Vuforiaの事例とは?ライブラリで実現できる応用例を4つ紹介

「どのようなARアプリを開発できるのかイメージがつかない」

「Vuforiaにより実現したアプリの事例について詳しく知りたい」

Vuforia ARKit Development

物体を認識できる Vuforia View – ARKit Development

ARアプリを開発するときに便利なライブラリとしてVuforiaがよく活用されます。Unityで簡単にVuforiaを利用できることもあり、今ではさまざまなARアプリを利用することが可能です。

Vuforiaによりどのような機能を実現できるのか、この記事では開発事例を4つ紹介します。

 

Vuforiaの事例4選

 

スマートフォンやタブレット向けのARアプリを容易に開発できるのがVuforiaです。多数の企業がVuforiaでアプリを開発した実績があり、信頼性や機能性が高いことが分かります。

ARアプリの開発を検討している人が知っておくべきVuforiaの事例は次の4つです。

  1. 3Dキャラを投影できる「Star Wars」
  2. 物体を認識できる「Vuforia View」
  3. 空間に描ける「Vuforia Chalk」
  4. 実世界を動かす「Reality Editor」

それぞれの事例について詳しく解説します。

 

3Dキャラを投影できる「Star Wars」

スターウォーズで登場したキャラクターや装備などをARで楽しめるのが「Star Wars」です。iOS版とAndroid版の2種類があり、Disneyが無料アプリとして提供しています。

有名なキャラクターのコスチュームをARで反映させて自撮りできるのが特徴。リッチメディアやソーシャル機能などもあり、スターウォーズのファンにオススメのアプリです。

 

物体を認識できる「Vuforia View」

「Vuforia View」は立体のオブジェクトを認識できるARアプリです。iOSとAndroid、Windowsでアプリを無料で利用できて、営業ツールやメンテナンスに活用できるのが特徴。

動画ではバイクをアプリが認識して、パーツ部分のスペックを空間上に表示しています。アプリの追従性は優れていて、デバイスを動かしてもカクカクしにくいのがポイントです。

 

空間に描ける「 Vuforia Chalk」

「Vuforia Chalk」はARを採用したビデオ型コミュニケーションアプリです。空間にチョークを引くことでコミュニケーションしやすくなり、より正確な情報を伝達できます。

Vuforiaの事例 – 空間に描ける「 Vuforia Chalk」

例えば経験が浅い現場労働者と本部が「Vuforia Chalk」を利用して、遠隔から適切に指示を出すことが可能。チョークにより自分の意図を相手に伝えやすくなり、無駄なミスを減らすことができます。

「Vuforia Chalk」にはiOS版とAndroid版の2種類があり、AR機能に対応したスマホが必要です。ユーザー登録とアプリのインストールだけで、すぐにコミュニケーションを開始できます。

 

実世界を動かす「 Reality Editor」

インターネットに接続した家電や自動車などに連携できるARアプリが「Reality Editor」です。MITで活動する研究者により開発されて、2017年には「Reality Editor2.0」が公開されました。

「Reality Editor」により持っているIoTデバイスを連携させることが可能。例えばデスクライトとQRコードのついたノブを連携させて、ノブを回すことで灯りを調整することが実現できます。

IoTを連携させるアプリにより、自分のライフスタイルに合わせた環境を構築できるのがメリットです。

 

まとめ

 

ONETECHも2019年4月よりPTC IoT/AR パートナープログラムの認定パートナーとして活動しております。

さまざまなデバイスに対応しているVuforiaはコミュニケーションや生産性向上などを目的としたアプリ開発に活用されています。ARゲーム以外にも幅広い用途にライブラリを活かせるのです。

ビジネスやプライベートに便利なARアプリを作りたいときは、Vuforiaによるアプリ開発を検討してみましょう。

Vuforiaの最新情報や活用事例などお気軽にお問い合わせください。

 

PTC Vuforiaのお問い合わせ

https://onetech.jp/contact

 

ONETECH   VR/AR/MRシステム開発ページ

https://onetech.jp/service/vr

お問い合わせ
- -