Home / サービス / スマホアプリ開発

スマホアプリ開発 | ベトナムオフショア開発ONETECH スマホアプリ開発 | ベトナムオフショア開発ONETECH

スマートフォンはいまや世帯における保有率が約8割(※)にのぼり、幅広い世代で利用されています。日本以外のグローバルでも同じような傾向が見られ、今後さらなる利用拡大が見込まれています。※ 内閣府 消費動向調査(2019年3月調査)

ソーシャルゲーム、ECサイト、動画サービス、SNSなど、私たちに魅力的なスマホアプリが日々続々と発表されています。日進月歩の技術革新によるモバイル機器の利用拡大やIoT・AIへの活用も盛んになっています。今後もスマートフォンなどのモバイル端末は進化を続けていくことでしょう。

ONETECHはベトナムオフショアでスマホアプリ開発を行っています。クライアントはSIer、事業会社、広告代理店、デザイン会社など60社以上の実績。出版、流通、医療、エンタメ、ゲーム、運輸、物流、製造、建設、通信業界などへ多様なアプリを提供しています。コンサルタントが、企画から要件定義、開発、運用までスマホアプリ開発をサポートします。

スマホアプリ開発お問い合わせ

スマホアプリ開発

対応技術

スマホアプリ開発は、Apple社やGoogle社が推奨する開発言語(以下、ネイティブ言語)で開発する手法が一般的です。
ネイティブ言語で開発するメリットは、OSに最適化されたUIデザイン、高い操作性が実現できるという点にあります。また、スマートフォンに搭載されているカメラやBluetoothなどのIoTに欠かせない機能を使用する際にも、SDK(Software Development Kit)が公式サポートされている点が大きなメリットとなります。

Androidアプリ開発

世界規模ではiPhoneよりAndroidの方が普及率は高くなっています。ONETECHのAndroidアプリ開発エンジニアは、主にJavaまたはKotlinでAndroidアプリを開発しております。ゲームなどのエンタメアプリ、業務用アプリ、医療用アプリ、企業PRアプリ、顧客管理アプリ、ARアプリ、IoTアプリ、AIアプリなど様々なAndroidアプリを開発の実績がございます。また、AndroidタブレットやAndroid OSを使用したモバイル機器にも対応可能です。

iPhoneアプリ開発

ONETECHのiPhoneアプリ開発エンジニアは、一般的にObjective-CやSwiftを使い分けて開発しています。iPhone/iPadでゲームなどのエンタメアプリ、業務用アプリ、医療用アプリ、企業PRアプリ、顧客管理アプリ、ARアプリ、IoTアプリ、AIアプリなどジャンルも技術も多くの実績がございます。

クロスプラットフォームアプリ開発

最近はiOS/Androidの両OS向けアプリをワンソースで開発できるクロスプラットフォーム開発を選択するケースが増えています。クロスプラットフォーム開発は、2020年現在では、Xamarin、Cordova、Unity、React Native、Flutterが主流となりつつあります。クロスプラットフォームツールで開発するとiOS/Androidの両OS向けのスマホアプリ開発や運用費用を抑えることが可能です。ツールも日々進化してネイティブ言語のようにUIデザインや機能性も向上しています。

ハイブリッドアプリ開発

iPhone、Android、iPad、タブレットのスマホアプリとWEBシステムや、業務システム、IoT機器、クラウドサーバーとの連携が欠かせなくなっています。スマホアプリ開発、WEBシステム開発、サーバ設計、構築などワンストップで提供できるのもONETECHの強みです。

スマホアプリ+業務システムを企画からサポート

ONETECHでは経験を積んだコンサルタントがお客様の課題をヒヤリングして課題解決のための企画提案も行っております。アプリの企画からのサポート、WEBシステムとの連携や、業務システムとの連携、サーバ設計、構築などの設計から製造、運用までサポートいたします。

スマホアプリ開発お問い合わせ

スマホアプリ開発の流れ

スマホアプリ開発の流れ

スマホアプリの開発工程は開発手法によって異なりますが、一般的にはウォーターフォール・モデルで開発を進めるのが主流です。ウォーターフォール・モデルの開発工程は以下の通り。 iPhoneアプリではリリース(公開)する際にappleの承認が必要ですのでリーリス計画には注意が必要です。
ソフトウェア・システム・アプリ開発の流れ

  • ヒアリング・要件定義
  • 外部・内部設計
  • コーディング
  • システムテスト
  • ストア申請・リリース
  • 運用・保守

ストア申請・アプリリリース(公開)

動作確認のテストで問題がないことが確認できたら、開発したアプリケーションを正式にリリース(公開)することになります。

リリースする場合には、AndroidスマホアプリはGoogle Playを使用します。Google Playでアプリケーションをリリースするためには、事前にGoogleデベロッパーアカウントを作成し、apkファイルを準備しておく必要があります。

Googleデベロッパーアカウント作成には25ドル必要ですが、一度払えば継続してアカウントの使用が可能です。アカウントの作成、1apkファイルの準備が整うと、アプリケーションのリリースを行うことができます。

Androidアプリの場合は、比較的簡単に許可が下り、時間もかかりません。それに対しiOSの場合は審査が細かく、内容の確認や許可に時間がかかる場合があります。ONETECHでストア申請からリリースまで代行することも可能です。

開発実績

■PWA(プログレッシブウェブアプリ)で謎解きイベントのアプリ開発 謎解きイベントで利用されるPWA(プログレッシブウェブアプリ)のロジック部分の開発をお請けしました。 電話番号によるユーザー認証機能

クリニック向けに様々な情報を共有するポータルアプリ開発しました。システム開発後のシステムの保守も一緒にお請けしました。お仕事に役立つテクニック、アドバイス情報を配信するアプリケーションです。そのシステムの保守と運用を対応しています。

本件は2017年に弊社が作成してリリースされたVRアプリの改修です。 UNITYのバージョンアップ、Google Cardboard SDKのバージョンアップ、UIの修正などを実施しました。 VR元年に大変話題になったVRアプリの改修です。

関連ニュース&ブログ

CI/CDという用語をご存知でしょうか。用語自体を聞いたことがあるという方も、説明するのは中々難しいと思います。 今回はエンジニアとしての実務経験のない方でも、イメージのしやすいようにCI/CDについてご説明します。

近年、ソフトウェア開発がより大規模に行われるようになり、それに伴ってソースコードの管理や品質維持が非常に困難になりました。 このような問題を解決するツールの一つが、CI/CDサービスです。 今回はAWSのCI/CDを中心にお伝えし、なぜCI/CDが近年必要とされているのかについてご紹介します。

新しい企画を成功させるために行っておきたいのが、PoC(概念実証)です。実証実験とも呼ばれるこのプロセスは、なぜ行う必要があり、どんな効果が期待できるのでしょうか。 今回はPoCの重要性や、実施におけるポイント、プロトタイプとの違いについてご紹介します。

スマホアプリ開発アプリ開発 個人i os アプリ開発アプリ開発 費用アプリ開発 会社アプリ開発 収入アプリ開発 アイデアアプリ開発 副業アプリ開発 費用 個人アプリ開発 無料スマホアプリ開発 会社スマホアプリ開発 言語
無料相談・お問い合わせ
無料相談
お問い合わせ