iPhoneのスマホアプリ開発を未経験から始めるために必要なこと

私たちの生活にとってすっかりおなじみとなったiPhoneのアプリの数々ですが、最近増えているのが自分でアプリを開発してしまおうという人たちです。

実際、iPhoneのアプリ開発は参入障壁が低く、誰でも気軽に始められるエンジニアリング技術の1つです。

iPhoneのアプリ開発に必要な知識や環境について、ご紹介していきます。

スマホアプリ開発、iPhone、iOS

スマホアプリ開発、iPhone、iOS

 

iPhone向けアプリの開発は難しい?

iPhoneは日本で最も人気のあるスマートフォンシリーズで、そのシェア率は60%以上にも上ります。

参考:iPhone Mania「iOSシェア、アジアやアフリカなどで減少傾向に 安価なブランドへシフト」

Source: https://iphone-mania.jp/news-288445/

また、iPhoneはただ人気があるだけでなく、アプリの開発についても盛んに行われており、老若男女を問わず開発を始める人は増えています。

 

誰でも気軽に楽しめるiPhone向けアプリ開発

スマホ向けアプリの開発は一見すると難しそうですが、すでに多くの先人がノウハウを残してくれていることもあり、その難易度は非常に易しくなりました。

アプリ開発における最大の難所はプログラミングですが、今やプログラミングに関する書籍やネット上の記事は無限にあります。

加えて、以前に比べるとプログラミング自体も平易な言語が増えており、知識がなくとも気軽に触れられるもので、しっかりとアプリの開発が行えます。

 

PCがあれば今日から始められる

アプリ開発に必要なものは、パソコン一台とiPhone本体のみです。デスクトップでもラップトップでも、プログラミング言語を扱うことができれば形式は問いません。

iPhone向けのアプリを開発するということであれば、互換性の観点からMacが望ましいですが、Windowsでも十分に開発を進めていくことができるでしょう。

また、iPhoneは動作確認を行うために必要なだけで、開発に直接必要なものではありません。

誰でも気軽に楽しめるiPhone向けアプリ開発

誰でも気軽に楽しめるiPhone向けアプリ開発

 

iPhoneアプリの開発に必要なモノ・コト

次に、具体的なアプリ開発に必要なものを見ていきましょう。

 

開発環境の整備

PCが用意できたら必要なのは、開発環境の整備です。

プログラミング言語を扱うためには専用のエディターをインストールする必要があるため、自身の環境にあったものを用意しましょう。

近年は無料で使えるエディターも多く、初心者であれば無料版で十分の性能を発揮します。

iOS向けのアプリであれば、Apple公式のXcodeがオススメです。App Storeから無料でダウンロードできるので、活用しましょう。

 

開発言語の習得

次に、アプリをコーディングするためのプログラミング言語を習得します。

アプリ開発においては最も鬼門となる言語の習得ですが、地道にこなしていく根気が求められます。

 

前述のように、iPhoneのアプリ開発などで使われている昨今の言語は、初心者でも気軽に使える平易なものがスタンダードとなっています。

また、言語によって作れるアプリの得手・不得手があるため、自分が何を作りたいのかによって、柔軟に選び抜いていく必要があるでしょう。

ただ、プログラミング言語は後から2個、3個と新たに学ぶことができるので、あまり深く考え過ぎないのもポイントです。

 

iPhoneアプリの開発に最適な言語とは

最後に、iPhoneアプリの開発に使われることの多い、ポピュラーなプログラミング言語についても見ていきましょう。

 

Swift

SwiftはApple製品向けにAppleが自社で開発した言語です。

iOSやMac OSとの相性に特化した言語でありながら、他のポピュラーな言語にも似通った性質を持つ言語でもあり、学習のハードルが低いのが特徴です。

定期的なアップデートも行われているため信頼性も高く、安心して使えるのも魅力です。

 

Python

Pythonは今最も世界で人気のあるプログラミング言語の1つで、何と言ってもその汎用性の高さが魅力です。

Pythonはもともと計算処理を得意とする言語でしたが、その特徴を生かし人工知能やロボットの分野での活躍が目覚ましい言語です。

もちろんアプリ開発に利用することもできるので、学ぶ価値の大きな言語と言えます。

programming-language-python

programming-language-python

 

C+

C+は上記2つに比べるとマイナーな言語ですが、ゲームエンジンのUnityと高い親和性がある言語です。

Unityはあらゆるゲームアプリの開発に使われている無料のゲームエンジンで、ゲームを作りたいという人であれば間違いなくインストールは必須のソフトウェアです。

C+はそんなUnity上でコーディングを行うために使用するため、Unityの運用と並行して学習を進めましょう。

 

 

おわりに

iPhone向けアプリとは言っても、アプリの種類は様々ですし、開発言語の種類もバラバラです。

自分はどんなアプリを作りたいのかを考えながら、まずは作り始めてみることをおすすめします。

 

 

ONETECHのスマホアプリ開発

アプリ開発、システム開発のベトナムオフショア開発-ONETECH

アプリ開発、システム開発のベトナムオフショア開発-ONETECH

スマホアプリはソーシャルゲーム、ECサイト、動画サービス、SNSなど、私たちに魅力的なサービスが日々続々と発表され、日進月歩の技術革新によるモバイル機器の利用拡大やIoT・AIへの活用によって、今後もスマートフォンなどのモバイル端末は進化を続けていくことでしょう。

ONETECHはベトナムオフショアでスマホアプリ開発を行っています。クライアントはSIer、事業会社、広告代理店、デザイン会社など60社以上の実績。出版、流通、医療、エンタメ、ゲーム、運輸、物流、製造、建設、通信業界などへ多様なアプリを提供しています。

日本人コンサルタントが、企画から要件定義、開発、運用までスマホアプリ開発をサポートします。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。