WordPressのECサイトプラグイン「WooCommerce」の活用方法

ECサイトの開設は、様々なツールを活用することで簡単に実現します。

中でもWordPressのプラグインである「WooCommerce」を使ったECサイトは、非常に利便性が高く、世界中のECサイトで採用されているツールです。

今回はWooCommerceの基本的な活用方法や、その特徴についてご紹介していきます。

WordpressのECサイトプラグイン「WooCommerce」の活用方法

WordPressのECサイトプラグイン「WooCommerce」の活用方法

 

WooCommerceとは

WooCommerceは、Wordpress(ワードプレス)のプラグインとして配布されているECツールで、Wordpressサイトがあればすぐに導入することができます。

 

WordPressのプラグインで利用できるECツール

通常、ECサイト開設のためのツールやサービスの多くは、会員登録や新たなページの開設など、いくつかの手順を踏まなければなりません。

一方、WooCommerceは既存のWordpressサイトにプラグインとして導入することができるので、Wordpress上の操作だけで利用の準備を整えることができます。

WordPressを長年愛用していて、新たにWebサイトを立ち上げたり、管理したりするのは少し骨が折れるという場合には、非常に重宝するサービスと言えます。

Wordpress-世界で最もポピュラーなCMS

WordPress-世界で最もポピュラーなCMS

 

ECサイト開設に必要な機能は全て搭載

WooCommerceは気軽に導入できるハードルの低さに反して、非常に機能性にも優れたツールであることが特徴です。

ECサイトの基本中の基本である商品陳列、決済の機能はもちろんのこと、配達可能地域の設定や、クーポンの配信、通貨の設定と、セッティング機能は多彩です。

国内ECを展開する場合はもちろんのこと、越境ECを考えている場合にも、しっかりと役立ってくれる機能となるでしょう。

国内と海外、どちらの市場にチャレンジするか迷っているという場合にも、とりあえずインストールすれば両方に対応できるので、後から作り直す必要もありません。

 

WooCommerceの強み

続いて、WooCommerce独自の強みについても注目していきましょう。

WordpressのECサイトプラグイン「WooCommerce」とは

WordPressのECサイトプラグイン「WooCommerce」とは

 

固定費がかからない

WooCommerce最大のメリットは、何と言っても固定費が無料であるという点です。

通常のECツールやサービスの多くは、月額料金の支払いが必要である場合が多く、商品が売れても売れなくても発生してしまうデメリットがあります。

しかし、WooCommerceの場合は導入費用がかからず、月額固定費も発生しません。

WooCommerceが徴収するのは、決済手段ごとにレートが調整された決済手数料と、有料のプラグインを導入した場合に限ります。

そのため、月額の固定費はWordpressのドメイン・サーバー代しか発生しないため、非常に安く抑えられるのが強みとなっています。

これまで運用コストの問題からECの進出をためらっていた事業者の方でも、気軽にEC進出を進めていくことができるでしょう。

 

カスタマイズ性に優れる

また、WooCommerceはWordpressのプラグインということもあり、そのカスタマイズ性は非常に豊富と言えます。

無料で使えるテーマも複数種類あり、自分でオリジナルのECサイトを自由に作り上げることができます。

これまで愛用してきたWordpressのテーマもしっかりと活用することができるので、ブランドイメージをなるべく壊さないで運用していきたい場合にも活躍します。

自社ブランドを尊重しつつ、完全自社オリジナルでECを展開する場合には、WooCommerceの利用価値は非常に高いと言えるでしょう。

まして、Wordpressの運用経験が長ければ、プラグインのカスタマイズにも慣れていることが多いものです。

WooCommerceの強みを存分に生かすことができるでしょう。

 

WooCommerce運用の課題

WooCommerceの強みを理解した後は、運用の課題においてもある程度理解を深めておきましょう。

 

基本的に日本語化が必要

WooCommerceは世界中のECサイトでの活用を想定したプラグインということもあり、基本的には英語での運用が標準となります。

現在は日本語化のプラグインもいくつか出てきていますが、やはり新サービスや込み入った設定、有料テーマの使用などとなると、英語での運用が必要になります。

ただ、逆に言えば領収書などが英語で生成されてしまう機能などは、越境ECを展開していく上では有利に働くとも言えます。

日本語から英語へ翻訳する必要がないため、グローバル対応であることを積極的に活用していくのも1つの手と言えます。

 

日本の決済サービスのトレンドへの対応も不安

また、WooCommerceはクレジットカード決済やグローバル決済サービスには強みを持っている一方で、日本独自の決済に弱いのも気になります。

銀行振込やキャッシュレス決済サービスの利用などは、依然として人気が高く、できれば活用したい手段です。

決済手段の利便性は、離脱率にも直接影響する大事なポイントです。

自社ECを利用するユーザーのニーズを検討しながら、これらの決済手段の導入についてもしっかりと考えておく必要があるでしょう。

 

おわりに

WooCommerceは、Wordpress愛用者にとっては非常に重宝するECツールの1つで、導入事例も多いプラグインです。

メリット・デメリットをしっかりと比較検討し、有意義に活用していきましょう。

ONETECH はベトナムでのオフショア開発を提供しています。その中でONETECHでもECサイトの構築も対応可能です。Magento(マジェント)、ECCUBEイーシーキューブ)、WooCommerce(ウーコマース)、Shopifyショッピファイ)などを利用したECシステムの提案や、お客様のご希望に応じたECサイトのスクラッチ開発にも対応可能です。ベトナムオフショアのONETECHへお気軽にご相談ください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。