Home / サービス / Microsoft HoloLens 開発(ホロレンズ開発)

HoloLens開発|ベトナムオフショア開発企業|  信頼第一のONETECH HoloLens開発|ベトナムオフショア開発企業| 信頼第一のONETECH

HoloLens(ホロレンズ)開発

ONETECHは2017年より本格的にMicrosoft HoloLens(マイクロソフトホロレンズ)のアプリケーション開発をスタートしました。ベトナムで最も多くのHoloLens開発実績のある企業の一社です。

ホロレンズの登場で、VR(バーチャルリアリティ: Virtual Reality: 仮想現実)とAR(オーギュメントリアリティ: Augmented Reality: 拡張現実)を融合させたMR(ミックスドリアリティ: Mixed Reality: 複合現実)の実現にベトナム人Unityエンジニアも心躍りました。
当初は研究開発や展示会向けにスタートしました。HoloLensは単純なARアプリ開発やVRアプリ開発よりもできることが多く、アプリ開発技術だけでなく、画像や音声読み取りを実現するための画像認識や音声認識などのAI(人工知能)、遠隔支援ができるようにWebRTCなどを使った通信やサーバ設計技術、操作性や快適性を追求するためのUI/UX技術、Microsoft Azureなどのクラウド連携技術などの様々な技術の結集によってMRアプリケーションが完成します。ONETECHでは創業当初からVR/ARアプリの開発の蓄積があり、Unity開発に強みがあります。またさまざまな課題を解決するアプリケーションを開発してきました。我々の技術の結集がこのホロレンズアプリの開発です。2019年12月にベトナムでは最も早くHoloLens 2を入手しHoloLens 2向けのアプリケーションを開発しました。

Microsoft HoloLens|マイクロソフトホロレンズ

Microsoft HoloLens|マイクロソフトホロレンズ

特徴: HoloLens(ホロレンズ)とは、2016年に米国マイクロソフト社が開発したシースルー(透過)型と呼ばれるヘッドマウントディスプレイ(HMD)型の表示装置です。MRデバイスの先駆的な製品で、様々な産業(医療、建設、建築、製造、教育、流通、物流)の作業現場などでのビジネス活用も進んでいます。ONETECHは、2017年からHoloLens(ホロレンズ)開発を始めました。

02-HOLOLENS-2-the-first-look-what-are-the-features

Microsoft HoloLens 2|マイクロソフトホロレンズ2

特徴: 2019年にMicrosoftから発表されたMRデバイス「HoloLens」の次世代機です。
HoloLens 2が初代HoloLensから進化したポイントの1つとして、解像度と視野角が倍増した点があります。HoloLensの解像度がHDであるのに対して、HoloLens 2は2Kの解像度を採用。また、HoloLens 2には1度につき47ピクセルの視野角があり、初代機よりもキレイな映像を体験できます。軽量化により装着感が改善されていて、デバイスの使いやすさが向上しているのも特徴です。

【主な改良点】

視野の拡大: HoloLens 2は前作の2倍の視野角を確保
装着感の改善: 快適性が前作に比べて3倍まで向上
操作性の向上: ハンドトラッキングの改善で両手の指を認識し3Dオブジェクトを掴むことが可能
スペックの向上: プロセッサの性能アップにより使いやすさを改良
クラウド連携: Microsoft Azureとの連携強化

より産業用に特化したHoloLens 2は、まだ世の中で想像もできていないような領域や業務の改善ができる可能性があります。
デジタル技術の進歩により、世界はクラウドコンピューティング、IoT、スマートスペース、スマート工場のようなインダストリー4.0に入りました。
VR/AR/MR技術に関係するHoloLens開発は、すべての分野で作業効率を最適化します。

HoloLensアプリ開発

HoloLens開発

デザイン、建築、3DCGプレゼンテーションに活用されたHoloLens
HoloLensを活用し、リアルタイムで実際の3DCGモデルをレンダリングしています。例えば、3Dデザイナーは、追加された異なるコンポーネントに新しい自動車の3Dモデルの外装がどのように変化していくか常に観察することができます。他にも会議でHoloLensアプリを活用アプリを活用する事によって、世界中の複数ユーザーが同時に3Dモデルを見ることができます。

Iot機器との連動で作業効率の向上

IoT機器との連動で作業効率の向上

ホロレンズではBluetoothなどで作業現場のIoT機器からの情報を視覚的に確認することが可能です。例えば計器などの情報を読み取ることで、異常検知に活用可能です。AI(人工知能)画像認識技術と組み合わせることでよりハンズフリーでの精度が上がり、今まで手作業で入力していた情報が簡単なジェスチャーでクラウドに保持されます。また過去のデータを読み出すことにより簡単に過去との比較ができます。ホロレンズ2ではMicrosoft Azureとの連携がより強化されました。
Hololens MRでのオンラインミーティング

HoloLens MRでのオンラインミーティング

ユーザーはHoloLensによって世界中のどこからでも会議に参加する事ができます。自宅、車、または機内で、アバターや3Dボディの技術が進み、現実で同じ空間にいるかのように会議を行えます。このようなデジタルツイン技術は新しいコミュニケーションを生み出す技術です。ジェスチャーや気持ちは実際と同じように表現することができます。5Gの普及のより数百人での同時接続なども可能になります。
Hololens MRによるリモートアシスタンス

