リリース後の業務システムを管理するには?運用・保守の内容

「業務システムの導入後に不具合が起こらないか心配」
「運用・保守の内容や依頼するときの注意点が気になる」

ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。
今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。

社内で業務システムを使い続けていると、不具合や障害が発生する可能性があります。システムの正常動作を維持するためには、開発会社にシステムの運用・保守を依頼することが必要です。

この記事では業務システムの導入を検討している人に向けて、運用・保守の内容や注意点を解説します。

リリース後の業務システムを管理するには?運用・保守の内容

リリース後の業務システムを管理するには?運用・保守の内容

 

業務システムはリリース後に管理が必要

開発が完了したシステムは開発会社によりリリースされ、社内で利用できるようになります。今ではほとんどの企業がシステムを導入していて、プログラムは業務に不可欠です。

社内で業務システムが使われ続けると、利用用途が変化したり情報が古くなったりします。すると従来にはなかった不具合が発生するようになり、システムが正常動作しなくなるリスクがあるもの。

自社で導入した業務システムをいつまでも使い続けるためには、エンジニアによる運用・保守が必要です。システムをリリースした後の管理方法について詳しく見てみましょう。

 

システムの運用とは

日常的に業務システムの動作を監視して、不具合を防ぐために管理するのが運用業務です。システムの利用によるトラブルを避けるために、担当者が以下のような仕事を対応します。

● システムサーバーの起動と停止
● 定期的なデータの入出力とバックアップ
● 業務システムの監視

利用者が快適にシステムを使えるよう、普段からシステムを監視・管理するのが運用の役割です。

 

システムの保守とは

業務システムの不具合や障害を対応するのが保守です。システム内部のデータを変更する点で運用とは目的が異なりますが、同じ人が運用と保守を担当することは可能です。

システムの保守における仕事内容には「不具合の分析と修正」や「システムアップデート」、「新しいシステムの導入」などがあります。

業務システムの不具合や障害を対応するのが保守です。

業務システムの不具合や障害を対応するのが保守です。

 

運用・保守を依頼するときの注意点

「さっそく業務システムの運用・保守を依頼したい」と思った人はいるでしょう。運用・保守の業務内容は会社により異なるものであり、自社の要求を満たす業者に依頼することが重要です。

運用・保守を依頼する人が注意すべきポイントは3つあります。

 

運用・保守の業務内容を明確にする

業者を検討するときは運用・保守の対象となるシステムや業務内容を明確にしましょう。業務の対象範囲を契約前に確認しておくことで、契約後のトラブルを防ぐことができます。

もし業務内容を明確にしないと「このサポートにはオプション料金がかかった」「あのソフトしか運用・保守を対応してくれなかった」などの不満につながるものです。

業務に必要なシステムを適切にメンテナンスするために、運用・保守の業務内容をしっかりとチェックすることがオススメ。

 

運用・保守の期間や時間帯を確認する

運用・保守を検討するときは業務内容だけでなく、契約期間や時間帯も確認しましょう。業者が保守対応できる時間帯を知っておくことで、急なトラブルを対処してくれるか分かります。

 

無理にコストカットしない

一部の企業ではシステムの運用コストを減らすため、保守・運用にかける費用を削減する傾向があります。信頼性の高い業務システムを導入することで、運用・保守の業務を減らすことは可能です。

ただ、システムは開発者の手で作られたプログラムであり、障害や不具合が発生する可能性があります。もし運用・保守を担当する人がいなければ、トラブルが起こったときにシステムを再開できないリスクが大きいです。

仕事に必要な業務システムの不具合を防ぐために、運用・保守のコストを無理に削減するのはやめましょう。

 

まとめ

リリースされた業務システムを問題なく使い続けるには、業者による運用・保守が必要です。システムを導入した後も定期的なメンテナンスが必要であることを知っておきましょう。

Onetech-Asia-Outsource-CompanyTrust-Builds-Trust

ONETECH ベトナムオフショア開発

ONETECHでは、ベトナムでオフショア開発をしております。最近エンドクライアントとの取引が増えてきました。業務システムを0ベースから構築するとほとんどの場合、運用や保守のご依頼をいただきます。その際には上記のような観点をお客様と弊社の方でよくすり合わせて契約することが肝心です。

ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。
あらためて今回業務システム開発について12回にわたり、ブログに寄稿しています。
まずはベトナムオフショア開発特有のことではなく、業務システムを開発していく上での基本的な知識を整理したいと思います。

1) 業務システムとは
2) 業務システム開発の要件定義で大切なこと
3) 業務システム開発の提案依頼書(RFP)・要求定義・要件定義の違いとは
4) 業務システム開発で使われる開発言語
5) 業務システム開発の手法
6) 業務システム開発の工程
7) 業務システム開発の見積もり方法
8) 業務システム開発の外部設計と内部設計
9) 業務システム開発の単体テストと結合テストと総合テスト
10) 業務システム開発の運用テスト
11) 業務システム開発のリリースと運用保守
12) 業務システム開発の略語と英語

 

ONETECH ベトナムオフショア開発

ONETECHは2013年よりベトナムホーチミンでベトナムオフショア開発会社としてスタートしました。毎年多くのお客様から発注をいただき50社以上のお客様とお取引をしております。

 

100%日本語対応 ベトナムオフショア開発

ベトナムオフショア開発の10年以上の経験のある経営者やマネージャー、ブリッジSEが100%日本語で対応いたします。
ウォーターフォール型の受託開発はもちろんベトナムオフショア でお客様の専属チームを組織することも可能です。

 

ベトナムオフショア開発ですが日本側にコンサルタントを配置

また日本法人にも日本人とベトナム人のシステムコンサルタントがおりますので上流からのサポートも承っております。また短期出張でエンジニアが貴社にお邪魔してオンサイトで対応することも可能です。
またテストをベトナムオフショア で実施したいというニーズにもお応えしております。

そもそも我々が、ベトナムでオフショア開発をしているのは3つの理由があります。

そもそも我々が、ベトナムでオフショア開発をしているのは3つの理由があります。

 

ベトナムオフショア開発の特徴

ベトナムオフショア の特徴として、ベトナム人は非常に勤勉でとくにITスキルの高い人材が多く、親日国家でもあります。また平均年齢が28歳と若く中長期的にベトナムオフショア のベンダーとして長く利用できるというメリットもあります。中国やインドと比べると人件費も安くコストメリットもベトナムオフショア開発の重要なアドバンテージとなっております。

 

ベトナムオフショア開発を試してみませんか

ベトナムオフショア 開発をまずは試してみませんか。お試しで数週間のプロジェクトからでも承っております。営業がベトナムオフショア 開発の様々な疑問にお応えいたしますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

返信を残す

お問い合わせ