オフショア開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)活用

オフショア開発DX(デジタルトランスフォーメーション)活用・推進の起爆剤!データとデジタル技術で新たな企業環境の対応とデジタル競争の勝者へ

DX(デジタルトランスフォーメーション:Digital Transformationによるビジネス活用を検討しているが、いまいち具体的な指針が見つからず困っていませんか?DXそれ自体は概念であり、デジタル技術とデータによって「各社に存在するDX可能な領域を言語化し解決する必要性」があります。そこで、DXの話題に触れながらどうやってDXへ企業対応していくべきかをお伝えします。

DX-Digital-Transformation-for-business

オフショア開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)活用

 

DX(デジタルトランスフォーメーション:Digital Transformation)とは?

 

デジタル技術の力でビジネス課題の解決実現、デジタル環境への適応をすることがDXです。そもそも、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が初めて提唱したとされ、教授は「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と定義します。

 

2007年にiPhoneが発売され「世界中の人」が手のひらに高性能PCを持ち歩く現代では「DX活用」は目下のビジネス課題でしょう。加えて、2018年に経済産業省が「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」ではデータとデジタル技術を活用して企業競争優位を獲得し市場において強みを持つための企業活動と言及します。

 

DX環境下のICTは何を意味するか?

 

ICTは「Information and Communication Technology(情報通信技術)」の略で、通信技術を活用したコミュニケーションを意味します。日本でもテレワーク・リモートワークが少しずつ浸透してきておりICTを通じた業務遂行が行われています。

DX環境下のICTは何を意味するか?

DX環境下のICTは何を意味するか?

 

DXとRPA(ロボットによる自動化)の関係性

 

RPAは(ロボティック・プロセス・オートメーション:Robotic Process Automation)はホワイトカラー業務の一部を機械によって自動化する仕組みです。RPAに任せられる業務内容は「人の判断を必要としない繰り返しを伴う単純な作業内容」に限定されるため、全社的にDXを推進する場合は限定的な効果になると推測されます。

DXとRPA(ロボットによる自動化)の関係性

DXとRPA(ロボットによる自動化)の関係性

 

DX推進の企業の起爆剤へ

 

DXは企業それ自体をデジタル企業へトランスフォームするための技術革新です。以前よりも急激に変化し続ける顧客・市場の変化に迅速・柔軟に対応しながら、クラウド、モバイル、AI・RPA・RI(Remote Intelligence)などのデジタル技術を企業それ自体に取り込む必要があります。

 

そして、マイクロサービス、アジャイル等の開発手法で少しずつ企業へ取り入れながら、企業活動によって得られる利潤(売り上げ)の最大化を図る活動が重要になります。

 

今までの企業活動が大きく変わるのではなく、業務を遂行する上で使用する仕事道具がデジタル技術によって行われると考えて良いかもしれません。遠隔地にいる会社員同士でZoomを用いて会議を行うことも以前と比較すれば小さなDX事例です。

DXは企業それ自体をデジタル企業へトランスフォームするための技術革新です

DXは企業それ自体をデジタル企業へトランスフォームするための技術革新です

 

DX推進にオフショア開発を活用

 

DX活用・推進に向けて「デジタル技術」を用いて企業内部の課題を解決したいが、具体的な行動指針が探せていないならオフショア開発企業は一つの選択肢です。

 

オフショア開発とは、海外にシステム開発の一部全部をアウトソーシングすることです。日本のDX推進の妨げになっているITエンジニア不足を海外の豊富な労働力で解決しようという施策です。かつてはコストダウン目的でのオフショア開発が主流でしたがDX推進スピードは企業にとっての命綱になりつつある現在海外とのITスキルギャップも縮まりベトナムなどにアウトソーシングするオフショア開発が人気です。

 

オフショア開発にDXシステム・基幹システムを任せる

 

特にIT企業と非IT企業では「デジタル技術を基盤としたビジネス展開」に対する理解力と親和性が圧倒的に違います。特に注意したいのは、現場へ丸投げをしたDX指針がいつのまにか形骸化していき「気付いたら前より業務量が増えていた」というよくある現場レベルでの話です。DXはいま自分たちが抱える業務内容をデジタル技術を用いて改善するための仕組みなので、任せるべき相手を見つける行動が肝要です。

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?

 

オフショア開発は企業をデジタル技術で解決可能

 

国内企業と比較してオフショア企業は25〜50%ほどの安価でシステム開発などを発注可能なので小規模〜大規模までのDX推進を任せられます。また、企業のDX推進はそれなりの前進で具体的な結果を見出していく必要があります。であれば、オフショア開発企業を相談役に据えながら企業のDXを行なっていく選択は重要です。

 

まとめ

 

企業内部の課題・業務システム・業務刷新と企業活動をDXを通じて改善し、企業それ自体の競争力を高めることが第一義です。労働生産性を向上し売り上げ目標を最大化していくためにもDXは重要な視点です。世界的にはAI・RI(Remote Intelligence )・RPAを企業活動に活用しようと活気立つフェーズですから、企業内部の業務・基幹システムを中心にデジタル技術による業務支援を検討してみてはいかがでしょうか?

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。