発されたシステムが企業で使われています。

例えば銀行や証券会社で使われている多くのメインフレームはCOBOLにより開発。10進数で計算できることから数値の誤差を制御しやすく、COBOLは金額を計算するのに適しています。

COBOL -「Common Business Oriented Language」の略称であり、主に事務用として使われています。

COBOL -「Common Business Oriented Language」の略称であり、主に事務用として使われています。

 

Java

コンピュータのOSに依存しないシステムを開発できる言語がJavaです。2019年の人気プログラミング言語トップ10では3位の実績があり、誕生から20年以上経った今でも高い人気があります。

SNSとして有名なTwitterや業務効率化ツールとして優れているEvernoteといったアプリがJavaにより開発。コンピュータ向けアプリだけでなく組み込み系にも活用されます。

 

Python

Javaよりも古くから開発者に使われているスクリプト言語がPythonです。AIや機械学習で注目を浴びるようになり、2019年版人気プログラミング言語では2位となっています。

他のプログラミング言語に比べてPythonのコード量は少なく、ソースコードを読みやすいのがメリット。若年層から人気を集めているYoutubeやインスタグラムがPythonにより開発されています。

 

PHP

Webサイトの利便性を向上させるために使われるスクリプト言語がPHPです。WebページにPHPを直接組み込むことができ、検索機能やお問い合わせ機能を実現するために多くのWebサイトで使われています。

 

Ruby

日本人のエンジニアにより開発されたスクリプト言語がRubyです。他言語のよい部分を集めて作られた開発言語であり、2019年版人気プログラミング言語では10位となっています。

 

まとめ

コンピュータやクラウドで動作する業務システムはさまざまな開発言語により作られています。開発言語によってメリットやデメリットは異なり、目的にあわせて言語を選ぶのが一般的です。

ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています

ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています

より良いシステムを会社に導入するために、業務システムに使われる開発言語を知っておきましょう。

ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。
あらためて今回業務システム開発についてブログに寄稿していきます。
まずはベトナムオフショア開発特有のことではなく、業務システムを開発していく上での基本的な知識を整理したいと思います。

 

1) 業務システムとは
2) 業務システム開発の要件定義で大切なこと
3) 業務システム開発の提案依頼書(RFP)・要求定義・要件定義の違いとは
4) 業務システム開発で使われる開発言語
5) 業務システム開発の手法
6) 業務システム開発の工程
7) 業務システム開発の見積もり方法
8) 業務システム開発の外部設計と内部設計
9) 業務システム開発の単体テストと結合テストと総合テスト
10) 業務システム開発の運用テスト
11) 業務システム開発のリリースと運用保守
12) 業務システム開発の略語と英語

 

ONETECH ベトナムオフショア開発

ONETECHは2013年よりベトナムホーチミンでベトナムオフショア開発会社としてスタートしました。毎年多くのお客様から発注をいただき50社以上のお客様とお取引をしております。

 

100%日本語対応 ベトナムオフショア開発

ベトナムオフショア開発の10年以上の経験のある経営者やマネージャー、ブリッジSEが100%日本語で対応いたします。
ウォーターフォール型の受託開発はもちろんベトナムオフショア でお客様の専属チームを組織することも可能です。

そもそも我々が、ベトナムでオフショア開発をしているのは3つの理由があります。

そもそも我々が、ベトナムでオフショア開発をしているのは3つの理由があります。

 

ベトナムオフショア開発ですが日本側にコンサルタントを配置

また日本法人にも日本人とベトナム人のシステムコンサルタントがおりますので上流からのサポートも承っております。また短期出張でエンジニアが貴社にお邪魔してオンサイトで対応することも可能です。
またテストをベトナムオフショア で実施したいというニーズにもお応えしております。

 

ベトナムオフショア開発の特徴

ベトナムオフショア の特徴として、ベトナム人は非常に勤勉でとくにITスキルの高い人材が多く、親日国家でもあります。また平均年齢が28歳と若く中長期的にベトナムオフショア のベンダーとして長く利用できるというメリットもあります。中国やインドと比べると人件費も安くコストメリットもベトナムオフショア開発の重要なアドバンテージとなっております。

 

ベトナムオフショア開発を試してみませんか

ベトナムオフショア 開発をまずは試してみませんか。お試しで数週間のプロジェクトからでも承っております。営業がベトナムオフショア 開発の様々な疑問にお応えいたしますのでお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

返信を残す

お問い合わせ