『オフショアでのラボ開発の成功実例紹介セミナー』ラボ開発サービス導入

オフショアでのラボ開発の成功実例紹介セミナー

 

◆こんな方におすすめ

  • 長期開発にあたっての開発リソースをお探しの企業の方
  • 海外へシステム開発外注を検討している企業の方
  • システム開発会社様、事業会社様

<目次>

第一部>ラボ開発とは

  • ラボ開発とは
  • ラボ開発流れ
    • ラボ開発見積シミュレーション
    • ラボ開発の体制
    • ラボ開発のコミュニケーション
    • 品質指標管理
  • ラボ開発成功ポイント
    • ラボ開発のメリット
    • ラボ開発の成功のポイント
    • 成功と失敗の比較

第二部>ラボ開発での業務システム開発及び運用開発の成功実例

  • 業務システム開発のメリット
  • 業務システム開発プロセス
  • 業務システム開発プロセス
    • 基幹システムマイグレーション
    • 見積発注管理システムの開発・保守
    • 業務システムの開発・保守

第三部>ラボ開発での業務システム開発及び運用開発の成功実例

  • IoTデバイスとホロレンズとのMRアプリをラボでアジャイル開発
  • Unity開発リソース不足へのラボ体制を構築
  • 現場の課題をラボで研究開発
  • LiDARセンサー測定をラボ開発で対応

動画オフショアでのラボ開発の成功実例紹介

 

第一部>ラボ開発とは

ラボ開発とは

ある行一定期間は半年、一年間に優秀な人材を自社専門に確保して、柔軟に開発を依頼することができ、仕様やノウハウを蓄積できる特徴がある。

ラボ開発流れ

弊社と御社は担当する業務も明確をします。

ラボ開発見積シミュレーション

ラボ開発では見積する時に開発メンバー体制に対して見積します。下記の開発メンバーはイメージとして毎月メンバーの稼働工数と単価を計算します。開発メンバーは開発能力などを基づいて単価を提出します。

見積シミュレーションは下記の開発体制で対応します。

  • Unityエンジニア:1名
  • テスター:1名
  • ブリッジエンジニア:1名
  • 開発時にテスト端末なども使用料を計算します

見積シミュレーションは下記の開発体制で対応します。

  • プロジェクト管理:1名
  • 日本側PM管理サポート:1名
  • WEB開発エンジニア:1名
  • テスター:1名
  • ブリッジエンジニア:1名
  • 開発時にテスト端末なども使用料を計算します

ラボ開発の体制

ラボ開発では下記の開発体制で対応しております。

  • PM(プロジェクト管理兼ブリッジエンジニア)
  • 開発メンバ
  • 品質管理メンバ(テスター)
  • 案件に応じて業務分析メンバー

ラボ開発のコミュニケーション

ラボ開発で案件を対応する際に弊社側で下記のコミュニケーションフローを基準として事前に顧客をすり合わせて、コミュニケーションルール或いはアサインする作業に対して進捗などコミュニケーションルートを明確します。オフショア開発で開発失敗の原因はコミュニケーションルールが不明、各のタスクなども明確しないままで進めてしまった。弊社側で開発成功ポイントは各タスクなども顧客と確認しながら進みます、作業が完了後管理もレビューを実施します。テスト環境、本番環境などもリリースする前に手順書なども作成してレビィ―を徹底しております。

ラボ開発でシステム運用保守作業も対応しております。下記のイマージで現在へ弊社側で保守と運用しているシステムは毎日どんな作業を対応するかタイミングとしていつ、何を対応するか、また確認タスクに対して担当者も割当てります。

品質指標管理

オフショア開発で弊社側でPMS(プロジェクトマネジメントシステム:弊社ツール)にて各のプロジェクトに対して社外及び社内バグ検出密度指標を設定して実施します。プロジェクトの指標を基づいて、実績データが超えると管理職へアラート通知が自動通知します。

  • 品質指標
    • 社内バグ検出密度:4~10件/1人月
    • 社外バグ検出密度:0~0.5件/1人月

ラボ開発成功ポイント

弊社側でラボ開発成功ポイントとラボ開発メリットを紹介したいと思います。

 まずは、ラボ開発のメリットを説明いたします。

  • コスト削減:長期案件で業務ノーハウス及びシステム理解で全体開発工数を削減できます。
  • 優秀な人材の確保:日本で開発者が不足で海外リソースを確保して業務を対応できるリソースを確保できます。
  • 柔軟な対応:御社リソースなので、簡単に業務の作業をアサインします。

