IT業界の採用:有能な応募者を採用するための9つの効果的なコツ

現在、多くの経験豊富な雇用者才能のあるIT応募者を見つけるのに苦労してる。この記事ではそういう問題を解決するための11の効果的なヒントを提供する。

「ベースリソース」:有能な応募者を特にIT分野で見つけて採用することは今日の人事業界での最大の課題の一つだ。一流の専門家でさえ、この問題に対しても苦しんでいるだろう。

Indeedの最近の調査によると、回答者10人の内に約9人(86%)がIT分野で優秀な人材を採用することに多くの困難を抱えていると述べている。

なぜ、ITの才能ある応募者を見つけて採用するのが難しいのでしょう?

IT業界の採用:有能な応募者を採用するための9つの効果的なコツ
IT業界の採用:有能な応募者を採用するための9つの効果的なコツ

理由は簡単だ。 今日の雇用者のニーズと比べ技術人材の数があまり少しい。こんな欠陥は、想像よりもさらにひどいものだ。

情報技術の分野での募集需要に関するVietnamworksの調査により、わずか3年以内に2013-2016年から募集需要が2.5倍に増加した。 今から2020年までの傾向は、IT分野の採用に対する需要を増やし続け、人材の不足も現在より激しくなるだるう。

具体的、今から2020年まで企業の需要は人的資源に関して約40万人の想定だが、全国のIT人的資源の供給システムではその半分以上しか満たすことができない。

情報技術の大国である米国においてもは、2020年までにITに関する100万以上の仕事が「無主」だという労働統計局予想されている。そして、他のヨーロッパ諸国も同じ状況だ。 ある調査によると、11%の英国企業のみが、次の12か月以内にテクノロジーワーカーが不足しないと自信に述べている。 さらに、北ヨーロッパ、フィンランド、スウェーデン、デンマークの国では、IT候補者の数も非常に少なくなっている状態。

では、そういう状況に対して才能のあるIT候補者を採用することにTopに入ってる雇用者になるため、どうすればいいのかな?

IT分野で効果的な雇用主になるための9つの簡単なコツ

 ①採用している仕事の内容をしっかり理解

完璧なIT人材を採用するため、応募者が何をするか、どのようなスキルを持っているかを理解する必要がある。 この基本情報についてまだ混乱すれば、労働市場で失敗する可能性は非常に高くなる。
そういう情報を理解した後、次の仕事は、読者にリーチするために、仕事の内容を記述するのがどのように最高の効率に表現するか考える必要だ。

 ②募集したい応募者の肖像画を描く

才能のあるIT候補者を見つけ、引き付け、採用するために、理想的な肖像画を描けばよいと思う。 その肖像画は、応募者の基本的な特徴、習慣、ニーズと要望を含む。

候補者の肖像画を描くことは、すべての雇用主にとって不可欠な任務

候補者の肖像画を描くことは、すべての雇用主にとって不可欠な任務

以下は完璧なIT候補者の肖像画を作成する役立つ情報だ。 Stack Overflowのグローバル調査による:

  • IT分野に優秀なワーカーは90%以上が男性
  • プロの開発者の約3/4が35歳未満である
  • プログラマのほぼ90%の開発者は、正式なトレーニングを受けずに自分で新しい言語を学習する傾向があると答え
  • 57%の開発者は、のプロのプログラミングの経験が5年未満
  • 90%の開発者は自分のコードをGitにアップ
  • 回答者の半数以上が、たった2年の後転職したことを認めた
  • 優秀な開発者は新しい仕事を探している際に、まず給与とボーナス、次に扱う言語とテクノロジーについて考慮する傾向がある。 昼食や休日などの福祉は見過ごされがちだ。

 ③応募者チャレンジ

トップのタレントは自分自身にチャレンジするのが好きだ。自分のスキルと知性を誇示するための機会だと思っているから。

QuoraやStripeなどの企業はウェブサイトに興味深い課題を巧みに統合し、テクノロジーの「オタク」にそれらを処理するよう促してる。 各チャレンジの終わりに、解答者は電子メールで回答を送信し、正解か不正解かを確認するよう求められる。

これは、タレントプール(才能のある候補ソース)を構築するための応募者情報を取得する戦術のすてきな例です。

④チャレンジだけではなく面白いものも含めば十分

開発者は「パズル解く」に対して非常に高い標準を持っている。彼らにとってチャレンジであれば全て興味を持っているわけではない。

Linuxの作成者であるLinus Torvaldsは次のように説明している。

「トップの開発者たちはほとんど、名声やお金ではなく単に楽しみのために働いてる。プログラミングを通じて新しいものを作成することに興味を持っています。」

それでは、どのように興味深い課題を作成でるか? これは、すべての答えが主観的であるという質問だが、最も一般的な方法は、できるだけチャレンジを「隠す」ことだ。そういうやり事で参加者に驚きを与え、同時にだれがチャレンジを実際に気付けるかも分かる可能。

