テクノロジー

AR/VR開発をUnityでやろう【後編】

最近AR/VRが話題になっているけど、どうやって作っているのか気になる方もいらっしゃると思います。AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事では前編に引き続き「Unity」のサインイン方法、ライセンス認証方法、インストール方法について解説いたします。ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

iPad Proに「LiDARスキャナ」が搭載。3D認識の向上でAR開発が加速。

Appleは現在、ポケモンGOなどのようなAR開発に力を入れています。ARアプリケーションではAR画像上の3Dモデルと周辺環境の距離情報が表現に大きく影響します。 距離情報を正確に測定できる「LiDARスキャナ」が新型iPad Proに搭載されました。LiDARスキャナの普及によりARアプリケーションの普及や性能の向上にどのような影響があるのでしょうか。

詳細を表示 »

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは?

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは? VRやARの映像を見ているときに目の前のモニタ上の遠くのオブジェクトを見ようとして目が疲れた経験はありませんか? これは輻輳調節矛盾と言って目に疲れや不快感を与える原因になります。 ARアプリ開発の現場では輻輳調節矛盾を抑えられる「ライトフィールド技術」の開発に力を入れています。

詳細を表示 »

オフショア開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)活用

オフショア開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)活用・推進の起爆剤!データとデジタル技術で新たな企業環境の対応とデジタル競争の勝者へ DX(デジタルトランスフォーメーション:Digital Transformation)によるビジネス活用を検討しているが、いまいち具体的な指針が見つからず困っていませんか?DXそれ自体は概念であり、デジタル技術とデータによって「各社に存在するDX可能な領域を言語化し解決する必要性」があります。そこで、DXの話題に触れながらどうやってDXへ企業対応していくべきかをお伝えします。

詳細を表示 »

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介 VR(ヴァーチャルレアリィティ:仮想現実)の世界では、スタンドアローン型と呼ばれるVRヘッドセットが発売され、企業研修や教育現場でのアプリケーションが普及し始めています。 人手不足が叫ばれる中の複数店舗を持つフランチャイズチェーンなどでVR研修の導入が始まっています。全国に拠点を持つチェーン店のトレーナーは日々全国を東奔西走しながら激務をこなしています。

詳細を表示 »

HoloLens2をつかったMRソリューションの事例紹介

マイクロソフトが2019年2月に「HoloLens 2」を発表して早1年が過ぎようとしています。 Mixed Reality(拡張現実、MR)が様々な活用をされ始めているのでいくつか事例をまとめました。今回は自動車業界、建設業界、コールセンター業界の事例の紹介です。 ONETECHでも既にベトナムに2台の「HoloLens 2」が到着していくつかアプリの開発を同時進行しています。「こんなこともできるんだ」などのインプットを増やして自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

インフラ業界でAR(拡張現実)の業務へ応用が進展

様々な業界で活用が期待されているAR(拡張現実)技術が現在どのようなシーンで使われているか気になりませんか? インフラ業界ではすでにARの導入が進んでおり、従業員や製品の安全性や業務効率、顧客満足の向上に活かされています。 自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

WebRTCを使うメリット・デメリットって何がある?

この記事ではこういった疑問に答えます。 コミュニケーションツールの多様化に伴って、遠方であってもビデオチャットを利用して会議をする機会が段々と増えてきました。 この記事を読んでいるあなたも、仕事やプライベートなどでビデオチャットを利用する機会は頻繁にあるのではないでしょうか。 そのビデオチャットを圧倒的に簡単にした仕組みがWebRTCです。 そこで今回は、WebRTCの基本的な仕組みについて、メリットやデメリットも含めてご紹介していきます。 WebRTCの仕組みを1から10まで理解できるような内容になっているため、是非ともご一読ください。

詳細を表示 »

AR/VRエンジニアの人気は前年比14倍?!人気の理由と仕事内容!

近年AR/VRの技術は、ゲーム業界に留まらず、様々な業界で実験的に利用され始めています。 求人サイトの「Hired」が作成したソフトウェアエンジニアに関するレポートによると、2019年の1年間でAR/VRエンジニアの求人数は前年比の14倍にも伸びていたことが分かりました。 まだまだ発展途上の技術ではありますが、今後ますます需要は伸びていくと予想されており、将来的にも非常に明るい技術であると知られています。

詳細を表示 »

VRによる遠隔リハビリ治療が実現!バーチャルクリニックとは?

近年日本の医療分野ではVR技術の活用に注目されており、すでに医療現場で手術シミュレーターとして導入された事例があります。海外における直近の事例として、アメリカでバーチャルクリニックが開業されました。 XR Hearlth社は2020年3月1日に米国でVRを使ったリハビリ治療を提供するバーチャルクリニックを開業しました。この開業によってアメリカの医療業界は大きく変わると言われています。 この記事ではXR Health社によるバーチャルクリニックはどのようなプログラムを提供しているのか、またアメリカのVR実用事例について紹介いたします。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