ラボ開発成功ポイント

  • 業務分担が明確だったこと
    • 要件定義、仕様定義、総合テストの担当の明確化
    • アジャイル開発で発生しやすい
  • オフショアに開発実績があった
    • 当該システムの実績があるかどうか
    • エキスパートやオブザーバーをアサイン
  • システム理解ができた
    • 仕様書をしっかりと書く
    • 仕様書がない場合でも目的や業務フローからしっかり伝える

◆失敗例

業務分担 開発実績 システム理解 コミュニケーション
スタートアップのアプリ開発 不明確  一部ははじめて  サードパーティのAPI変更など難しい 問題ない
社長のトップダウンのDX 不明確  社長の方針がよく変わる  担当者と社長の意思疎通不足
実績のあるアプリ 不明確  問題ない 問題ない

◆成功例

業務分担 開発実績 システム理解 コミュニケーション
Sierタイプ(事例①業務システム)
XR開発(事例②PoC開発)
研究開発(事例③研究開発)

 

第二部>ラボ開発での業務システム開発及び運用開発の成功実例

成功事例①業務システム運用開発

業務システム開発のメリット

  • コスト削減
  • 優秀な人材リソース確保
  • 仕様やノウハウを蓄積できる

業務システム開発とオフショアは非常に相性が良いです。

業務システム開発プロセス

基本的にウォーターフォールプロセスで実施しますが、顧客の希望よりプロセスをあわせて対応します。

 

案件例①:基幹システムマイグレーション

ラボ開発で基盤システムはVB.6から.NETへマイグレーションを実施しました。プロジェクト概要として下記の情報を対応しました。

項目 説明
対象業務
  • マイグレーション
  • 結合テスト仕様書(動作テスト)は顧客から提出より動作確認実施
規模 51人月
技術
  • VB.6から.NETへ
  • データベース:Oracle9i → Oracle19c
ラボ体制
  • PM (プロジェクト管理):1人
  • BrSE(ブリッジエンジニア):1人
  • 開発者(.Net開発メンバー):4人
  • テスター:2人
期間 7ヶ月

Visual Basicマイグレーション役割分担

流れ 内容 担当
①資産可視化
  • プログラム棚卸
  • マイグレーション対象範囲明確
お客様
➁調査・分析
  • Microsoftアップグレードツール
  • アップグレードの問題点洗い出し/既存問題をパータン化
ONETECH
③変換設計
  • パタ-ン化した問題に対して機能の代替、変更方法の検討
  • ツール変換・手作業変換の切り分け
  • 変換ツール作成及びカストマイズ
ONETECH
④サンプル変換
  • 特性機能変換、テストを実施
  • 変換ツールの検証
  • 追加対応が必要な項目を洗い出し、修正
ONETECH
⑤変換修正
  • 全ソースを変換ツールで変換、手作業での対象分を修正
ONETECH
⑥比較検証
  • 現行処理結果との比較を実施
ONETECH
⑦受入テスト
  • 顧客の検証を支援
  • 発生した問題の対応を実施
お客様

案件例➁:見積発注管理システムの開発・保守

項目 説明
対象業務
  • 詳細設計
  • コーデイング
  • 単体テスト、結合テスト
規模 24人月
技術 VB.Net・.net Framework 4.8

Grapecity ActiveReports 12.0J 日本語版

Grapecity InputManPlus for Windows Forms 10.0J

Grapecity SPREAD for Windows Forms 12.0J

Infragistics Professional 2019 Vol.1

SQLServer2019

ラボ体制
  • PM(プロジェクト管理) :1人
  • BrSE(ブリッジエンジニア):1人
  • 開発者(.Net開発メンバー):1人
  • テスター:1人
期間 6ヶ月

案件例③:勤怠給与システムの開発・保守

項目 説明
対象業務
  • 詳細設計
  • 開発
  • 単体テスト、結合テスト
  • 保守
規模 24人月
技術
  • VB.Net
  • SQLServer2019
ラボ体制
  • PM :1人
  • BrSE:1人
  • 開発者:1人
  • テスター:1人
期間 6ヶ月

成功事例②XRアプリのPOC開発

ベトナムでPoC開発のメリット

  • コスト削減
  • 優秀な人材リソース確保
  • 新たなビジネスの創出を促す
  • アイデアを具現化したい

ベトナムでのPoC開発プロセス

アイデアや概念を実証実験するPoCプロセスをラボで実行展示会出展をマイルストーンとして基本機能版、画像認識版、文字認識機能搭載版とステップアップ

PoC開発の実例

実例① MR検品作業管理システム

検品作業ラインの効率化のためMicrosoftHoloLensを使い、ハンズフリで作業を完結

業界:製造(検品ライン)