⑤IT言語での募集メッセージの伝達

才能のあるITスタッフとの深い関係を本当に理解して構築したい場合は、彼らが使用している言語を話す方法を学ぶ必要。 ThoughtSynth、LLCのコンサルタントであるEric Brownは、次のことを共有た:
「今日の開発者、特に非常に優れた開発者は、テクノロジーに多くの注意を持っている。 関心のある分野についての知識がない場合、個人的な関係を築くことはおろか、それらに到達することはできない可能性がある。」

ただし、コーディングの専門家 になる必要ない。 一般的なプログラミング言語の基本的な知識だけで十分。

IT言語を理解することにより、職務紹介の内容を正しく記述できる。さらに、基本的な知識があれば、応募者と現在と将来の仕事の方向性について話し合うことができる。 開発者たちは、IT言語について知識を持っている人と仕事の情報にやり取りすることに非常に興味を持っているだろう。

ITの基本的な知識を備えていると同じ職業の応募者にアプローチしやすい

ITの基本的な知識を備えていると同じ職業の応募者にアプローチしやすい

⑥適切な場所で適切な人

ほとんどの優秀な開発者はキャリアサイトに投稿している求人情報に注意を払わない可能性が高くなる。では、そういう応募者をどこで探すのか?
以下は適切な人が探す適切な場所についてのヒント

  • コミュニティテクノロジーのサイト(GitHubやStack Overflowなど)
  • テクノロジーフォーラム
  • 地域コミュニティの技術イベント

⑦ITに関心を持つ人々を引き付けるイベントを開催

テクノロジーイベントは、IT分野の応募者を引き付ける最も効果的な方法の1つだ。 潜在的な対象とアプローチする機会を持つことに加えて、会社の文化や人々を紹介できる。
一方で、そういうイベントには、開発者も大きな興味を持っているだろう。 なぜなら、同じような興味や情熱を持つ人々と出会い、つながり、学ぶことができるスペースを作るから。

2つの主なタイプの技術イベントがある:

・ライブイベント

これは、ターゲットとする人々と直接会うためのイベントのタイプだ。主題は、テクノロジーフォーラムでのホットトピックに関するディスカッションなど。または、開発コンステストやハッカソンのコンテストも開催できる。
このタイプのイベントを開催する最適な場所は自分の会社だ。 この方法でコスト削減することに加えて、会社の環境と文化に関する明るいスポットを紹介できる。

ONETECHは、HUTECH大学のIT学生向けの奨学金イベントに参加しました

ONETECHは、HUTECH大学のIT学生向けの奨学金イベントに参加しました

 ・オンラインイベント

応募者のリーチを拡大したい場合、webinaなどのグローバルなオンラインイベントの開催を検討するべきだ。

以下は、5月20日(水)エンジニア不足解消へ『はじめてのオフショア開発入門』オンラインセミナー(無料)を開催〜ベトナムからオフショアキックオフ会議を生中継〜

海外へのシステム開発外注をはじめて検討している、発注先を広げたい企業の方へ向けてオンライン形式で『はじめてのオフショア開発入門』セミナーを開催したします。

Onetechの『はじめてのオフショア開発入門』オンラインセミナー(無料

Onetechの『はじめてのオフショア開発入門』オンラインセミナー(無料

⑧応募者紹介プログラムの展開

企業は、優秀な従業員からの提案を通じて優れた応募者を見つけることができる。 ただし、明確的に応募者紹介プログラムがないと、従業員が知り合いを紹介したくない可能性がある。
従業員たちは、ボーナスを得れるか関係なく、会社及び応募者の能力に信じている理由で知り合いを紹介して決めただろう。 そのため、理想な会社にすることは優先の目的だ。

⑨開発者に連絡する方法はメールで

Stack Overflowのグローバル調査によると、約64%の開発者が個人のメールアドレスを介して求人情報や連絡先を受け取ることを好む。 また、ソーシャルネットワークを介した連絡方法は、効果が最も低いと評価されている。

概括

こんな時代では、才能のあるIT応募者を探して採用することは簡単ではない。 ますます厳しくなる労働市場での競争に打ち勝つには、正しい戦術などが必要。 上記のコツを最大限に活用して、良いテクノロジー雇用主になるようにしてみてください!

ベトナムAIエンジニア紹介とオンライン面接会のご提案

GROWUPJV(ホーチミン)は、ベトナム人材採用支援を提供している会社です。https://growupwork.com/client

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。