Home / サービス / VR開発

VR 開発| ベトナムオフショア開発企業| 信頼第一のONETECH VR 開発| ベトナムオフショア開発企業| 信頼第一のONETECH

VR開発

ONETECHは、2015年創業当初からベトナムオフショアでVR開発に力を入れています。現在ベトナムでのVR開発分野において最も開発実績のある企業の一つとなっています。近年ではVRイベントが各地で行われ、VRの効用も認知されより身近なテクノロジーになっています。

VR(virtualreality:仮想現実)はOculusQuestやHTCVIVE、PlayStationなどのHDM(ヘッドマウントディスプレイ)向け、スマートフォン向けの簡易バージョンもあります。コンピューター上にCGなどで仮想空間を作り、あたかもそこにいるかの様な感覚を体験できる技術です。VRによって疑似体験のクオリティが飛躍的に向上します。最近では高性能PCが不要なHMDも登場し手軽にVR体験が可能になりました。エンターテイメントだけでなく、教育、社員研修、不動産、医療、災害救助など様々な分野での活用が広がっています。

VRの業務活用

VRは、コンピューター上にCGなどで仮想空間を作り、あたかもそこにいるかの様な感覚を体験できる技術です。

活用される業界 一般的な適用例
・住宅、不動産業界
・小売り・アパレル業界
・医療業界
・製造業界
・ゲーム、エンタメ業界
・接客トレーニング
・製造や医療作業トレーニング
・製品紹介
・仮想モデルルームなどの空間擬似体験
・遠隔コミュニケーション
VR開発のお問い合わせ

VRの歴史

VRのコンセプトが登場したのは80年以上前の話です。スタンリー・G・ワインボウムが発表したSF短編小説「Pygmalion’s Spectacles」の中に、ゴーグルを装着すると仮想的に五感を感じ取りながら擬似体験が可能な装置が登場します。これがVRの先駆けとして今でも記憶されています。

またVR装置の商用化が始まったのは、90年代前後からです。1989年のサンフランシスコでTexpo’89において、VPL Research社が「RB2(Reality
Built
dfor2)
」と呼ばれるVRコミュニケーションシステムが発表されました。また、その数年後には任天堂が「バーチャルボーイ」と呼ばれるVR機器を発表しています。ただでさえ2Dのパソコンも今と比べると非常に低スペックであったために、VRのような小型装置では、できることも限定的でした。そのため、第一次VRブームは10年ほどで収束を遂げ、しばらくは根本的なハードウェア開発が進められました。

VRが本格的に楽しまれるようになったのは、スマホの登場が決定的でした。安価で誰でも手に入れられ、高性能なスペックを有しているということで、VRアプリもスマホ向けに数多く配信されたのです。

HTC Vive」や「PlayStation
VR
」など、様々なメーカーからVR専用機器が発売され、2016年、世界は「VR元年」が到来したと言われるほど、VR業界が活況を見せた歳でもありました。

VR開発のお問い合わせ

VR/AR/MRデバイス

ONETECHが使用した経験のあるHMDSmart glass:

WebAR: PC、スマートフォン(iOS/Android)
HMD: Oculus Go、Oculus Quest、Oculus Rift、HTC VIVE PRO

HTC-Vive

HTC Vive

Htc-vive-focus-plus

HTC VIVE Focus

oculus-rift-s

Oculus Rift S

Oculus-Quest

Oculus Quest

開発実績

VR/AR/MRを様々な目的やシーンで利用するためのアプリケーション開発を得意としています

本件は2017年に弊社が作成してリリースされたVRアプリの改修です。 UNITYのバージョンアップ、Google Cardboard SDKのバージョンアップ、UIの修正などを実施しました。 VR元年に大変話題になったVRアプリの改修です。

お客様が該当の商品を購入して、パッケージを専用ARアプリで読み取ると人気アーティストのオリジナル動画が流れます。スマホアプリ(iOS/Andoroid) 自分の部屋の中で人気アーティストのパフォーマンスをARとして見ることができます。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

ONETECH Youtube チャンネル

関連ニュース&ブログ

「バーチャル住宅展示場」は、VR技術を活用することで、VR空間で建物を仮想的に再現することができるサービスです。 バーチャル住宅展示場を覗けば、おうちにいながらスマートフォンやパソコンでモデルハウスやデザインした住宅の中を見学できます。 今回は住宅展示に関連する、VR技術を活用したサービスを3つご紹介します。

XRとは「X Reality(クロスリアリティ)」の略称です。VR、AR、MRなどの総称を指します。近年博物館や美術館でのデジタル活用が進んでいます。この記事では、博物館や美術館でどのようにXR活用されているのかまとめました。ぜひ参考にしてください。

ARゴーグルは仮想の視覚情報が現実とミックスされる体験を生み、現在ではスマホ用タイプのものが開発されるなどして注目を集めています。使用用途はエンターテインメントから医療、また軍事利用など幅広いものとなっています。新型ARゴーグル「マイクロソフトホロレンズ2」の紹介と軍事利用に関して。

今回は中国のVRヘッドセットメーカーであるPico Technologyが新たに発表した、「Pico Neo 3」についてご紹介します。一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」の特徴とは。

2021年4月、マルチプラットフォーム向け統合開発環境【Unity】を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、AIトレーニングに向けた合成データセット【Unity Computer Vision Datasets】の提供を発表しました。

拡張現実(AR)の技術を使ったビジネスモデルは、現在次々に登場しています。スマホの性能が向上していることで、技術の導入が容易になっているためです。 今回は、小売業界に注目して実際のAR活用事例についてみていきましょう。

VR 開発VR企業ランキングVR イベントVR 制作会社VR業界VR ベンチャーUnity VR開発 Oculusvr 開発会社VR業界 今後VRゲーム 会社VRグラス
無料相談・お問い合わせ
無料相談
お問い合わせ