Home / サービス / AR開発

AR 開発| ベトナムオフショア開発企業| 信頼第一のONETECH AR 開発| ベトナムオフショア開発企業| 信頼第一のONETECH

AR開発

ONETECHは、2015年創業当初からベトナムオフショアでAR開発に力を入れています。現在ベトナムでのAR開発分野において最も開発実績のある企業の一つとなっています。
ARは現実世界にCGなどをスマートグラス越しに重複表示させることで現実を拡張させる技術です。ARも数年前から存在する技術ですが2016年のPokémon GOによって広く知られるようになりました。弊社も2016年からARと位置情報に連動したゲームアプリの制作いたしました。今後はARだけでなくMR(Mixed Reality: 複合現実)として、(自動車産業をはじめとしたさまざまな産業への活用や、コンタクトレンズ、網膜投影といった新技術、HoloLensなどのデバイスの進化によりさらに市場が発展していきます。

AppleやGoogleから登場したARフレームワーク[ARKit], [ARCore]などで、実現が難しかった3D空間を認識するARアプリ開発が容易になりました。 ONETECHでもARフレームワークを利用して様々なAR開発しています。

ARの業務活用

AR(Augmented Reality:拡張現実)は、ARは現実世界にCGなどをスマートグラス越しに重複表示させることで現実を拡張させる技術

活用される業界 一般的な適用例
・流通・運輸・物流
・建築・建設・製造
・広告プロモーション
・農業
・マニュアル
・作業ガイド・保守点検
・コマース
・建築・製造シミュレーション

AR-Meeting 遠隔支援

AR開発のお問い合わせ

ARの歴史

ARARは最近になって登場した新しいテクノロジーと思われることも多いのですが、その歴史は100年以上に渡ります。
1901年、劇作家のライマン・フランク・ボームが「キャラクター・マーカー」と呼ばれるデバイスを考案しており、今のARに近いアイデアが採用されていました。1968年にはアメリカのアイバン・サザランドがARゴーグルを開発したと言われています。現代のそれとは異なりまだまだ本体が大きく、実用化には程遠い代物だったのです。

しかし90年代以降からは軍事シミュレーションにもARが採用されるなど、コンピューターの普及とともにARの開発および登場機会も増えていきます。

ARをどのように実用化していくかに悩んでいた2000年代後半、流れを変えたのがスマホの登場でした。
2009年当時、話題となったのが「セカイカメラ」と呼ばれるアプリでした。位置情報とカメラの映像をリンクさせ、ARで街のスポット情報を映像にリアルタイムで表示するという設計は、とても斬新なアイデアでした。

また、同時期からGoogleが構想していたウェアラブルデバイス「Google Glass」はその実用性の高さから大いに注目され、サードパーティのARアプリ開発も急激に進められたのです。

そしてARゲームブームの火付け役となったのが、『Pokemon GO』です。2016年にリリースされた今作は、スマホを周囲にかざすだけでポケモンが現れ、彼らを自由に捕まえられるということで、驚異的なブームを巻き起こしました。これ以降、人々の間でARという技術は広く一般的になり、ゲームに限らず様々な分野でARツールが活躍する機会も増えていくこととなりました。

AR開発のお問い合わせ

VR/AR/MRデバイス

ONETECHが使用した経験のあるHMDSmart glass:

WebAR: PC、スマートフォン(iOS/Android)
HMD: Oculus Go、Oculus Quest、Oculus Rift、HTC VIVE PRO

Smart glass: Nreal Light、Magic Leap、Microsoft HoloLens、Microsoft HoloLens 2

hololens-1

HoloLens 1

Nreal

Nreal

開発実績

VR/AR/MRを様々な目的やシーンで利用するためのアプリケーション開発を得意としています

好きなキャラクターや3DアバターがARで出現して、一緒に撮影できるARアプリを開発しました。 ARで表示したアバターは、小さくしたり大きくしたり自由に変形することできます。 アバターごとに個別のモーションを実装し、好きなキャラクターで様々なシチュエーションで撮影することができます。 自動で月額課金するアプリ内課金のサブスクリプションも実装しました。

本件は2017年に弊社が作成してリリースされたVRアプリの改修です。 UNITYのバージョンアップ、Google Cardboard SDKのバージョンアップ、UIの修正などを実施しました。 VR元年に大変話題になったVRアプリの改修です。

お客様が該当の商品を購入して、パッケージを専用ARアプリで読み取ると人気アーティストのオリジナル動画が流れます。スマホアプリ(iOS/Andoroid) 自分の部屋の中で人気アーティストのパフォーマンスをARとして見ることができます。

ONETECH Youtube チャンネル

関連ニュース&ブログ

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、商談や展示会が従来のように開催することが難しい時期がありました。 そこでバーチャル機能を活用した商談や展示会が増えてきています。しかしバーチャル展示会で

【2021最新】はじめてのオフショア開発と失敗事例と成功事例(xR、AWS、マイグレーション) ONETECHは2015年にスタートして2021年に7期目を迎えました。6年間で80社以上200を超える

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、商談や展示会が従来のように開催することが難しくなってきました。 そこで現在注目されているのがバーチャル機能を活用した商談や展示会です。 この記事では、ONETECHが提供するVRを使ったバーチャル住宅展示&商談システム「House Decor VR」による新しい住宅展示会の可能性について紹介いたします。

近年医療分野において、手術やオンライン診療の作業で最新技術が取り入れられています。中でもVRを活用した医療ベンチャーも増えてきており、医療のDX化が進められています。 この記事では、医療の分野の中でも【リハビリテーション分野】でVRを活用している事例について2例まとめました。 記事を読んで、VRを使ったリハビリテーションの新しい可能性について知って頂けると幸いです。

近年、ゲームなどエンターテインメントの分野でAR(拡張現実)が注目を浴びています。 ARスタートアップ企業PrimerをShopifyが買収したことでオンラインショッピングに当たり前のようにARが活用される世界が現実になりそうです。 今回は、色々な産業に新たな変革をもたらすARに着目し、最新の企業事例などについてもご紹介します。

リアル空間をリアルタイムで再現できるサイバー空間を指す「デジタルツイン」というキーワードが近年注目されています。 国土交通省は3D都市モデル整備・活用・オープンデータ化のリーディングプロジェクト「Project Plateau」を公開しています。 この記事では国土交通省がオープンデータ化している「Project Plateau」について解説し、デジタルツインの可能性について調べます。ぜひ参考にしてください。

AR 開発ar アプリ開発ar 開発費用ar 開発 言語ar 開発環境ar 開発 unityar 開発 初心者ar アプリ 開発 費用ar 開発会社web ar 開発
無料相談・お問い合わせ
無料相談
お問い合わせ