Vuforiaとは何か?ARアプリ開発に便利なライブラリの特徴

Vuforiaとは何か?ARアプリ開発に便利なライブラリの特徴

「新しくARアプリを開発してみたいけど、技術的に難しそう」

「Vuforiaという開発に便利なライブラリについて興味がある」

 

Vuforiaとは何か?ARアプリ開発に便利なライブラリの特徴

Vuforiaとは何か?ARアプリ開発に便利なライブラリの特徴

ARゲームや自撮りアプリが話題になる今では、Vuforiaによるアプリ開発が盛んになっています。オブジェクトの認識精度が高く、開発で使えるサンプルの種類が豊富にあるのがメリット。

この記事ではVuforiaというライブラリの特徴や利用方法、実現できることを紹介します。

 

Vuforiaとは

Vuforiaはスマートフォンやタブレット、ウェアラブルデバイスに対応したAR開発用ライブラリです。ARソリューションやPLMソフトウェアなどを開発するPTCにより提供されています。

このライブラリにはVuforia Engineが備わっていて、カメラやセンサーを目として機能させることが可能。デバイスにオブジェクトや空間を認識させることで、AR体験のできるアプリを開発できます。

Vuforiaとは?Vuforiaはスマートフォンやタブレット、ウェアラブルデバイスに対応したAR開発用ライブラリです。

Vuforiaとは?Vuforiaはスマートフォンやタブレット、ウェアラブルデバイスに対応したAR開発用ライブラリです。

2017年10月ごろにはVuforiaを活用したアプリが公式ストアから4億7,500万回以上インストールされました。スマホ向けのAR機能であるARKitやARCoreにVuforiaは対応しています。

簡単にライブラリを活用できる事情により、UnityでVuforiaを活用したアプリを開発する企業やエンジニアは多くいます。最新のVuforia Engineを手軽に使えるのがUnityのメリットです。

 

Vuforiaの強み

ARアプリをVuforiaで開発することで、豊富なサンプルを活用できる強みがあります。指定した場所にオブジェクトを表すだけでなく、サンプルをカスタマイズして表現を工夫することが可能です。

ARアプリをVuforiaで開発することで、豊富なサンプルを活用できる強みがあります。

ARアプリをVuforiaで開発することで、豊富なサンプルを活用できる強みがあります。

また、開発者がマーカーを自由に指定できるのもVuforiaのポイント。画像やオブジェクトを指定するだけで、アプリに最適な独自のマーカーを作れます。

 

Vuforiaを利用するには

アプリを開発するためにVuforiaを利用するには、まずアカウントを登録することが必要です。Vuforiaのデベロッパーサイトにアクセスして、右上の「Regist」からアカウント登録しましょう。

アカウント登録が完了したら、Vuforiaを利用するのに必要なツールをダウンロードします。2019年10月現在ではAndroid、iOS、UWP、HoloLens用のツールをダウンロードすることが可能です。

各種ツールを利用するにはライセンスが必要であり、デベロッパーサイトでライセンスを発行できます。スタータープランであれば無料でアプリを利用できるのがポイント。

また、デベロッパーサイトではARマーカーを登録するためのターゲットマネージャーもあります。データベース単位で管理できて、その中に画像やタイプなどを登録しましょう。

後はVuforiaのツールをインストールして、指示に従ってライセンス認証やインポートなどをします。興味がある開発者の方は試しにVuforiaをUnityで体験してみることがオススメです。

 

Vuforiaでできること

さまざまなARアプリを開発した実績のあるVuforiaには「オブジェクトの認識」と「地面や床にコンテンツを配置」という機能があります。

 

オブジェクトの認識

Vuforiaにより開発したアプリはオブジェクトを認識して、関連したコンテンツを表示させることが可能です。オブジェクトの状態や情報を簡単にチェックできます。

 

地面や床にコンテンツを配置

カメラやセンサーで地面を検出することで、ARコンテンツを床に配置できるのもVuforiaの特徴です。現実世界に適した形でコンテンツを閲覧できます。

 

まとめ

ONETECHも2019年4月よりPTC IoT/AR パートナープログラムの認定パートナーとして活動しております。

Vuforiaの最新情報や活用事例などお気軽にお問い合わせください。

メリークリスマス!クリスマスぬりえアプリAR XmasColoringリリース

PTCスマートフォンやタブレットなどのARアプリを開発するのに便利なライブラリがVuforiaです。「ライブラリを活かして簡単にARアプリを作りたい」と考える人にVuforiaを勧めます。

PTC Vuforiaのお問い合わせ

https://onetech.jp/contact

 

ONETECH   VR/AR/MRシステム開発ページ

https://onetech.jp/service/vr

 

お問い合わせ

返信を残す

お問い合わせ