Home / サービス / UNITY開発

UNITY開発| 信頼第一のONETECH UNITY開発| 信頼第一のONETECH

UNITY開発

「Unity」とは、ユニティ・テクノロジーズが開発しているゲームエンジンのことです。ゲームエンジンとは、ゲームを開発するためによく使用する機能を簡単に使えるようにまとめたプラットフォームのことです。Unityでは、2D・3Dのゲームをノンプログラミングで制作することが可能です。また複数のプラットフォームに対応しています。

VR開発やAR開発はUnityと相性がいいと言われています。Pokemon GOや、スーパーマリオランなど人気ゲームもUnityで制作されています。

マルチプラットフォームに対応

1つのゲーム機でしか動かないゲームよりも、多くのデバイスで動くアプリのほうが利用されやすいです。UnityはiPhoneやAndroidだけでなく、VRやパソコンで動作するアプリの開発に対応しています。
開発環境もWindowsだけでなくMacOSにも対応しているのがポイント。複雑な処理や負荷が少ないゲームの開発であれば、GPUがないノートパソコンでもUnityで開発できます。

プログラミング知識がなくても開発できる

単純な動作だけでゲームを開発するのであれば、プログラミングスキルがなくてもアプリを制作できます。初心者でも3Dキャラクターを動かしたり物理エンジンを導入したりできるのです。

もちろんプログラミング知識があれば、ゲームの細かい部分を調整できたり高度な処理を導入したりできます。より質の高いゲームを制作したいときにC#を学んでみると良いですね。

ゲーム以外にも活用できる

VRやMRといったデバイスに対応することで、建築や医療の分野で使えるアプリの開発が可能になりました。今ではゲームの開発だけでなく、ビジネス分野でもUnityは活用できます。

AR-Meeting 遠隔支援

Unity開発のお問い合わせ

Unity Reflect

Unity Reflectは建設、土木、建築業界で利用されています。BIMやCADを作成できるAutodesk Revitにプラグインをインストールすることで使えます。専用プラグインにより設計ソフトから離れることなく、リアルタイムの3Dモデルを体験できるのがメリット。

例えば建築モデルの素材を変更したとき、変更内容はリアルタイムにUnity Reflect側に反映されます。ネットワーク上で同期することで遠く離れた共同作業者と建築モデルを調整することも可能です。

また、Unity ReflectはiOSやAndroidだけでなく、AR/VRに対応したヘッドマウントディスプレイにも対応しています。任意のプラットフォームで3Dモデルを確認できるのも利点です。

Unityエンジニア向けXRトレンドとアプリ開発セミナーでベトナムXR業界をリード

ONETECHはVR/AR/MR(XR)を支えるUnityのエンジニアを育成しています。日本だけでなくベトナムも含めグローバルでのデジタルトランスフォーメーション(DX)は加速しています。DXを支える一つの革命的な技術としてXRがあると考えています。現在XRが産業に大きなインパクトを与えているかというと、まだまだです。しかしICTの様々なレイヤーでのテクノロジーの進化で必ずXRが産業の発展に寄与すると考えています。ONETECHはベトナムにおいて定期的にエンジニア向けUNITYセミナーを開催しております。

ONETECHはVR/AR/MR(XR)を支えるUnityのエンジニアを育成しています。

ONETECHはVR/AR/MR(XR)を支えるUnityのエンジニアを育成しています。

セミナーを通してXRや業務向けUNITYの活用に興味を持ってもらうための活動をしベトナムのVR/AR/MR(XR)をリードしていきます。

ONETECHはベトナムにおいて定期的にエンジニア向けUNITYセミナーを開催しております。

ONETECHはベトナムにおいて定期的にエンジニア向けUNITY開発セミナーを開催しております。

Unity開発実績

Unityコンテンツを様々な環境、目的で活用するためのアプリケーション開発を承っております。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

ONETECH Youtube チャンネル

関連ニュース&ブログ

VR技術の発展と伴いIT企業だけでなく多くの企業がWeb VRを選択しています。製品を紹介したり、オンラインビジネス活動のプラットフォームとして活用います。今回はWebVRとは何か、Unity を利用してWeb GLで簡単にWeb VRアプリケーションを作成する方法を説明します。

AR・VRの活用機会が増えているのが、建設業界です。3D関連の技術で世界をリードしているUnityは、この度建設プラットフォームである「VisualLive」を買収しました。 すでに大きな影響力を発揮していたUnityとVisualLiveですが、二つのプラットフォームが統合されることにより、どのような効果が期待できるのでしょうか。

前回Arduinoを紹介しましたが、Arduinoボードには接続モジュール(Wifi、Bluetooth)が付いていません。従いまして外部の接続を設定しなければなりません。例えば:Bluetoothモジュール HC-05、HC-06です。今回はESP32というボードでの接続方法をご紹介したいと思います。 今回のデモはHoloLens2とESP32ボードを接続してHololens2でLEDをON/OFFするようにご紹介します。

3Dデータを取得するには様々な手法がありますが、近年活躍の場が広がりつつあるのが点群データ(ポイントクラウド)です。点群データ(ポイントクラウド)とは?Unityで取り込み活用する方法。

AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事ではUnity上で実際にARアプリを作成するための準備についてまとめました。今回は「Vuforia」というSDKを利用して、ARアプリを作成します。Vuforiaのアカウント作成からARアプリ開発に必要なDevelopmet Keyの作成方法、Target(マーカー)の登録方法をまとめています。ぜひ参考にしてください。

最近AR/VRが話題になっているけど、どうやって作っているのか気になる方もいらっしゃると思います。AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事では前編に引き続き「Unity」のサインイン方法、ライセンス認証方法、インストール方法について解説いたします。ぜひ参考にしてください。

無料相談・お問い合わせ
無料相談
お問い合わせ