国土交通省が発表したProject Plateauとは何か。デジタルツインの可能性

リアル空間をリアルタイムで再現できるサイバー空間を指す「デジタルツイン」というキーワードが近年注目されています。

国土交通省は3D都市モデル整備・活用・オープンデータ化のリーディングプロジェクト「Project Plateau」を公開しています。

この記事では国土交通省がオープンデータ化している「Project Plateau」について解説し、デジタルツインの可能性について調べます。ぜひ参考にしてください。

国土交通省が発表したProject Plateauとは何か

国土交通省が発表したProject Plateauとは何か (www.mlit.go.jp)

デジタルツインとは?

デジタルツインとは、「リアル(物理)空間にある情報をIoTなどで集め、送信されたデータを元にサイバー(仮想)空間でリアル空間を再現する技術」と定義されています。

●デジタルツインの特徴

デジタルツインの特徴として、よりリアルな空間をリアルタイムで再現できることが特徴です。AIやIoTの登場によって、リアル空間をリアルタイムで再現できるという特徴があります。

デジタルツインによって物理空間のシミュレートが可能になり、様々な変化の予測に役立ちます。

  • 災害時の避難シミュレーション
  • 交通渋滞のシミュレーション
  • 機器の故障予測
  • モビリティの効率化など

などデジタルツインには大きな可能性があります。

国土交通省が勧める「Project PLATEAU」とは?

Project-PLATEAU-3D都市モデルの構築対象都市-一覧

Project PLATEAU-3D都市モデルの構築対象都市-一覧 (引用画像:PLATEAU by MLIT )

現在国土交通省は国土全体に広がる3次元データベース「バーチャル・ジャパン」を官民協働で作り上げることを目指しています。

バーチャル・ジャパンによって、災害予測やヒートアイランド現象の対策、人流データを分析することで将来の災害に備えようとしています。他にもスマートシティの実現の為のシミュレーション、新たなイノベーション創出に利用されています。


PLATEAU Use case Film

このような背景から、国土交通省主導の「Project PLATEAU」が展開されることになりました。PLATEAUは都市活動のプラットフォームデータとして3D都市モデルを整備、そのユースケースを創出するために作られました。

Project PLATEAUとは?

3D都市モデル整備の全国波及と活用拡大を目指す Project PLATEAU では、2020年度中に東京23区をはじめとする全国約50都市で3D都市モデルを整備し、多様なテーマでユースケース開発やハッカソンを実施。プロジェクトにおいて集積した知見や活用手法を集積し、その成果をオープンデータ化することで、全国展開につなげていく。

「Project PLATEAU」の大きな特徴として、オープンデータ化※していることです。

※オープンデータ
一般公開されている、誰でも自由に活用できるデータ

About CityGML

(About CityGML – 引用画像:PLATEAU by MLIT)

PLATEAUプロジェクトで公開する3D都市モデルのデータフォーマットは、国際標準「として策定されている「CityGML 2.0」という形式を採用しています。

これらの3Dモデルをどのように活用するか今後注目していくといいでしょう。

Project PLATEAUの活用方法

PLATEAUを利用するには、PLATEAU VIEWというWebアプリケーションを利用する方法があります。

こちらの記事に記載している方法は、2021年7月6日時点の情報です。

手順1PLATEAUのサイトにアクセスし、右上の「PLATEAU VIEW」をクリックする。

手順2:PLATWAU VIEW Run in Browserをクリックする。

PLATWAU VIEW Run in Browserをクリックする

PLATWAU VIEW Run in Browserをクリックする

※ボタンの下に記載されている注意事項を読んだ上で利用しましょう。

手順3:データの追加をクリックすると、表示するデータセットの選択画面が表示される。

手順4:東京都23区のデータは、建物モデル、建物モデル(テクスチャなし)、荒川浸水想定区域図、避難施設、ランドマーク、駅名などを区ごとに選択できる。

表示させたいデータを選択するとデータのプレビューが表示され、右上の[マップに追加]をクリックするとマップに3Dモデルが表示される。

東京都23区のデータは

下記画像では事例として東京都>東京都23区>北区>建物モデル(北区)を追加しました。

北区王子駅周辺の建物データです。

追加したデータを分類によって、色分けすることも可能です。

追加したデータを分類によって、色分けすることも可能です

下記の画像は、建物を高さ別に色分けしたシーンになります。

下記の画像は、建物を高さ別に色分けしたシーンになります。

PLATEAU VIEWは一般の方も操作することが可能です。興味のある方は是非サイトを一度触ってみるといいでしょう。実際に触ってみると、何か良い活用法が思いつくかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?この記事では国土交通省が勧める3D都市モデルのオープンデータ化「Project Plateau」について解説し、デジタルツインの可能性についてまとめました。

都市データのオープンデータ化を進めても、日本の国土全体のデータ化は簡単ではありません。
データ化が困難な理由は、

  • 3Dデータの種類・形式・精度が異なる点
  • モデル以外に必要なデータがある点

が挙げられます。

PLATEAU を活用しシミュレーションを行いたい、ビックデータを分析したいなどお悩みがありましたら、ぜひONETECH ASIAにご相談ください。

すでにONETECH ASIAでは、AR/VR関連の開発実績があり、3Dモデル取り扱いについてもご相談にのれます。

AR、VR、XR開発、UNITY開発3DCG制作でお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

ONETECHはベトナムオフショア開発でAR/MR/VRソフトウェアの開発に力を入れています。AR/MR/VRソフトウェアの開発のご相談はぜひOne Technology Japanへお気軽にお問い合わせください。

ベトナムでオフショア開発 | 信頼第一のONETECH

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
      無料相談
      お問い合わせ