Linkedinで外国人エンジニアを採用するには?

現在、外国人エンジニアを獲得するためにSNSを活用している企業が増えてきています。SNSの中でもビジネスに特化したツールはLinkedinです。

このLinkedinで外国人エンジニアを採用するためにはどのようなことができるのでしょうか。本記事ではLinkedinの活用方法や実際の採用事例などをご紹介します。

人材採用にも役立つ、Linkedinとは?

Linkedinで外国人エンジニアを採用するには?

Linkedinで外国人エンジニアを採用するには?

Linkedinは世界で利用者が6億人を超えるビジネス特化型のSNSで、世界各国で利用されています。Linkedinの利用者は個人と企業が利用しており、新しい人材の発掘や情報収集が可能になっています。

ビジネスに関する情報をメインとして利用されているLinkedinの特徴をまとめてみました。

Linkedinの特徴

Linkedinの企業側目線と個人目線でそれぞれ特徴があります。本記事では特に企業側目線の特徴を3つご紹介します。

自社の求人情報を掲載できる

Linkedinの特徴

Linkedinの特徴

自社がどんな人材を求めているのかを掲載して、個人で利用している人に情報を届けることができます。自社の活動内容を転職しようと考えている層にむけてアピールすることで、企業に興味を持ってくれるチャンスを広げることができます。

Linkedinには「コンタクト」と呼ばれる、Facebookの「友達」、Twitter「フォロワー」などの他のSNSと同じようにフォロー機能があるのでリアルタイムに情報を届けたい人に届けることが可能になります。

また、自社のプロフィールを閲覧した人もわかるようになっているので、自社のビジネスに関わりのある人材が訪問したかどうかもわかります。そのため、ビジネスパートナーとなる可能性のある人とつながりを増やすことができます。

世界を対象に自社情報を発信してマーケティングに活用できる

Linkedinは世界に利用者が6億人を超える人が利用しています。そのため、自社の情報を企業ページで作成し、発信することによって自社のブランディングを行うことができます。外国人にもその情報は届けることができるため、海外ビジネスや外国人エンジニアに対してきっかけを作ることできます。

個人と企業のつながりが、Linkedinを通じてできるようになるため、従来になかったような方法で採用することが可能です。

採用したい外国人エンジニアに直接コンタクトをとることができる

Linkedinのつながり機能をつかって、日本人のエンジニアだけでなく、グローバルの市場から外国人エンジニアを採用することができます。企業に興味を持ってもらった人や採用したい人材に対して直接コンタクトをとることができます。

これまでは外国人エンジニアを採用する場合、時間とコストがかかっていましたが、企業と個人のお互いがLinkedin上で簡単につながることができます。そのため、外国人エンジニアを採用する場合、どういった経歴を持っているのかを事前にプロフィールから知ることができるため、採用までのハードルが下がります。

Linkedinを使用すると外国人エンジニアの採用が今までにない方法でできるのです。

現在、外国人エンジニアを獲得するためにSNSを活用している企業が増えてきています。

現在、外国人エンジニアを獲得するためにSNSを活用している企業が増えてきています。

Linkedinを使った求人の多い業種は?

Linkedinを使った求人の多い業種は
・販売
・事業開発
・マーケティング
・エンジニア
・IT
といった業種が特に多いです。特にIT業界は多く増加傾向にあります。

Linkedinはその他の業種も幅広く求人活動がおこなわれているため、さまざまな人材を求めていることがわかります。

Linkedinで外国人エンジニアを採用している5社の事例

Linkedinで外国人エンジニアを採用している5社の事例をご紹介します。

1. メルカリ

フリーマーケットサイト利用者No.1のメルカリです。2015年以降Linkedinを利用し、多くの外国人エンジニアを採用してきた実績があります。

メルカリでは採用する際に「共感」を大事にしており、Linkedinを利用することで求める人物像がマッチするケース多く、他のサービスでは出会う機会がない人にアプローチできました。

