AWS Database Migration Serviceとは?

AWS(アマゾンウェブサービス)は、Amazonが提供している多くのクラウドサービスの総称です。そして今回ご紹介するのは、AWSが提供するサービスの一つであるDMSです。この記事ではDMSの役割から利用のメリット、さらには具体的な利用方法まで解説していきます。

AWS Database Migration Serviceとは?

AWS Database Migration Serviceとは

AWS Database Migration Serviceとは?

AWS Database Migration Serviceは、様々なデータを移行しやすくするクラウドサービスです。

このサービスを利用することで、データベースを短時間で安全に移行することができます。

https://aws.amazon.com/jp/dms/

DMSのメリット

続いてAWS DMSのメリットについてご紹介します。

誰でも簡単に使用可能

一つ目のメリットは、誰でも簡単に利用できるということです。

まずDMS利用の際に、ユーザーがドライバーやアプリケーションのインストールや、各種設定をする必要はありません。

流れに沿って数回クリックするだけで、AWSマネジメントコンソールからデータベースの移行を簡単に開始することができます。

また移行が開始されると、変更されたソースベースが自動的にレプリケーションされるなど、データ移行の複雑なプロセス全てがDMSによって管理されます。

AWS Database Migration Service を使用すると、データベースを短期間で安全に AWS に移行できます

AWS Database Migration Service を使用すると、データベースを短期間で安全に AWS に移行できます

ダウンタイムが少ない

二つ目のメリットは、ダウンタイムが少ないということです。

AWS Database Migration ServiceではデータベースのAWSへの移行中も、データベースが使える状態が保たれます。

つまり事実上ダウンタイムがなく、データ移行に数日かかったとしても待つ必要がありません。

広く普及するデータベースをサポート

三つ目のメリットは、一般的に普及しているデータベースのほとんどをサポートしていることです。

ユーザーはサービス適用範囲を心配する必要がなく、異なるデータベース間の移行までサポートされます。

低コスト・高クオリティー

四つ目は、コスト面についてです。

DMSは初期費用がなく、時間に応じた利用料金のみが発生するため、従来のデータベース移行方式と比べ高額になる可能性が低いです。

加えて、 DMSには高い障害耐性や自己修復性が備わっています。

例えば、継続的にデータ移行が正常に行われているかモニタリングしたり、移行が中断される場合でもすぐにプロセスが自動で再起動したりします。

そのためDMSはかなり信頼性のある、クオリティの高いサービスだと言えます。

AWS Database Migration Service の紹介 | AWS (日本語字幕)

DMSの活用事例

次にDMSの活用事例についてご紹介します。

DMSでは、データベースの移行だけでなく、他にもいくつか活用方法があるので、ぜひ参考にしてみてください。

データベースの移行

まず一つ目にご紹介するのは、データベースの移行についてです。

DMSは前述の通り、一般的に普及するデータベースのほとんどをサポートしています。

そのため、同種のデータベース間での移行はもちろん、例えばOracleからAmazon Auroraのようにソースとターゲットのデータベースエンジンが異なる場合であっても移行が可能です。

開発とテスト

続いて二つ目にご紹介するのは、開発とテストに関してです。

AWS Database Migration Serviceを使用すると、開発を目的としたクラウド内外へのデータ移行を実施することができ、開発チームはこの機能を大いに役立てることができます。

例えば、開発用システムをAWSにデプロイすることで、実際の本番データを使用しながらテストや確認を行うことができます。

簡単に本番データを備えた環境を作ることができ、さらにはAWSに修正・更新した内容をすぐに反映させることができます。

データベースの統合

三つ目にご紹介するのは、データベースの統合についてです。

DMSを使用すると、複数のソースデータベースを一つのターゲットデータベースに統合させることができます。

統合に関しても、データベースエンジンが異なる場合でも利用可能です。

継続的なデータレプリケーションが可能

最後四つ目にご紹介するのは、継続的なデータレプリケーションが可能という点についてです。

データレプリケーションは、災害やデータベースの地理的分散などの障害対策に、データの複製を別システム上に作成するものです。

AWS Database Migration Serviceではサポートしているすべてのデータベースエンジンについて、異なる種類間であっても、データレプリケーションに使用できます。

おわりに

今回の記事ではAWS Database Migration Serviceの利用メリットや活用事例について解説しました。

かつて環境構築や費用負担など多くのコストがかかっていたデータベースの移行が、DMSを利用すれば非常に簡単且つ安全に移行することができます。

データベースの移行をお考えの方は、ぜひAWS DMSの利用をご検討ください。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。