HoloLens 2

スマホからライブ会場が出現、ダンサーと光の演出がシンクロするARライブとは

COVID-19の影響によりアーティストのライブは延期や中止が多くなっています。ただし、オンライン上での無観客ライブが増えてきています。 同じ空間でパフォーマンスができない状況の中で新たな演出方法としてARライブが注目されています。 今までの光や音の表現に加えて更にライブ事業を盛り上げるARライブについて紹介します。

詳細を表示 »

HoloLens2で遠隔支援するDynamics 365 Remote Assistとは

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり容易に出張や現地に行くことができない状況が続いています。 Microsoft社の「Dynamics 365 Remote Assist」は技術者やエキスパートが現地に行くことなく、遠隔支援で作業者の不安や疑問を解消することに役立てられます。 また、Microsoft HoloLens2を使用することにより更に活用が期待されています。

詳細を表示 »

マニュアルはAR技術を活用した時代になる?!【ARマニュアル REFLEKT ONE】

今回紹介する「REFLEKT ONE」は、製造業のインダストリー4.0を実現するARの技術を利用したマニュアル作成クラウドサービスです。 ARマニュアルによって、教育効果・業務改善など様々な効果を発揮するでしょう。今後トレンドになるであろうARマニュアルを知り、今後の参考にしてください。

詳細を表示 »

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは?

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは? VRやARの映像を見ているときに目の前のモニタ上の遠くのオブジェクトを見ようとして目が疲れた経験はありませんか? これは輻輳調節矛盾と言って目に疲れや不快感を与える原因になります。 ARアプリ開発の現場では輻輳調節矛盾を抑えられる「ライトフィールド技術」の開発に力を入れています。

詳細を表示 »

期待大!1兆円まで拡大!XRの市場規模と5Gによる影響とは

「XRがどれくらい普及しているのか気になる」 「5Gによりどんなビジネスが伸びるのか知りたい」 VRやAR、MRを含めたXR市場は2016年から規模が拡大しています。2020年には5Gの提供が始まり、大容量通信を利用できることでXRコンテンツはさらに普及していく見込みです。 本記事では2020年以降のXR市場規模の予測や5Gで伸びるビジネスについて解説します。

詳細を表示 »

VR / AR / MRを使用する最新の方法は何ですか? 5つのケーススタディ

AR、VR、MRを使用してソフトウェアを開発したい。 「最新のARアプリとユースケースが心配です。」 スマートフォンの仕様が大幅に改善されたため、ARおよびVRサポートアプリケーションを提供する企業の数が増加しています。より有用なアプリケーションを提供するには、最新のストーリーを認識することが重要です。 この記事では、企業のVR / AR / MRの最新の5つの例を紹介します。

詳細を表示 »

国内出荷が開始したHoloLens 2の特徴とは?競合スマートグラスと比較

「MRを活用して業務を効率化させたい」 「HoloLens 2など最新HMDの性能が気になる」 従業員の業務や研修などをMRでサポートできるのがHoloLens 2です。2019年11月には日本国内で法人向けに出荷が始まり、MR技術の普及や生産性の改善に期待されています。 この記事ではHoloLens 2の特徴や競合デバイスについて紹介します。

詳細を表示 »

HoloLens(ホロレンズ)でWebRTCとUnityの設定方法の説明

こんにちは!Huyです。今ワンテックで仕事をしています。ワンテックのUnityチームに入ることによって、毎日最新技術に触れる機会が増えてきました。プログラマーになって、最新技術の調査やそれを身に着けるためにはどれほど大変なのか常に実感しています。共有するとで、自分もそこから勉強できるという考えから、この記事でホロレンズとホロレンズ2でUnityの設定方法について、説明していきたいと思います。設定に困ったことを経験した方に少しでもお役に立てる記事になればうれしいです。

詳細を表示 »

MICROSOFT HOLOLENS 2 – 2019年半にリリース

HoloLensの次世代モデル「2019年第2四半期」に発売するといわれていた。一方で、HoloLensの存在を脅かすのが、2018年8月に発売となった米マジックリープのMagic Leap Oneという複合現実(MR:Mixed Reality)ヘッドセットである。Hololensはもはや独占的ではないが、競合他社のものより数年前に開発されたのがMicrosoftの大きな利点だ(HoloLens1は2015年に発売された)。 技術の世界は2019年に次期バージョンを楽しみにしており、初代HoloLensのすべての弱点を克服すると期待されている。

詳細を表示 »
無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。