Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / 現場の課題解決のためのARの応用。医療機器のARマニュアルアプリ

現場の課題解決のためのARの応用。医療機器のARマニュアルアプリ

現場の課題解決のためのARの応用。医療機器のARマニュアルアプリ
Data
内容

■医療機器のARマニュアルアプリ開発

ARマニュアルアプリを起動して医療機器をスキャンます。ARマニュアルアプリ通してして機器を自動認識でマニュアルが表示されます。AR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)

機器で表示される数字やボタンなどの説明が表示されます。主にAR表示されたボタンををタップすると各機能の説明が表示されます。その後、操作する順番に応じてARマニュアルが表示されます。

 

■医療現場の課題

医療現場にはたくさんの種類の医療機器が装備されています。医療機器の操作ミスは致命的な事故につながります。また医療現場は慢性的な人手不足が続いています。COVID-19では医療崩壊などでより一層医療現場の作業は非常に激務となっています。

限られた人員でたくさんの種類の医療機器の操作方法を覚え、正確に操作することには限界があります。各現場ではマニュアルをわかりやすくしたり、チェックフローの徹底や誤操作防止の機能などにより正確な操作を実行しています。このアプリはARを利用することで医療現場の負担を少しでも軽減することが可能です。

■医療機器ARアプリマニュアルの特徴

iPadでARマニュアルアプリを開き医療機器をマーカーで認識します。マーカーの認識にはVuforia Object Scannerを利用しました。医療機器に医療機器のARマニュアルがかぶさって表示されます。ARマニュアルで表示されたボタンをタップすると各機能の説明が表示されます。

■開発期間

開発期間:2020年11月~2020年03月

開発規模:10人月

■対応範囲

 課題ヒアリング

医療機器の誤操作防止と、わかりやすさ、使いやすさをまとめてARをどのように応用するかを提案しました。

 基本設計・詳細設計

要件定義書をもとに、基本設計と詳細設計を実施しました

 コーディング

弊社のUnity開発規約に沿って開発しました

 システムテスト
単体テスト、結合テストをしました

 受入テスト
クライアントが担当

■対応技術

言語:Unity

ARエンジン: Vuforia Object Scanner

(ONETECHはPTCジャパンのオフィシャルパートナーです)

 

■今後のアップデート

このアプリは第一弾です。社内評価を実施し、その後一部のユーザーが利用します。

■ARマニュアルアプリの類似実績

3Dホログラムを活用したHoloLens(ホロレンズ)2アプリ開発

物流業務向けに複数のホロレンズで3Dの物流倉庫の建屋や内装情報を共有。
物流倉庫内のコンテンツ再生や表示制御もHoloLens(ホロレンズ)アプリを開発
計画中の施設のエリア情報や倉庫の導線を立体的に把握することができます。

 

今後もAR、MRのマニュアル業界には注目していきたいと思います。

実績一覧

バーチャル空間で実際にオフィスにいるかのように、VR空間上で会議や共同作業をします。 TapStrap(タップストラップ)をつかったタッチタイピングも可能です。 VRバーチャルオフィスアプリを開発しました。Oculus Questに対応しています。

橋梁やトンネルなどの保守点検業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)のための研究開発案件です。点検履歴は通常設計図に補修箇所や補修箇所の情報を手書きで書き込んで残しています。今回はまず紙データの点検履歴をデータ化します。そしてホロレンズ上で点検履歴を現物と照査してAR表示する研究開発を実施しました。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。

2016年7月ベトナム広告制作会社様の駐在員事務所の設立をしました。弊社代表のグエンラムタオが現地責任者となりました。この広告制作会社様はWEB開発、アプリ開発を多く手掛けています。特に最近はxR分野に力を入れている会社です。日本の地方都市に会社があり、エンジニアの人材不足に課題を持っておりました。