HoloLens MRによるリモートアシスタンス

修理およびメンテナンス業務をHoloLensを活用することによって、遠隔地にいる支援者である専門家と連絡を取る事が可能となります。専門家は、改善を必要とする脆弱性や課題を検証し解決する手段を提案します。修理及びメンテナンス従業員は直面している課題のサポートを受けることが容易となります。
離れた場所にいる人とのビデオ通話や、建築・製造の現場などの作業支援などは HoloLens によって、実施することができます。ONETECHはWebRTCの通信技術を使いリアルタイム通信のアプリ開発を実現しています。

AIを活用した画像解析によるリアルタイムでの分析処理

AIを活用した画像解析によるリアルタイムでの分析処理

AR/MRのホロレンズテクノロジーにより、作業者は支援情報を受け取り対象物を分析することができます。HoloLensは、対象物をスキャンし、リアルタイムで情報を処理します。また分析する事によって、関連情報を提案することなどが可能となります。
ONETECHは、AIフレームワークである「yolo」を使い顔認識、OpenCVとOCR技術との応用で文字認識など画像認識アプリの開発研究を行っております。

Hololensにより3DCGコンテンツ

HoloLensで3DCGコンテンツを投影

HoloLensを利用することで、3DCGのデザイナーや建築家、エンジニアの作業や設計がリアルタイムで反映され、効率的に作業することができます。作業の変更をリアルタイムで把握し、評価と意思決定を迅速にする事が可能です。SF映画でよく観られるホロレンズ開発技術を実現したインタラクティブな3DCG環境はデジタルツインを生み出し、私たちの働き方を改革すると期待されています。

インテリアおよび不動産で活用されるAR MR

インテリアおよび不動産で活用されるAR/MR

HoloLensアプリを利用して、家具などの物体を空間に設置し、シミュレーションするAR/MRアプリの実用化が進んでいます。ONETECHの多くのエンジニアはAR/MRやHoloLensテクノロジーを利用して、ビジネス分野で活用できるUnity_ホロレンズ開発などに積極的に取り組んでいます。
AR、MR、Unityを応用することで、多くの新たな体験を実現することができ、顧客サービスの向上につながっています。
仮想空間に物流現場を具現化し、スペースを確保して人が通れる幅を確保できるかなどシミュレーションに活用できます。、設計や物流ラインの改善・見直しにもHoloLens ARを活用することが拡がっています。

HoloLens開発実績

HoloLensを様々な目的やシーンで利用するためのアプリケーション開発を得意としています

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

橋梁やトンネルなどの保守点検業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)のための研究開発案件です。点検履歴は通常設計図に補修箇所や補修箇所の情報を手書きで書き込んで残しています。今回はまず紙データの点検履歴をデータ化します。そしてホロレンズ上で点検履歴を現物と照査してAR表示する研究開発を実施しました。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

このアプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。そのため、作業者の知識が乏しい状態でもエキスパートからの遠隔支援でフォローすることで作業を継続することに繋がります。

AR(拡張現実)技術を使って、スマホのカメラに映し出された自分の部屋などの空間に、家具やインテリアの3D データを、実物大で配置することできるアプリを開発。ホロレンズにも対応しました。

マイクロソフトのMRデバイスHololens2向けに建設予定の倉庫を3Dでホログラムでプレゼンテーションが可能です。プレゼンターがiPadでホロレンズ側の3Dホログラムを動かすしながら説明ができます。

ONETECH Youtube チャンネル

ONETECH ブログ

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、商談や展示会が従来のように開催することが難しい時期がありました。 そこでバーチャル機能を活用した商談や展示会が増えてきています。しかしバーチャル展示会で

この記事では、CI/CDの使用法に精通し、CI/CDの概念を理解し、基本的なCI/CDの設定方法を解説します具体的には、この記事では、AWSとJenkinsでCI/CDの設定を作成して、コードのデプロイプロセスを自動化する方法について説明します。

デジタルトランスフォーメーションの推進に伴い、サイバーセキュリティの必要性も存在感を増しつつあります。特にDDoS攻撃のような一般的な脅威に対しては、常に万全の体制を整えておきたいところです。 今回は、AWSの運用をDDoS攻撃から守るのに必要な知識や方法について、ご紹介します。

【2021最新】はじめてのオフショア開発と失敗事例と成功事例(xR、AWS、マイグレーション) ONETECHは2015年にスタートして2021年に7期目を迎えました。6年間で80社以上200を超える

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、商談や展示会が従来のように開催することが難しくなってきました。 そこで現在注目されているのがバーチャル機能を活用した商談や展示会です。 この記事では、ONETECHが提供するVRを使ったバーチャル住宅展示&商談システム「House Decor VR」による新しい住宅展示会の可能性について紹介いたします。

店舗集客や顧客との関係強化などにおいて活躍しているのが、デジタルギフトです。従来の紙クーポンやギフト券とは異なり、デジタル配信が可能なデジタルギフトは、多くの場面で活躍が期待できます。 今回は、そんなデジタルギフトの活用ポイントや、どんな導入メリットがあるのかについて、事例とともにご紹介します。

無料相談・お問い合わせ
無料相談
お問い合わせ