クラウドサービスを導入する意味とは?メリットをご紹介!

近年、企業がクラウドサービスを提供するというニュースをよく見るようになり、政治や行政の場でも取り上げられるようになりました。

クラウドは今後もますます注目されていく存在になるでしょう。

今回は、クラウドを導入した場合に、実際に生じるメリットをいくつかご紹介します。

クラウドとは?

クラウドサービスを導入する意味とは?メリットをご紹介!

クラウドサービスを導入する意味とは?メリットをご紹介!

「クラウド」とは、ユーザーが大規模なインフラやソフトウェアを持たずとも、インターネット上で必要に応じてサービスを利用できる仕組みです。

クラウドの仕組みを利用して提供されるサービスを「クラウドサービス」と呼び、クラウド上でデータを運用することを「クラウド化」と言います。

クラウドは英語で「雲」という意味です。ユーザーがソフトウェアやデータの物理的な保存場所を意識することなく、「雲の中に隠れたリソースを利用する」というイメージからきているとも言われています。

従来はサービスを利用するためには、ハードウェアを購入するか、ソフトウェアをパソコンにインストールすることが必要でした。この方法では費用がかかる上、ソフトが入った機器でないとサービスを利用できませんでした。

クラウドサービスでは、そのサービスにログインすることができれば、どの端末からもアクセスすることができます。この利便性がクラウド最大の特徴です。

クラウド導入のメリット

クラウドとは?【初心者向けクラウドのお話】クラウドを使うメリットや気を付けてほしいことを初心者の方向けに解説

 

では、クラウドサービスのメリットを具体的に紹介していきます。

クラウド環境を構築する際のメリットとしてコストの低さがよく挙げられますが、それ以外にもいくつかのメリットがあります。

初期費用を抑えられる

クラウドを利用したWebサービスは、自社でサーバー環境やシステムを新しく構築したり保有したりする必要がありません。

つまり物理的なリソースに対してはほとんど投資しなくていいため、サービス開発にかかる初期費用を大幅に削減することができます。

もちろんクラウドサービス提供者との契約費用や月額費用はかかりますが、それでも企業独自のシステムを開発する場合のコストよりも大幅に低いです。

導入作業が簡単

クラウド型のサービスは初期費用が抑えられるだけでなく、導入自体も簡単です。

クラウドを利用すればオンライン上でサービスを導入することができるため、ソフトウェアを購入したり、サーバーやシステムを構築したりする必要がありません。

また企業独自のシステムを開発して管理する場合に生じてしまう、膨大な時間とコストを大きく減らすことができます。

どこでも利用できる

クラウド型のサービスは、インターネットに接続することさえできれば、どこからでもシステムへのログイン、メールの確認や送受信などの作業が可能になります。

従来のソフトウェアをコンピュータにインストールして利用するシステムとは異なり、スマートフォンやタブレットなどあらゆる端末から作業できるので、テレワークにも活用することができます。

スケーリングがしやすい

クラウド環境では、事業規模や負荷の大きさ、アクセス数などに応じて柔軟にリソースを

追加したり削除したりすることができます。

そのため、企業独自の管理システムと比べて拡張性が高く、スケールしやすくなります。

たとえば、サービスにアクセスが集中してサイトに負荷がかかった場合でも、クラウド環境であれば、一時的にサーバーのスペックを上げることで処理することができます。

企業独自のシステムでは、そのような場合はハードウェアを追加してサーバーを構築し直さなければなりません。

情報共有が容易

クラウド環境では、クラウド上に必要な資料などのデータを保存することで、簡単に情報を共有できるようになるので、仕事を効率化させることができます。

従来のオンラインでの情報共有は、資料などのデータをメールに添付して送信する方法が一般的でした。

しかし、メールでの共有には、添付ファイルの読み込む時間や、受信したデータをいちいち保存する手間が生じます。

一方で、クラウド環境では、クラウド上にデータを保存すれば、そのまま他の人と共有することができます。

そのため、他の人に「クラウドの〇〇にデータを保存してあります」と伝えるだけで、資料などのデータを共有できます。

災害時などにデータを失うリスクが低い

PCのストレージファイルや自社システム上にデータを保存する方法では、災害などで機器が故障した場合に、データが失われる危険性があります。バックアップなどで対策は可能ですが、大きなコストがかかります

一方で、クラウド上に保存されたデータは、機器が故障してしまった場合でも、そのまま安全に保管され続けます。別の端末でログインすれば、データを再取得することができます。

そのため、クラウドを導入すれば、災害時にデータが壊れたり失われたりするリスクを低下させることができます。

大手クラウドサービスプロバイダー

長年、パブリッククラウドはAmazon Web Services(AWS)とそれ以外のベンダーという構成だった。Hewlett Packard Enterprise(HPE)、Dell、Rackspaceなどの競合が参入しては去っていった。結局2位の座を得たのは「Microsoft Azure」だ。そして、「Google Cloud Platform」(GCP)を加えた3社が、超大規模クラウドベンダーとしてグループを構成しているのが現状だ。この3社は、世界規模でITサービスを販売、開発する企業として最大級のクラウドベンダーである。

クラウド市場の成長とセグメントリーダー(画像の参照元:Synergy.com)

クラウド市場の成長とセグメントリーダー(画像の参照元:Synergy.com

2020年のクラウドコンピューティングはより成熟し、マルチクラウド化が進むとともに、主要ベンダーが市場シェアを争うなかで特定の業界や営業活動をより意識したものになる可能性が高い。

クラウドサービスプロバイダーのトップを選ぶというのは、エンタープライズソフトウェア分野や一般的なIT分野のトップ企業を選ぶ場合でも同様だが、答えには「さまざまな条件で変わってくる」というただし書きがつくため、一筋縄ではいかない。IaaS市場におけるAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft(「Microsoft Azure」)、Google(「Google Cloud Platform」(GCP))であるか、マルチクラウドハイブリッド配備市場におけるIBMやDell Technologies、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、VMwareであるかにかかわらず、企業ごとにさまざまな変動要素が存在する。同じことはSaaS市場においても当てはまり、同市場ではSalesforceやAdobe Systems、Workdayといった企業が、IaaSやDaaSを手がけるSAPやOracleなどと戦いを繰り広げている。

まとめ

クラウドを導入するメリットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

クラウドサービスを上手く活用できれば、従来のシステムにはない、様々なメリットを実現することができます。

上記のメリットを踏まえて、自社サービスをクラウド環境に移行した場合に、どのようなメリットが生じるか具体的に検討してみてください。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。