ベトナムで現地法人を設立する方法は?手続の概要や必要書類を解説

ベトナムへ事業進出するために現地法人の設立を検討している企業は多いのではないでしょうか。経済発展の続くベトナムは新たなビジネスチャンスとして注目を集めています。しかし、ベトナムで現地法人を設立するための手続は複雑で、手間も時間も必要です。今回は、そんなベトナム現地法人の種類や設立方法を解説します。

詳細を表示 »

デジタルツインが目指す仮想空間の新たな活用法とは

仮想空間に現実世界と瓜二つの空間を構築し、現実世界ではできないことを気軽に実現する技術の「デジタルツイン」構想は、今や現実のものとなりました。 SF映画に登場するようなデジタルツインの技術は、どのように私たちの生活に貢献してくれるのでしょうか。

詳細を表示 »

小売業界で活躍するVRの活用事例をご紹介

オンラインショッピングの増加やスマホの普及により、小売業界におけるテクノロジー活用はますます盛んになっています。 中でも映像技術活用は大きなポテンシャルを秘めており、VR(仮想現実)は多くの企業が注目している技術です。 今回は小売業界におけるVRの活用事例を確認し、最先端の小売事業をみていきましょう。

詳細を表示 »

教育現場での活躍するAR技術の事例をご紹介

ゲームやエンターテイメントの世界における活躍が著しいAR(拡張現実)の技術ですが、最近では教育分野のでの活用も進められています。 二次元的な情報にとどまらない、立体情報を円滑に伝えられるARは、教育との相性のが良い技術でもあります。 今回は、そんなARが教育分野において活躍している事例について、いくつかピックアップしてご紹介します。

詳細を表示 »

教育現場で活躍するVRの運用事例をご紹介

VR(拡張現実)は様々な業界で活躍していますが、今国内外で大きな注目を集めているのが、教育分野です。 現実で実践的に教えるのが難しかったり、環境を再現するのが難しく、座学に終わってしまうような指導要領も、VRによって体感的な経験を得られるようになります。 今回は実際に活躍している、教育現場で活躍するVR技術について、ご紹介します。。

詳細を表示 »

VB6.0ユーザー必見!VB.NETへの移行ガイドライン

Visual Basic 6.0は、長年企業活動を支えてきたプログラミング言語ですが、新世代であるVisual Basic.NETが登場したことで、各企業では移行も進められています。 VB6からVB.NETへの移行ガイドライン。基本的には同じ言語の両者ですが、.NETへの移行によって、そもそもどのような利点が期待できるのでしょうか。

詳細を表示 »

Visual Basic 6.0(VB6.0)を継続するリスクとマイグレーションのメリット

Visual Basic 6.0(VB6.0)は、マイクロソフトが1990年代に開発したプログラミングで、長い間アップデートを繰り返しながら、多くの企業で愛されてきました。 ただ、20年以上使用されてきたこともあり、VB6.0を使い続けることによるリスクについても懸念されるようになっています。今回は、VB6.0を使い続けることで発生するリスクや、それを解消するためのマイグレーションのメリットについてご紹介します。

詳細を表示 »

HoloLen2とIoTデバイスを接続する方法。

前回Arduinoを紹介しましたが、Arduinoボードには接続モジュール(Wifi、Bluetooth)が付いていません。従いまして外部の接続を設定しなければなりません。例えば:Bluetoothモジュール HC-05、HC-06です。今回はESP32というボードでの接続方法をご紹介したいと思います。 今回のデモはHoloLens2とESP32ボードを接続してHololens2でLEDをON/OFFするようにご紹介します。

詳細を表示 »

ディープフェイクと仮想現実で変わる次世代のマーケティングとは

そしてVtuberやバーチャルインスタグラマーの登場により、仮想現実におけるキャラクターの活用は、実在する芸能人やセレブリティと同等、あるいはそれ以上の影響力を有するようになっています。 このようなトレンドを形作ることになったのが、ディープフェイクと呼ばれる技術の登場です。今回はディープフェイクの概要と、マーケティングにおける可能性についてご紹介します。

詳細を表示 »

オンライン診療の規制緩和で進む医療のDX

医療改革の一環として、大いに注目を集めているDX(デジタルトランスフォーメーション)がオンライン診療の導入です。 これまで限定的な導入にとどまっていたオンライン診療は、新型コロナウイルスの流行をきっかけに、次世代の医療のスタンダードとなり得るアプローチとして導入が進んでいます。 オンライン診療の普及が進んでいる背景や、そのメリットなどについてご紹介します。

詳細を表示 »

外国人エンジニアは転職できる?手続きや注意点を解説

現代の日本では終身雇用という概念は失われつつあり、転職が当たり前の時代になりました。そんな時代だからこそ、日本で働く外国人も日本人と同様に転職できるのか気になりますよね。そこで今回は、外国人エンジニアが転職する際の手続きや注意点などを解説します。

詳細を表示 »

外国人雇用時にマイナンバーの確認は必要?マイナンバーの注意点は?

2018年からマイナンバーカード制度が始まり徐々に普及率が高まっています。日本人であれば付与されて当たり前というイメージのあるマイナンバーですが、外国人にも付与されているのでしょうか?付与されているとしたら、外国人を雇用するときはどのような手続きが必要なのでしょうか?今回は外国人雇用時のマイナンバーについて、手続きや注意点を解説します。

詳細を表示 »
無料相談
お問い合わせ

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。