Home / サービス / VR開発

VR 開発| ベトナムオフショア開発企業| 信頼第一のONETECH

VR開発

ONETECHは、2015年創業当初からベトナムオフショアでVR開発に力を入れています。現在ベトナムでのVR開発分野において最も開発実績のある企業の一つとなっています。近年ではVRイベントが各地で行われ、VRの効用も認知されより身近なテクノロジーになっています。

VR(virtualreality:仮想現実)はOculusQuestやHTCVIVE、PlayStationなどのHDM(ヘッドマウントディスプレイ)向け、スマートフォン向けの簡易バージョンもあります。コンピューター上にCGなどで仮想空間を作り、あたかもそこにいるかの様な感覚を体験できる技術です。VRによって疑似体験のクオリティが飛躍的に向上します。最近では高性能PCが不要なHMDも登場し手軽にVR体験が可能になりました。エンターテイメントだけでなく、教育、社員研修、不動産、医療、災害救助など様々な分野での活用が広がっています。

VRの業務活用

VRは、コンピューター上にCGなどで仮想空間を作り、あたかもそこにいるかの様な感覚を体験できる技術です。

活用される業界 一般的な適用例
・住宅、不動産業界
・小売り・アパレル業界
・医療業界
・製造業界
・ゲーム、エンタメ業界
・接客トレーニング
・製造や医療作業トレーニング
・製品紹介
・仮想モデルルームなどの空間擬似体験
・遠隔コミュニケーション
VR開発のお問い合わせ

VRの歴史

VRのコンセプトが登場したのは80年以上前の話です。スタンリー・G・ワインボウムが発表したSF短編小説「Pygmalion’s Spectacles」の中に、ゴーグルを装着すると仮想的に五感を感じ取りながら擬似体験が可能な装置が登場します。これがVRの先駆けとして今でも記憶されています。

またVR装置の商用化が始まったのは、90年代前後からです。1989年のサンフランシスコでTexpo’89において、VPL Research社が「RB2(Reality
Built
dfor2)
」と呼ばれるVRコミュニケーションシステムが発表されました。また、その数年後には任天堂が「バーチャルボーイ」と呼ばれるVR機器を発表しています。ただでさえ2Dのパソコンも今と比べると非常に低スペックであったために、VRのような小型装置では、できることも限定的でした。そのため、第一次VRブームは10年ほどで収束を遂げ、しばらくは根本的なハードウェア開発が進められました。

VRが本格的に楽しまれるようになったのは、スマホの登場が決定的でした。安価で誰でも手に入れられ、高性能なスペックを有しているということで、VRアプリもスマホ向けに数多く配信されたのです。

HTC Vive」や「PlayStation
VR
」など、様々なメーカーからVR専用機器が発売され、2016年、世界は「VR元年」が到来したと言われるほど、VR業界が活況を見せた歳でもありました。

VR開発のお問い合わせ

VR/AR/MRデバイス

ONETECHが使用した経験のあるHMDSmart glass:

WebAR: PC、スマートフォン(iOS/Android)
HMD: Oculus Go、Oculus Quest、Oculus Rift、HTC VIVE PRO

HTC-Vive

HTC Vive

Htc-vive-focus-plus

HTC VIVE Focus

oculus-rift-s

Oculus Rift S

Oculus-Quest

Oculus Quest

開発実績

VR/AR/MRを様々な目的やシーンで利用するためのアプリケーション開発を得意としています
R&D
VPSベースのマーカーレス型AR道案内デモアプリ開発
AR技術のVPSの研究開発の一環としてVPSベースのマーカ不要のARアプリを開発しました。 VPSにより空間認識を正確に処理しマーカーレスで屋内の道順を案内できるARアプリです。 空間を認識した上で、道順を作成するコンテンツ作成機能も実装しました。
システム保守運用
保守運用中のタブレット学習、博物館ガイドアプリをUNITYで追加開発
博物館ガイドUnityアプリを保守でバージョンアップ対応しました。 iBeaconを利用していて博物館内に設置されたBeaconを検知してタブレットに作品・展示情報を表示 展示コーナーでは作品の解説や音声ガイドを再生
XR(AR/VR/MR)
教育機関向け:複数のVRデバイスで360度動画を同時視聴アプリ開発
デジタル活用教育推進に伴い、教育機関向けにVRアプリを開発しました。 複数のVRデバイスからアバターを選択して360度動画のVR空間に参加することができます。 ホストはVRコントローラーを操作して、動画の一時停止やポインターで空間の特定の位置を指し示しながら授業が可能です。

ONETECH Youtube チャンネル

関連ニュース&ブログ

AR/VR/MRアプリ開発
メタバースプラットフォーム「VRChat」の将来性
ソーシャルVRアプリ「VRChat」をご存じですか?最近メタバースという言葉をよく耳にしますが、「VRChat」はアメリカのVRChat Inc.によって運営されているVRプラットフォームです。 この記事では、ソーシャルVRアプリ「VRChat」の将来性について解説いたします。
AR/VR/MRアプリ開発
METAVERSE SHOPPING – 仮想空間での買い物だけではない
多くの消費者にとっては、Metaverse shoppingは将来の曖昧の概念ですが、今になって注目の話題になりました。多くのブランド、小売業者の企業にとっては既にチャレンジとチャンスのレースは始まってしまっています。コロナの影響でさらに加速され、特にセール期間・ショッピング期間などの期間です。小売業者は、遅れをとっている企業が追いつけない、十分に成長できない可能性であることを見ています。2022年からはmetaverseの仮想空間での買い物が始まる時点だと言えるでしょう。
AR/VR/MRアプリ開発
【比較】WebXRフレームワーク
この記事では、WebXRフレームワークで有名なthree.js、A-Frame、babylon.jsの3つのフレームワークを比較し、解説いたします。ぜひWebXRの知識を深めるのに参考にしてください。今後、WebXRの需要は増えると考えられます。
AR/VR/MRアプリ開発
火災訓練のためのVRアプリケーションを作成
こんにちは、OneTechAsiaで働いているUnity開発者のミンです。今日は、VR環境で防火プロジェクトを行う手順を紹介します。 現在、世界中の多くの国が、消防訓練および救助訓練に仮想現実技術を適用しています。実際、防火訓練は非常に複雑であり、多くの困難と危険があります。多くの消防士は、消防と救助訓練中に負傷により死亡した。
3DCG制作
Unity Art Engineとは?
みなさんは「Unity Art Engine」というツールをご存じですか? 「Unity Art Engine」は、Unityのマテリアルオーサリングツール3Dテクスチャです。 簡単に言うと、AIの機
AR/VR/MRアプリ開発
UnityでZapparとWeb AR
ZapparはWeb ARプログラミングサポートシステムであり、UnityEngine用の独自のSDKを備えています。Unity用のこのZapparパッケージを使用すると、Unityゲームエンジンを使用して構築されたコンテンツでZapparの最高のARテクノロジーを使用できます。
VR 開発VR企業ランキングVR イベントVR 制作会社VR業界VR ベンチャーUnity VR開発 Oculusvr 開発会社VR業界 今後VRゲーム 会社VRグラス
無料相談・お問い合わせ
無料相談
お問い合わせ