不動産におけるVR(仮想現実)の活用事例をご紹介

VR(仮想現実)の活躍が注目されている分野として、ポピュラーなのが不動産の業界です。VRは新しい3D空間の体験技術であるだけに、多くの構造物を扱う不動産業界において、活用方法は広く検討されています。今回は不動産におけるVRの活用事例を、いくつかピックアップしてご紹介します。

不動産でのVR活用のメリット

日々多くの顧客を相手に空間を提供する事業を展開する不動産にとって、訴求力のあるコンテンツを用意することは大切です。

VRは2次元では伝わりづらい空間情報を、臨場感と立体感を伴って提供できます。写真ではわかりづらい微妙な間取りなど良し悪しも、VRを通じて正確に伝えられるため、多くの物件に興味を持ってもらえます。

不動産でのVR活用事例

すでにVRは不動産業界においても実践的な技術として採用されており、大手企業を中心に様々な取り組みが進んでいます。

不動産VR

不動産VRは、あらかじめ3Dモデルとして登録しておいた不動産を、VRで好きなように閲覧ができるサービスです。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着することで、まるでその部屋に訪れたかのような体験を得ることができます。建物だけでなく、建物の外のような周囲環境もCG360度カメラから得られたデータで生成されるので、臨場感のある体験を提供します。

最近では新規サービスとして、VR空間に家具を配置するという機能も実装しました。「かぐおくん」と名付けられたこちらのサービスを利用することで、新居における部屋作りのイメージを固めたり、インテリアショップの商品との連携ができたりといった使い方が期待できます。

早期販売シミュレーションfudosan-vr.jp

早期販売シミュレーション(Source: fudosan-vr.jp)

公式サイトhttps://fudosan-vr.jp/

SYMMETRY(シンメトリー)

SYMMETRYは、Symmetry Dimensions Inc.が提供しているVRシステムです。3DのCADデータを読み込ませるだけでVRデータが生成され、設計者から内覧者まで、多くの人が利用できる設計です。

SYMMETRYの最大の特徴は、VR空間で正確な計測やシミュレーションを実施できる点にあります。空間内部の間取りを計測したり、天井の高さや建物の大きさを測り、原寸大でありながら、まるでPCで操作しているような利便性の高さで実施できます。

また、室内の照明の具合や、日照のあたり方を正確にシミュレーションし、施工前のフィードバックを生み出すのにも役立ちます。これまでは建物が立って見なければわからなかったことも、VRによって感覚的に把握が可能です。

公式サイトhttps://symmetry-dimensions.com/jp/

KDDI えらべるVR: ガイドVR -12K-

KDDIが提供するこちらのサービスは、物理的な距離をVRで埋めるソリューションとして誕生しました。

ユーザーはHMDを通してリアリティのある12Kの高解像度画像でVR体験が可能となり、フォトリアルなシーンを原寸大で体験が可能です。

モバイル型のVRデバイスを採用しているため、高機能でありながら安価にVR体験ができ、全国でVR内覧会を手軽に行えます。

また、視点共有機能を有しているため、一人での閲覧はもちろん、複数人で同じ画面を共有し、意見を交換しながら物件の内覧を勧められるのが特徴です。

不動産物件の内覧】店頭接客時に利用すれば、現地に行かずとも物件の内見体験が可能に さらには遠隔利用もできるので、接客スタイルの幅が広がります

【不動産物件の内覧】店頭接客時に利用すれば、現地に行かずとも物件の内見体験が可能にさらには遠隔利用もできるので、接客スタイルの幅が広がります

公式サイトhttps://biz.kddi.com/service/other-services/eraberu-vr/vr12k/

Spacely(スペースリー)

Spacelyは360度カメラを用いることで、誰でも簡単にVRコンテンツを作成できるシステムです。VR映像は、特殊な機材やスキルがなければ撮影ができないとされてきたため、それらの活用は限定的でした。

しかしこのシステムを利用すれば、誰でもVRコンテンツを自由に作成、編集ができるため、さらなるVR運用の普及に貢献するでしょう。

すでに運用企業は2,000社を超えており、不動産業界においても活躍が目立っています。通信やカメラの技術に優れている大手企業だけでなく、個人や中小企業でもVRを手軽に活用したいという需要へ、ぴったり当てはまる魅力的なサービスです。

どこでもかんたんVR研修もスペースリー。

どこでもかんたんVR研修もスペースリー。(Source: corp.spacely.co.jp)

公式サイトhttps://corp.spacely.co.jp/

THETA 360.biz

リコーが提供するTHETA 360.bizは、クラウド上にVRコンテンツを保存し、活用できるシステムです。

RICOH THETAで撮影した360°画像をクラウドにアップロードすれば、そのままVRコンテンツとして提供できるという手軽さから、不動産業界においても注目を集めています。

また、撮影した360度の画像は加工を加えることもでき、よりリッチなコンテンツとして公開することも可能です。

専用アプリでスマホから簡単に編集し、アップロードできるという手軽さを備えているため、VRの活用ノウハウが全くないという現場でも活躍が期待できます。

AI機能を利用して、手軽に画像を編集し、そのまま商用画像として公開することも可能です。

THETA 360.biz 新機能「AI超解像」「AI明るさ補正」 (Source: theta360.biz)

公式サイトhttps://www.theta360.biz/

おわりに

空間を扱う不動産業界において、VRは非常に魅力的なテクノロジーです。すでに多くのVRサービスも登場しており、ユーザビリティも高まっていることから、気軽に導入が進められます。

今後も新しいサービスと技術によって、VRはますます普及していくでしょう。

ONETECHのVR会議システムのご紹介

VRオフィスシステム(バーチャル会議デモVER.3.0) Oculus Quest2対応

VRオフィスシステム(バーチャル会議デモVER.3.0) Oculus Quest2対応

VRオフィスシステム(バーチャル会議デモVER.3.0) Oculus Quest2対応

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間をアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。今後住宅業界、建築建設業回、不動産業界が応用できるようなシステムにしていきます。
ONETECHは、ベトナムオフショア開発でAR/VR関連の開発実績が多数ございます。AR、VR、XR開発、UNITY開発、3DCG制作でお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。