期待大!1兆円まで拡大!XRの市場規模と5Gによる影響とは

「XRがどれくらい普及しているのか気になる」
「5Gによりどんなビジネスが伸びるのか知りたい」

VRやAR、MRを含めたXR市場は2016年から規模が拡大しています。2020年には5Gの提供が始まり、大容量通信を利用できることでXRコンテンツはさらに普及していく見込みです。

本記事では2020年以降のXR市場規模の予測や5Gで伸びるビジネスについて解説します。

期待大!1兆円まで拡大!XRの市場規模と5Gによる影響とは

期待大!1兆円まで拡大!XRの市場規模と5Gによる影響とは

 

1兆円まで拡大するXR市場とは

2020年1月6日、市場調査を専門とする矢野経済研究所は国内外のXR動画市場を調査した結果を公表しました。日本国内のXRコンテンツ市場規模の予測は以下の通りです。

● 2019年:3,951億円
● 2020年:4,955億円
● 2022年:7,971億円
● 2024年:10,742億円
● 2025年:11,952億円

2024年にはXRを活かした360度動画市場の規模が1兆円を超えて、今よりもコンテンツ数が増大する見通しです。コンテンツが増えることでハードウェアも普及していく見込みもあります。

 

カテゴリー別の市場規模

「具体的にどんな分野が伸びるのか知りたい」と思った人は多くいるでしょう。2025年のカテゴリー別市場規模ではVR機器が7,635億円、ゲームが1,430億円まで成長する予測です。

また、エンタープライズや制作・流通など法人向けコンテンツも500億円程度まで規模が拡大する見込みがあります。事業などにXRコンテンツは便利であり、個人向けよりも市場が伸びやすい傾向です。

一方、スポーツやエンタメなどのコンテンツや報道などの市場規模は300億円未満であり、他分野に比べて規模が劣ります。カテゴリーにより伸びる分野と伸びない分野があることに注意しましょう。

XRがどれくらい普及しているのか気になる

XRがどれくらい普及しているのか気になる

 

市場が拡大していく理由

XRの動画市場規模が大きく拡大する理由として、2020年から始まる5Gがあります。5Gは従来よりも快適に通信できる技術であり、大容量のXRコンテンツを利用しやすくなるものです。

2022年から5G環境が充実する見通しであり、対応デバイスの普及でXRコンテンツが発展。コンテンツの品質が大きく向上することから、通信キャリアもXRを重視するでしょう。

 

5Gで伸びる企業とは

XRの市場規模に大きな影響を与える5Gのスタートにより、システム開発などさまざまな分野で成長する企業が出てきます。2020年に株価上昇が予想されている主要分野は以下の3種類です。

  1. システム開発
  2. 建築業
  3. ヘルスケア

それぞれの分野について詳しく解説します。

5Gで世の中が変わる-AR・AI

5Gで世の中が変わる-AR・AI

 

システム開発

XRの動画市場規模が拡大することでソフトウェアの開発会社が成長する可能性が高いです。例えばマイクロソフトの商品を取り扱う日本ビジネスシステムズは5G関連のシステム開発で業績拡大の見込み。

また、日本ビジネスシステムズのパートナー企業であるインターネットイニシアティブではクラウドサービスを提供しています。5Gによりクラウドの利便性が高まれば、サービスの提供会社も成長するでしょう。

 

建築業

XRの一種であるMRを建築業に最適化したシステムを開発する会社も多数存在します。例えば三井住友建設ではトンネルのメンテナンスを効率化させる「MOLE-FMR」を開発。

他にも大東建託やグレイステクノロジーが建築業に便利なツールやシステムを開発・展開しています。

 

ヘルスケア

5Gにより医療機関向けのソリューションやプラットフォームが発達する予測もあります。例えばオプティムのIoTプラットフォームにより、患者の体調不良などをすぐに検知することが可能です。

 

まとめ

大容量・高速通信を得意とする5Gにより、XRの動画市場規模は1兆円を超えるほど拡大する見込みです。XRコンテンツが伸びることを意識してソフトウェア開発を検討しましょう。

 

ベトナムオフショア開発のONETECH

ONETECHはベトナムオフショア開発VR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

ONETECHはベトナムオフショア開発でVR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

ONETECHはベトナムオフショア開発でVR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

VR分野は、Oculus、VIVEなどのVR向けHMD、スマホを利用したVRアプリ開発の実績が多数あります。

CADモデルからの3DCGモデルの変換などによるコンテンツ制作から、コンテンツは支給していただきUNITYへの移植などオールインワンでの対応も部分的なお手伝いも可能です。
AR、MR分野での開発も、スマホでのARアプリ開発、ARkit、ARcoreの開発も複数実績があります。Wikitude、Vuforia、OpenCVなどの画像認識系のフレームワークの実績も多数あります。またMicrosoft HoloLensでの開発は最近かなり増えまして業務支援向けのMRアプリの開発を多く承っています。今月にHoloLens2がベトナムに到着し開発もスタートさせました。

今月にHoloLens2がベトナムに到着し開発もスタートさせました。

今月にHoloLens2がベトナムに到着し開発もスタートさせました。

クライアント企業は、50社を超え上場企業やベンチャー企業様からの発注が増えてきております。

優秀なPMと日本語堪能なコミュニケーターがプロジェクトをリードし、頭脳明晰なITエンジニアがイノベーションのお手伝いをしていきます。

VR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発のご相談はOne Technology Japanへお気軽にお問い合わせください。
https://onetech.jp

 

100%日本語対応 ベトナムオフショア開発

ベトナムオフショア開発の10年以上の経験のある経営者やマネージャー、ブリッジSEが100%日本語で対応いたします。
ウォーターフォール型の受託開発はもちろんベトナムオフショア でお客様の専属チームを組織することも可能です。

 

ベトナムオフショア開発ですが日本側にコンサルタントを配置

また日本法人にも日本人とベトナム人のシステムコンサルタントがおりますので上流からのサポートも承っております。また短期出張でエンジニアが貴社にお邪魔してオンサイトで対応することも可能です。
またテストをベトナムオフショア で実施したいというニーズにもお応えしております。

 

ベトナムオフショア開発の特徴

ベトナムオフショア の特徴として、ベトナム人は非常に勤勉でとくにITスキルの高い人材が多く、親日国家でもあります。また平均年齢が28歳と若く中長期的にベトナムオフショア のベンダーとして長く利用できるというメリットもあります。中国やインドと比べると人件費も安くコストメリットもベトナムオフショア開発の重要なアドバンテージとなっております。

 

ベトナムオフショア開発を試してみませんか

ベトナムオフショア 開発をまずは試してみませんか。お試しで数週間のプロジェクトからでも承っております。営業がベトナムオフショア 開発の様々な疑問にお応えいたしますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

返信を残す

お問い合わせ