DevOpsとはなにか?開発手法のメリットや実現方法を解説

「システム開発の効率をさらに高めたい」
「DevOpsの実現方法が気になる」

合理的な開発手法と便利なツールにより、素早くシステムを開発する方法がDevOpsです。信頼性や拡張性などDevOpsにはさまざまなメリットがあり、手法を導入する会社は増加傾向です。

本記事ではシステム開発を効率化したい人に向けてDevOpsのメリットや実現方法を解説します。

DEVOPSとはなにか-Onetech-Asia

DEVOPSとはなにか-Onetech-Asia

DevOpsとは

システムの開発チームと運用チームが提携して、より価値のあるシステムをユーザーに届ける手法がDevOpsです。以下のサイクルを回すことで会社はより良いサービスを顧客に提供できます。

● 要求定義:クライアントやデータからアイデアを生成
● 開発:運用を考慮して必要な要件をシステムに実装
● 運用:ログを記録しながらソフトウェアを実行
● 監視:記録したログから問題点を分析

2009年に開催されたイベント「Velocity 2009」でDevOpsという手法は誕生しました。システムの付加価値を高めるだけでなく、ユーザーに価値を確実に届けるのがDevOpsの目的です。

手法を導入するメリット

「DevOpsを導入して意味があるの?」と思った人はいるでしょう。システム開発にDevOpsを導入することで得られる主なメリットは以下の5つです。

合理的な開発手法と便利なツールにより、素早くシステムを開発する方法がDevOpsです-Onetech

合理的な開発手法と便利なツールにより、素早くシステムを開発する方法がDevOpsです-Onetech

1. 開発スピードの向上:効率的な手法により変化が激しい市場に素早く適応できる
2. 信頼性の維持:更新と変更の品質が保たれることでユーザー体験を保証できる
3. 拡張性の保持:規模に応じてシステム構造と開発プロセスを管理できる
4. 共同作業の効率化:ワークフローを組み合わせて非効率性を抑えられる
5. セキュリティの強化:自動化されたポリシーなどにより安全性を維持できる

つまり、DevOpsにより価値の高いシステムを素早く開発できて、会社の生産性を高められます。より優れたサービスを提供できることで会社の競争力を強化できるでしょう。

求められるツールや文化

DevOpsではさまざまな工程を自動化するために多数のツールが必要になります。開発会社がDevOpsを実現するために活用するツールの代表例は以下の通りです。

● システムのバージョンを管理するシステム(GitHubなど)
● ビルドとテストを自動化するシステム(CIツール)
● 継続的デリバリーを実現するシステム(CDツール)

また、DevOpsを実現するには以下のような文化の導入も求められます。

● お互いを信頼する
● 失敗に対して責めない
● 相手を批判しない

システム開発をDevOpsで効率化するには特定のツールや企業文化が必要になることを知っておきましょう。

DevOpsを実現するには

DevOpsを導入して効率的にシステム開発するには、適切な開発手法とツールを採用することが必要です。スピーディに付加価値の高いサービスを作り出すためにDevOpsの実現方法を見てみましょう。

適切な開発手法を導入する

効率性が求められるDevOpsを実現するには以下のような開発手法が役に立ちます。

● 継続的インテグレーション:ソースコードを自動テストしてバグを早期検出
● 継続的デリバリー:すべての変更に対して本番運用が可能な状態を維持
● 継続的デプロイメント:人による承諾なしで本番環境に展開

これらの手法を採用するためにアジャイル開発という開発方法を導入することがオススメです。

必要なツールを導入する

上記で紹介した開発手法を実現するにはCIツールやCDツールなどが必要です。「Git」や「Docker」「Jenkins」などのツールを導入してシステム開発を効率化しましょう。

まとめ

ユーザーに価値の高いシステムを確実に届ける手法がDevOpsです。「より良い方法でシステム開発したい」と思ったときは、ツールや手法などを導入してDevOpsを実現しましょう。

 

ベトナムオフショア開発のONETECH

ONETECHはベトナムオフショア開発VR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

ONETECHはベトナムオフショア開発でVR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

ONETECHはベトナムオフショア開発でVR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

VR分野は、Oculus、VIVEなどのVR向けHMD、スマホを利用したVRアプリ開発の実績が多数あります。

CADモデルからの3DCGモデルの変換などによるコンテンツ制作から、コンテンツは支給していただきUNITYへの移植などオールインワンでの対応も部分的なお手伝いも可能です。

AR、MR分野での開発も、スマホでのARアプリ開発、ARkit、ARcoreの開発も複数実績があります。Wikitude、Vuforia、OpenCVなどの画像認識系のフレームワークの実績も多数あります。またMicrosoft HoloLensでの開発は最近かなり増えまして業務支援向けのMRアプリの開発を多く承っています。今月にHoloLens2がベトナムに到着し開発もスタートさせました。

今月にHoloLens2がベトナムに到着し開発もスタートさせました。

今月にHoloLens2がベトナムに到着し開発もスタートさせました。

クライアント企業は、50社を超え上場企業やベンチャー企業様からの発注が増えてきております。

 

ONETECHではベトナムオフショア開発で、優秀なPMと日本語堪能なコミュニケーターがプロジェクトをリードし、頭脳明晰なITエンジニアがイノベーションのお手伝いをしていきます。

今回寄稿したDevOpsですが、ONETECHではエンジニア含めスタッフにこの考え方を導入しました。最近スクラッチで開発したプロダクトを運用しながら改修、アップデートしていくケースが増えています。ほとんどのケースでラボ型でエンジニアをアサインしアジャイル手法で開発していきます。これは大きなリスクが伴います。とくによくあるのが初期の設計で、想定できていないことが起きてしまうことです。そうなるとクライアントはもちろんエンドユーザーに多大な影響を及ぼしてしまいます。今後はDevOpsでの運用をお客様と相談しながら導入して開発効率を上げていきたいと考えています

VR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発のご相談はOne Technology Japanへお気軽にお問い合わせください。
https://onetech.jp

 

100%日本語対応 ベトナムオフショア開発

ベトナムオフショア開発の10年以上の経験のある経営者やマネージャー、ブリッジSEが100%日本語で対応いたします。
ウォーターフォール型の受託開発はもちろんベトナムオフショア でお客様の専属チームを組織することも可能です。

 

ベトナムオフショア開発ですが日本側にコンサルタントを配置

また日本法人にも日本人とベトナム人のシステムコンサルタントがおりますので上流からのサポートも承っております。また短期出張でエンジニアが貴社にお邪魔してオンサイトで対応することも可能です。

またテストをベトナムオフショア で実施したいというニーズにもお応えしております。

 

ベトナムオフショア開発の特徴

ベトナムオフショア の特徴として、ベトナム人は非常に勤勉でとくにITスキルの高い人材が多く、親日国家でもあります。また平均年齢が28歳と若く中長期的にベトナムオフショア のベンダーとして長く利用できるというメリットもあります。中国やインドと比べると人件費も安くコストメリットもベトナムオフショア開発の重要なアドバンテージとなっております。

 

ベトナムオフショア開発を試してみませんか

ベトナムオフショア 開発をまずは試してみませんか。お試しで数週間のプロジェクトからでも承っております。営業がベトナムオフショア 開発の様々な疑問にお応えいたしますのでお気軽にご相談ください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。