参考: https://www.slideshare.net/linkedinjapan/ss-55230495?sf15448853=1

2. エクスペディアホールディングス

旅行サイトを運営しているエクスペディアでは、Linkedinを使ったコンタクト機能で採用コストを削減するだけでなく、採用スピードをあげることに成功しました。

Linkedinは採用したい人材と直接やりとりがおこなえるため、人材紹介会社などの第三者を挟まないことにより素早くコミュニケーションが取れます。そのため、候補者の絞り込みが早くいったため採用コストを減らすことに成功しました。

参考: https://www.slideshare.net/linkedinjapan/expedia-holdings-case-study-jpn

3. 常石ホールディングス

国内外で採用活動をしている常石ホールディングスでは、Linkedinを利用することで、知名度が低くオンライン化が遅れている問題を解決することができました。

自社ページをLinkedinで発信することで、ターゲット層に会社の最新情報を届けることができ、半年程度で3000人以上のフォロワーを獲得し、自社のブランディング向上に成功しました。

参考: https://www.slideshare.net/linkedinjapan/ss-53181008

4. オムロン

ヘルスケアや電子部品など多岐にわたる事業を行っているオムロンは、2年間で外国人エンジニアを3人採用することに成功しています。Linkedinには職務経歴などが記載されているため、その情報をもとに人材に直接コンタクトをとり、キャリア採用につなげることができた事例があります。

参考: https://www.slideshare.net/linkedinjapan/ss-104971332

5. Panasonic

最後に、世界的に有名な電機メーカーのパナソニックです。海外のキャリア採用はする場合、スピードが重要になっています。そこで、素早いアプローチができるLinkedinを利用し優秀な人材の獲得に成功しています。

外国人エンジニアを獲得する際の採用ブランディングをlInkedin上で行えるため、採用実績が北米だけでなく、発展途上国などでもすすめられています。

参考:https://www.slideshare.net/linkedinjapan/panasonic-case-study20140301

Linkedinで外国人エンジニアの採用ができる可能性がある

上記の事例以外にも、Linkedinを利用し外国人エンジニアとコンタクトをとりスピーディに採用を行っている企業があります。

自社が求める人材と直接コミュニケーションがとれるため、スピーディーに効率を高めることができます。Linkedin以外の他の採用手段では、どうしても間に第三者が入ってしまうため、時間もかかるため、コストがかかってしまいます。

自社ブランディングを高めたい、優秀な外国人エンジニアとコンタクトをとり、採用してみようという場合は、Linkedinを利用してみる価値はあるでしょう。

ONETECHグループのGROWUPでは、ベトナム人エンジニアの採用支援をしております。GROWUPのリクルートエージェントがLinkedinやFacebookなどを利用してヘッドハンティングすることもあります。ベトナムではFacebookを利用して転職活動することも一般的です。LinkedinとFacebookでは、転職活動をしている求職者の属性も違うのでそれぞれを試してみるのも良いかと思います。

ONETECHグループのエンジニア不足を解消する3つのソリューション

ONETECHでは、短期的なシステム開発のリソース不足の解決のためベトナムオフショア 受託開発、ラボ開発を提供しています。
アプリ開発、システム開発のベトナムオフショア開発-ONETECH

ベトナムオフショア開発

ONETECHでは、短期的なシステム開発のリソース不足の解決のためベトナムオフショア 受託開発、ラボ開発を提供しています。

ベトナムでの拠点づくり

GROWUP JVでは、中長期的な人材戦略パートナーとしてのベトナムでの拠点づくり。駐在員事務所の設立、支社の設立、ONETECHラボ開発での御社社員の開発管理、会社運営のためのバックオフィス支援を提供しています。日本語教育、ビジネスマナー教育、I T教育などの支援も行っています。

GROWUPはJBAAに検定に合格した人材を積極的に日本企業へ紹介しております。
GROWUPWORK|ベトナム現地採用面接会に参加される企業様は登録無料です。!

日本でのベトナム人チームの構築支援

ベトナム人募集サイト「GrowUpWork」では、多くのベトナム人エンジニアと出会うことが可能です。ホーチミンでの面接会や、ジョブフェアでの大学との連携は非常に高い評価をいただいております。すでに「GrowUpWork」を通じて、優秀なベトナムI Tエンジニアの採用に成功している企業様、また日本で活躍しているベトナムI Tエンジニアも増えております。
GROWUP JVには、人材不足に備えるためのソリューションがありますので是非お気軽にお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。