SAP HANAのメリットとは?導入前に知りたい機能についてご紹介

SAPが提供するSAP HANAは、優れたパフォーマンスを発揮するプラットフォームとして、多くの企業の基幹システムを支えている存在です。

SAP HANAはなぜ選ばれ続けてきたのか、そのメリットは何なのかについて、ご紹介していきます。

SAP HANAとは

SAP HANAのメリットとは?

SAP HANAのメリットとは?

SAP HANAは、2020年現在ですでに3万社を超える企業で使用されている、SAPの主力製品の一つです。

インメモリデータベース機能を採用した製品

SAP HANAの魅力は、何よりもインメモリデータベースを採用しているところにあるでしょう。

非インメモリデータベースの場合、HDDやSDDといった外部の記録媒体を介してデータ処理を行うため、処理時間の短縮には限界があります。

一方、SAP HANAのようなインメモリデータベースの場合、外部の記録媒体を通す必要がありません。データの記録は全てメインメモリ上で行うことができるため、処理速度は自然と前者に比べて高速化します。

SAP HANAの導入にあたっては、従来のようなオンプレミスでの導入はもちろんのこと、クラウド型の導入も可能です。

SAP HANAの導入にあたっては、従来のようなオンプレミスでの導入はもちろんのこと、クラウド型の導入も可能です。(saphana.com)

インメモリの採用によって応答速度が高まれば、その分開発にも良い影響を与えます。アプリケーション構築の高速化を進め、生産性の向上を進めていくことができるでしょう。

SAP S/4HANAとの関係

SAP HANAと似たような名前の製品に、SAP S/4HANAと呼ばれる製品が存在します。こちらは同じSAP製品ですが、ERPパッケージであるため、役割は大きく異なります。

ただ、SAP S/4HANAはSAP HANA上で動作させることを前提とした製品であるため、関連性の高いサービスでもあります。

SAP S/4HANAはSAP HANA上で動作させることを前提としているため、SAP S/4HANAの導入の際には必然的にSAP HANAの恩恵を受けることができるでしょう。

また、SAP HANAはSAP製品以外のアプリケーションも動作させることができ、汎用性に優れるサービスとなっています。

SAP HANAのメリット

SAPが提供するSAP HANAは、優れたパフォーマンスを発揮するプラットフォームとして、多くの企業の基幹システムを支えている存在です。

SAPが提供するSAP HANAは、優れたパフォーマンスを発揮するプラットフォームとして、多くの企業の基幹システムを支えている存在です。(Source – blogs.sap.com)

このようなSAP HANAの特徴は、会社経営に大きなメリットを与えてくれます。

会社機能の高速化

SAP HANAのデータ処理能力を活用することで、開発業務の高速化はもちろんのこと、データ収集にかかる時間も短縮されることで、意思決定にも良い影響をもたらしてくれます。

また、データ処理のスピードを生かしたデータアクセスや分析機能なども備えているため、幅広い分野におけるパフォーマンスの向上を見込むことができるでしょう。

全社最適化の促進

SAP HANAの導入によって、会社全体でのIT環境の整備を促進することも可能です。処理速度の高速化によって、各部署のデータ連携がスムーズになり、業務効率化が進みます。

会社としてのパフォーマンス向上には、横断型のソリューションが必要になってきますが、SAP HANAの導入で、その第一歩を踏み出すことが可能です。

クラウドとオンプレミスを選べる

SAP HANAの導入にあたっては、従来のようなオンプレミスでの導入はもちろんのこと、クラウド型の導入も可能です。

クラウドベースでの導入は、オンプレミスに比べてサーバーの準備などの手間がかからず、実装までに必要な期間も短いため、迅速な導入を進めたい企業にはおすすめの方法です。

また、費用に関してもクラウド型の方が比較的安価であるため、予算の都合で悩んでいる方にも勧められます。

SAP HANAとOracleの違い

SAP-S4-HANA-vs-Oracle-ERP-Cloud-vs-Microsoft-Dynamics-365-for-Finance-and-Operations

SAP S/4 HANA vs Oracle ERP Cloud vs Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations (erpsoftwareblog.com)

SAP HANAとよく比較されるのが、オラクルの提供するOracle Databaseです。両者を比較して見えてくる、SAP HANAの強みに注目しましょう。

速度面におけるHANAの強み

SAP HANAの特徴はインメモリを採用した高速化にあるということでしたが、インメモリであることはOracleのように、他の製品にも当てはまる項目です。

ただ、SAP HANAの高速化技術はOracleよりも高く、Oracle Database 12cのインメモリオプションと比べても3倍高速であることがわかっています。

参考:ZDNet Japan「SAPが語るインメモリ—HANAとOracleの違いとは」
https://japan.zdnet.com/article/35065869/

データのリアルタイム分析を可能に

SAP HANAが優れているのは、データ処理の技術だけではありません。

高速処理を生かして、データ活用をリアルタイムで行えるようにしたことで、新しいビジネスの可能性をもたらすことにも成功しています。

地理空間データやソーシャルデータといった非構造化データもリアルタイムで収集、そして分析能力を備えているので、経営陣の意思決定の高速化はもちろん、顧客分析やシミュレーションにおいて、新しい可能性を発見することもできるでしょう。

来店顧客の購買データをその場で分析し、その人に最適の商品をその場で提供したり、災害時の被害予測をリアルタイムで分析し、最適な避難経路を導いたりといったことも可能になります。

おわりに

SAPといえばERPパッケージばかりに注目が集まるところですが

SAPといえばERPパッケージばかりに注目が集まるところですが

SAP HANAは次世代の新しいビジネスを開拓する上で、欠かせないプラットフォームになることが期待されています。

SAPといえばERPパッケージばかりに注目が集まるところですが、高速データ処理技術や、優れた分析能力の高さは、多くの企業において重宝されている特徴です。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。