UNITY AR/VR/MR

レガシーシステムとは?マイグレーションとオープン化のメリット

現在一般的なシステム環境よりも旧型で、なおかつ自社での修正などが難しくなってしまったものは「レガシーシステム」と呼ばれています。レガシーシステムを取り巻く問題の解決策として、マイグレーションやオープン化と呼ばれるアプローチに注目が集まっています。

詳細を表示 »

ARがeコマース業界にもたらす効果と影響

eコマース(通信販売)では家具家電やファッションの分野でARによる購入後の不安を解決するための開発がされています。 不安を解消することで、利便性が向上し、売上アップに繋がっている企業もあります。 eコマースが、AR業界にもたらす効果を事例をもとに紹介します。

詳細を表示 »

ARアプリを作成しよう

AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事ではUnity上で実際にARアプリを作成するための準備についてまとめました。今回は「Vuforia」というSDKを利用して、ARアプリを作成します。Vuforiaのアカウント作成からARアプリ開発に必要なDevelopmet Keyの作成方法、Target(マーカー)の登録方法をまとめています。ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

【コロナ禍で活用】自分のアバターで効果的に伝えるVR会議とは

テレワークや時差出勤などのコロナ禍での勤務形態の変化により会社員の環境は少しずつ変化してきました。 国の調査によりテレワークによりWEB会議が増えてきたが、コミュニケーションが上手く撮れていないことが不満に思っている人がいることがわかってきました。 その不満を解決するためにVR会議アプリケーションが開発されてきました。

詳細を表示 »

AR/VR業界スタートアップ企業のNextVRをAppleが買収

NextVRというスポーツをメインにVRのライブ配信を行なっているスタートアップ企業をAppleが買収しました。 AppleのCEOティム・クックはAR事業について好意的であると公表していましたが、2020年5月にVR事業にも強い一歩を踏み出しています。 AR/VR分野におけるApple社の狙いとはどのようなものでしょうか。

詳細を表示 »

AR/VR開発をUnityでやろう【後編】

最近AR/VRが話題になっているけど、どうやって作っているのか気になる方もいらっしゃると思います。AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事では前編に引き続き「Unity」のサインイン方法、ライセンス認証方法、インストール方法について解説いたします。ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

iPad Proに「LiDARスキャナ」が搭載。3D認識の向上でAR開発が加速。

Appleは現在、ポケモンGOなどのようなAR開発に力を入れています。ARアプリケーションではAR画像上の3Dモデルと周辺環境の距離情報が表現に大きく影響します。 距離情報を正確に測定できる「LiDARスキャナ」が新型iPad Proに搭載されました。LiDARスキャナの普及によりARアプリケーションの普及や性能の向上にどのような影響があるのでしょうか。

詳細を表示 »

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは?

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは? VRやARの映像を見ているときに目の前のモニタ上の遠くのオブジェクトを見ようとして目が疲れた経験はありませんか? これは輻輳調節矛盾と言って目に疲れや不快感を与える原因になります。 ARアプリ開発の現場では輻輳調節矛盾を抑えられる「ライトフィールド技術」の開発に力を入れています。

詳細を表示 »

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介 VR(ヴァーチャルレアリィティ:仮想現実)の世界では、スタンドアローン型と呼ばれるVRヘッドセットが発売され、企業研修や教育現場でのアプリケーションが普及し始めています。 人手不足が叫ばれる中の複数店舗を持つフランチャイズチェーンなどでVR研修の導入が始まっています。全国に拠点を持つチェーン店のトレーナーは日々全国を東奔西走しながら激務をこなしています。

詳細を表示 »

AR/VRエンジニアの人気は前年比14倍?!UNITYの人気の理由と仕事内容!

近年AR/VRの技術は、ゲーム業界に留まらず、様々な業界で実験的に利用され始めています。 求人サイトの「Hired」が作成したソフトウェアエンジニアに関するレポートによると、2019年の1年間でAR/VRエンジニアの求人数は前年比の14倍にも伸びていたことが分かりました。 まだまだ発展途上の技術ではありますが、今後ますます需要は伸びていくと予想されており、将来的にも非常に明るい技術であると知られています。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