規模:12カ月(72人月)

システム概要:製造業の検品ラインで検品対象物と検品機器をホロレンズで

自動認識して検品結果を判定しサーバへ保存

実例② 画像認識の研究開発

OpenCVとYoloフレームワークで画像認識の研究開発。数百枚の教師データで学習学習

実例③ 文字認識の研究開発

penCVで7セグメントディスプレイを認識]

成功事例②先端テック研究開発

  • ベトナムで研究開発のメリット
  • ベトナムでの研究開発プロセス
  • 研究開発の実例

ベトナムで研究開発のメリット

  • コスト削減
  • 優秀な人材リソース確保
  • 新たなビジネスの創出を促す
  • 技術資産が増える

研究開発とオフショアは非常に相性が良いです。

ベトナムでの研究開発プロセス

クライアント様より要望や課題をスピーディーに対応する体制を構築市場動向や顧客のニーズ変化に対しての研究テーマを約2ヵ月ごとにアウトプット

実例① マニュアルAR化

AR技術によって、正しい手順で確実に&効率よく作業を進められるよう支援できるARでマニュアル化

実例② ストリーミング遠隔サポートシステム

RTMPプロトコルで配信仕様を、別の仕様で映像配信できる仕様を研究Azureサーバ、HLSプロトコール、WebRTC配信検証

実例③ Unity Reflectの活用・調査

建築モデルの素材の変更内容をリアルタイムに反映するUnity Reflect

Unity Reflect ベースのアプリケーションを開発と活用方法の検討

実例④ 空撮の画像認識処理

ドローンで空撮した画像から対象物の頂点の認識精度を研究検証実施、認識精度の分析、精度結果を出力するシンプルなUI画面の実装

ベトナム進出支援

ステップ1 ラボ開発体制構築

  • 御社開発スキルにあったエンジニアを採用します。
  • ラボ契約なので、御社は開発に専念できます。
  • 責任者候補(PM)、ブリッジ(BSE)などのキーマンを早めに採用します。
  • この期間に、①プロジェクト管理、②バックオフィス関連業務の引き継ぎ
  • 足りないリソース(PM、ブリッジ、プログラマー)はONETECHが提供することも可能です。

ステップ2 駐在員事務所設立

  • オフィスはONETECHの近くもしくは同じビル、同じフロアをご提案します。登記完了までは、3ヶ月間を見込んでください。

ステップ3 自社マネジメントへ移行

  • ステップ1で採用した社員を御社社員として転籍。
  • バックオフィス関連業務を、内部か外部で実施するか検討し移管。
  • 必要に応じて支社への昇格も検討

ベトナム進出ステップ]

ステップ1 ラボ開発体制構築

ベトナム進出ステップ

ステップ2 駐在員事務所設立と支社設立

サービス 目的 費用 ポイント
駐在員事務所 開発拠点づくり
  • 設立費用
  • 33万円/初回のみ
  • 管理費用
  • 2万円/月〜
  • 期間5年
  • ・所長はOTAから選出可
  • ・御社は常駐なし
  • ・必要に応じて支社へ
  • ・オフィスはOTA近郊
支社 開発拠点

営業活動

  • 設立費用
  • 66万円/初回のみ
  • 管理費用
  • 15万円/月〜
  • 代表者を複数たてるか、委任することで常駐はなし
  • ・税務申告必要
  • ・オフィスはOTA近郊

ステップ3 自社マネジメントへ移行

ステップ3 自社マネジメントのためのバックオフィス代行

サービス 詳細 サービス 詳細
経営管理
  • 定例MTG参加
  • 日本駐在員サポート(情報提供)
  • 各種経営情報提供、経営アドバイス
  • B2Bマッチング等(紹介)
  • 専門家との通訳(バックオフィス関連)
  • ベトナム管理者への教育
  • 人事・評価等のアドバイス
会計・税務・監査
  • 月次・年次会計帳票(PL BS)まとめ
  • 決算書作成
  • 税務全般
  • 監査
総務ITインフラ
  • オフィス環境整備
  • ネットワーク設定(インターネット、サーバ)
  • PC、設備購入
  • 資産管理
法務
  • 現地弁護士の紹介やアドバイス
  • 事案発生時対応/顧問契約の提案
経理
  • 内部の経費管理
  • 領収書の取りまとめ
  • 給与計算と支払い、経費の支払い
  • 勤怠管理:出勤と退勤、残業の計算
人事・労務
  • 現地の組織運営ノウハウの提供
  • 社員旅行や、各種パーティなどサポート
  • 社員評価基準のアドバイス
  • 労務、社会保険や所得税の申告
  • 人材採用

 

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。