デジタルトランスフォーメーション(DX)が必要とされる理由

国内の企業においては、他国と比べてテクノロジーの導入の遅れが目立っていると言われるようになってきています。

技術大国と言われた日本の企業に求められているのが、デジタルトランフォーメーション(Digital Transformation,DX)と呼ばれる概念です。

今回は、なぜ世界でデジタルトランスフォーメーションが進み、日本でも必要に迫られているのかや、DXの実現に必要なテクノロジーについてご紹介していきます。

デジタルトランフォーメーション(Digital Transformation,DX)

デジタルトランフォーメーション(Digital Transformation,DX)

 

デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーションは、一般的には人々の生活をより豊かにするためのデジタル技術の導入を指す言葉です。

 

生活を豊かにするためのデジタル技術

私たちの生活は、デジタル技術の導入により様々な側面で大いに利便性が向上してきました。

ICカードによる自動改札機の実現や、スマホの登場など、今となっては日常的なテクノロジーも、生活に不可欠な存在となっています。

デジタルトランスフォーメーションは、こういったアップデートをさらに推進していく上で使われる言葉です。

具体的には企業が運用するシステムのクラウド化や、ロボットの導入による作業の自動化など、より効率的な運営を目指す施策を指しています。

デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーションとは

 

経済産業省が発表したDX推進ガイドライン

経済産業省は2018年、日本においてデジタルトランスフォーメーションを推進していく上でのガイドラインを策定しました。

公式サイト:https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004.html

ガイドラインの中では、企業がDXを推進していく上で必要な経営のあり方や仕組みの提示から始まっており、そこから実行プロセスに至るまでもがまとめられています。

自社にとって必要なDXについてはもちろんのこと、そのために必要な技術や、意思決定のあり方、体制整備など、一からDXを理解するのに最適なガイドラインとなっています。

IT化が遅れている企業に向けてのガイドラインでもあるため、多くの企業にとって有益な文書であることは間違い無いでしょう。

DX推進ガイドラインの内容

DX推進ガイドラインの内容  (source: meti.go.jp)

 

なぜデジタルトランフォーメーションは注目されるのか

次に、なぜデジタルトランスフォーメーションはここまで注目されるようになったのかについて見ていきます。

 

人材の不足

DXに求められるのは、一つに人材の不足が挙げられます。

日本の労働人口は年々減少傾向にあり、超高齢化社会へシフトしていくと考えられています。

労働人口が減少することで、もはや彼らの人力だけでは、非労働世代を賄うことができない時代の到来です。

そのため、デジタル技術の活用により、少ない人間で効率よく社会を維持し、推進していくシステムの構築が求められます。

DXは、そのような効率化された社会を実現する上では、避けては通れない考え方です。

 

システムの老朽化

また、すでに組み上げられたシステムも、年々老朽化が進み、時代遅れの技術へとなりつつある問題も見られます。

クラウドサービスなど、現行の技術の多くは共通規格化が進み、あらゆる環境において動作することが前提となっています。

一方、それ以前の時代に組み上げられた独自のシステムは、自前の改修を行って使い続けられてきたものも多く、いよいよ改修ができないケースも増えつつあります。

また、その独自システムに精通したエンジニアも一線を退き、改修が不可能になるケースも見られるようになってきました。

DXの導入は、こういった旧式のシステムを支えるコストを削減し、容易に最新のシステムへとアップデートできる環境を整える意味でも重要です。

 

デジタルトランスフォーメーションを支えるテクノロジー

デジタルトランスフォーメーションにおいて、注目を集めているのがAIとIoTの二つの技術です。

 

人工知能(AI)分野

人工知能は少し前まで未来の技術と言われていましたが、今や立派な実践レベルの技術となっています。

AIの情報処理能力はすでに高いレベルに達しており、表計算やテキストの処理など、多くの事務作業においても活躍が期待できます。

これまで必要以上に時間と人件費を咲いていた作業労働の多くは、AIの導入によって瞬く間に削減することも夢ではないでしょう。

 

モノのインターネット(IoT)

交通や物流、建設現場など、あらゆる現場において活躍が期待されているのが、IoTの技術です。

IoTはセンサーを各現場に設置し、それぞれをインターネットに接続することで、遠く離れたコンピューターによる一元管理を可能にする技術です。

荷物の配送状況や建設現場の安全確認、ビルのセキュリティなどは、システムを一つ導入するだけで、完全自動化を実現することもできます。

 

おわりに

デジタルトランスフォーメーションは、労働人口の減少やシステムの老朽化といった、喫緊の課題が現れることで注目を集めるようになった考え方です。

アプリ開発、システム開発のベトナムオフショア開発-ONETECH

アプリ開発、システム開発のベトナムオフショア開発-ONETECH

システムの効率化やアップデートによって、企業の経営はより健全になり、私たちの生活はより利便性の高いものへと進化することが期待されているのです。

ONETECHはベトナムオフショア開発により、日本企業のデジタルトランスフォーメーションを支援します。オフショア開発はコスト削減だけでなく、人手不足の解消にも効果的です。ONETCHはソフトウェア開発・アプリ開発、企業のレガシーシステムの刷新やマイグレーション もオフショア開発で実施しております。ONETECHは、5年間で60社以上の日本企業のDXをご支援してきました。
オフショア開発でDX推進にご興味のある企業様はお気軽にお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。