MR

インフラ業界でAR(拡張現実)の業務へ応用が進展

様々な業界で活用が期待されているAR(拡張現実)技術が現在どのようなシーンで使われているか気になりませんか? インフラ業界ではすでにARの導入が進んでおり、従業員や製品の安全性や業務効率、顧客満足の向上に活かされています。 自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

期待大!1兆円まで拡大!XRの市場規模と5Gによる影響とは

「XRがどれくらい普及しているのか気になる」 「5Gによりどんなビジネスが伸びるのか知りたい」 VRやAR、MRを含めたXR市場は2016年から規模が拡大しています。2020年には5Gの提供が始まり、大容量通信を利用できることでXRコンテンツはさらに普及していく見込みです。 本記事では2020年以降のXR市場規模の予測や5Gで伸びるビジネスについて解説します。

詳細を表示 »

Unityがなくても実現できる!VTuberの制作ツールを紹介

Unityがなくても実現できる!VTuberの制作ツールを紹介 キャラクターを取り入れた動画を制作し、YouTubeなどの配信サイトで活躍しているのがVTuberです。VTuberの数は増えている傾向であり、キャラクターの制作を検討している人も多くいます。 今ではVTuberの制作ツールが多数あり、手間がかかるUnityを使わなくてもモデルを制作することが可能です。これから始める人にオススメの制作支援ツールを紹介します。

詳細を表示 »

画像認識ソリューションとして有名なVuforiaを紹介します。

ARを活用してアプリやシステムを開発するためのプラットフォームがVuforiaです。Vuforiaエンジンという機能によってカメラやセンサーを制御し、ARを表現するための目を実現しています。 開発プラットフォームであるVuforiaはスマートフォンやタブレット、スマートデバイスに対応しているのがポイント。デバイスを活用して現実の中にコンテンツを表現します。 アイデアを実現するためにVuforiaには多様なARライブラリが備わっています。マーカーの認識だけでなく、クラウドを活用した認識や追従認識といった機能にも対応。 今ではVuforiaによって開発されたアプリが4億台以上のデバイスにインストールされていて、ARを活用した開発に欠かせません。ユーザーにAR体験を届けるためにVuforiaは役立ちます。

詳細を表示 »

xRを体験するために最適なHMDとは?VRとARの違いも解説

VRやARといった言葉の総称をxRと呼びます。最近ではxに単語を含めて「”x” Reality」という言葉が増えていて、体験するためにはヘッドマウントディスプレイ(HMD)が必要です。「VRに興味があるけど、どのヘッドマウントディスプレイを選べば良いか分からない」「ARとVRといった言葉をネットで見るけど、何が違うのか疑問」

詳細を表示 »

Unityの特徴や3つのメリットを紹介

無料で開発できる!Unityの特徴や3つのメリットを紹介。今回のブログでは、ONETECHの強みでもあるUnityについてご紹介します。 ONETECHは、xR(AR/VR/MR)開発と親和性の高いUnity開発に力を入れています。エンジニアも10人以上在籍していて、日々新しいことにチャレンジしています。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