Amazon Rekognitionとは?APIの機能や価格、活用事例

「入力した動画や画像からオブジェクトを検出してほしい」

Amazon Rekognitionにより何を実現できるのか気になる」

アプリで画像・動画を分析させるのに便利なのがAmazon Rekognitionです。人物やテキスト、アクティビティなどをデータから検出できて、簡単にAPIをアプリに組み込めるのが特徴。

Amazon Rekognition

Amazon Rekognition

この記事ではAmazon Rekognitionの機能や価格、活用事例について解説します。

Source: https://aws.amazon.com/rekognition/

Amazon Rekognitionとは

通販サイトで有名なAmazonが提供するデータ認識サービスがAmazon Rekognitionです。与えられたデータからAPIが対象物を検出し、さまざまな機能を実現できるのがメリット。

開発者が簡単に利用できるAPIであるため、実装するために機械学習の知識は必要ありません。AmazonによってRekognitionは学習し続けていて、画像認識の精度は改善されています。

Amazon Rekognitionとは

Amazon Rekognitionとは

分析する対象のボリュームが大きくなっても、一貫した応答時間で分析結果を提供してくれるのが特徴。分析するデータ容量に対して料金が発生するため、最低料金はかかりません。

Amazon Rekognitionを使用すると、機械学習の専門知識を使用する必要がない、実績のある非常にスケーラブルなディープラーニングテクノロジーを使用して、アプリケーションに画像およびビデオ分析を簡単に追加できます。 Amazon Rekognitionを使用すると、画像、動画内のオブジェクト、人物、テキスト、シーン、アクティビティを識別したり、不適切なコンテンツを検出したりできます。 Amazon Rekognitionは、非常に正確な顔分析機能と顔検索機能も備えており、さまざまなユーザー認証、人のカウント、公共安全の使用事例で顔を検出、分析、比較できます。

APIでできること

開発者はAmazon Rekognitionを活用することで、次のような機能を実現できます。

  • 対象物やシーン、アクティビティの検出
  • 顔認識:写真やビデオに映っている人物の特定
  • 顔分析:年齢層や眼の開き、性別や幸福度などを検出
  • 動線検出:動画から複数の人物の動線を読み取る
  • 有名人の認識:ライブラリに保存された画像・動画から有名人を特定

上記の他にも安全でないコンテンツの検出やテキストの分析などの機能があります。

APIの価格

Amazon Rekognitionには無料利用枠があり、最初の1年間は1ヶ月の間に1,000分の動画を無料で分析できます。

もし無料利用枠を超えてAPIを利用する場合、分析する動画の時間や画像の枚数により従量制で料金が発生する仕組みです。

Amazon Rekognitionの活用事例

「企業がRekognitionを活用した事例を見てみたい」と思う人は多くいるでしょう。最近ではAWSを導入する企業が増えていて、国内でもいくつかの会社がRekognitionを活用しています。

Amazon Rekognitionの活用事例

Amazon Rekognitionの活用事例

画像認識を検討している人が知っておくべきAmazon Rekognitionの事例は次の2つです。

Amazon Rekognitionカスタムラベルを使用すると、ビジネスニーズに固有の画像内のオブジェクトとシーンを識別できます。たとえば、組立ラインで特定の機械部品を分類したり、異常なプラントを検出したりするモデルを構築できます。 Amazon Rekognition Custom Labelsは、モデル開発の重労働を処理するため、機械学習の経験は必要ありません。識別したいオブジェクトまたはシーンの画像を提供するだけで、残りはサービスが処理します。

はいチーズ!の場合

インターネットビジネスを展開する千株式会社では、自社サービスである「はいチーズ!」にRekognitionのAPIを活用してます。はいチーズ!は子どもがいるご家族に向けたサービスです。

Rekognitionにより子どもの写真を分析して、ユーザーが探している写真を簡単に見つけられるのがメリット。集合写真の顔を検出することもでき、複雑な処理をする必要がなくなりました。

毎日新聞の場合

国内の大手新聞社である毎日新聞では、毎日多くの報道写真をWebやアプリで提供しています。そうするとサービスにあわせて画像を加工する必要があり、作業時間や費用といったコストに悩まされるものです。

そんなときにAmazon Rekognitionを導入することで、自動で写真の構図や顔の位置などを解析。自動化によりコストを減らせて、報道写真をよりスムーズに提供できるようになりました。

まとめ

画像・動画からオブジェクトやシーンを検出するのに便利なサービスがAmazon Rekognitionです。国内では新聞社やIT企業がRekognitionを導入していて、膨大な写真を自動で処理するのに役立っています。

「保管している大量の画像・動画を効率的に扱いたい」と思ったときに、Rekognitionの活用を検討しましょう。

ONETECH開発実績

ある商品(消費財)のAI画像認識のための教師データ用のCGを制作しました。商品の現物を参考にしながら酷似したCGモデルを制作しました。CGモデルをUnityで様々な角度や陰影をつけた画像をAIの学習データとして抽出します。Unityのツールも開発しました。

7セグメントディスプレイのデジタル数字を認識するモジュールを開発しました。 デバイスのデジタル数字が表示されている枠内の数字を自動解析します。決定木の手法と SSOCR(seven segment optical character recognition)を利用しました。 このモジュールはホロレンズ(Microsoft HoloLens)、スマホなども応用可能です。

OpenCV+ AI Yolo画像認識の研究開発 今回は2018年のセミナーのプレゼンテーションのために以下の3つのデモを研究開発した実績をご紹介します。

ONETECHでは、画像認識を利用した開発依頼のお問い合わせが増えております。今回ご紹介したすべての画像認識APIを使ったことはないですが、弊社のベトナム 人エンジニアは少々の文献をよめばどのように利用するか応用するかのご提案は十分に可能です。

他にも画像認識についてブログがありますので参考にしてください。

ONETECHはベトナムオフショア 開発でAR/VR/MR開発に力を入れており実績も多数あります。AR/ MR開発の際に顔認識、顔検出、画像認識との組み合わせのご相談も増えてきました。実用化フェーズがいよいよやってきたようです。

顔認識、顔検出、画像認識でお困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談・お問い合わせ
ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談・お問い合わせ
    ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
      無料相談
      お問い合わせ