スマホアプリ開発においてクロスプラットフォームが人気の理由

スマホの多様性が生まれるとともに、アプリの開発現場においても多様性が求められることも増えてきました。

どんなスマホにも対応できるアプリを効率よく開発するため、クロスプラットフォームを開発環境に導入するケースも増えてきています。

クロスプラットフォームのアプリ開発が注目されるようになった背景や、そのメリットについてご紹介していきます。

スマホアプリ開発においてクロスプラットフォームが人気の理由

スマホアプリ開発においてクロスプラットフォームが人気の理由

 

クロスプラットフォームとは

クロスプラットフォームは、1つのOSに依存しないプログラムのことを指しており、様々
なスマホから同じアプリの利用が可能になる環境を言います。

 

OSにとらわれないアプリの開発

従来のアプリ開発というものは、特定のOSに依存するケースが一般的でした。

AppleやGoogleが推奨する開発言語(ネイティブ言語)は、彼らが提供するOSとの親和性が高く、様々な恩恵が受けられるために好んで開発者から採用されてきたのです。

しかし、現在は特定のOSに依存するアプリでは多様化するスマホ事情にキャッチアップできず、アプリ開発者にクロスプラットフォームの波が押し寄せているというわけです。

 

アプリ開発におけるクロスプラットフォームの種類

クロスプラットフォームの開発環境は主に3つに分けることができ、それぞれネイティブ型、独自レンダラ型、ハイブリッド型が存在します。

ネイティブ型はOS上でソフトウェアを管理するタイプで、高速処理と多機能性に優れます。

アプリ開発におけるクロスプラットフォームの種類

アプリ開発におけるクロスプラットフォームの種類

MicrosoftのXamarinが代表例に挙げられます。

独自レンダラ型は、その名の通り独自のレンダリングエンジンを備え、高い描画力を有しているのが特徴です。

世界で最も有名なゲームエンジン、Unityはこれに当てはまります。

ハイブリッド型は、HTML5などを活用するWebベースのツールで、まるでWebブラウザを扱っているかのような操作性が特徴です。

使用言語もHTML、CSS、JavascriptとWeb言語が並び、Cordovaは代表的なツールの1つです。

 

クロスプラットフォームアプリの開発が普及した背景

クロスプラットフォームアプリの開発が普及した背景としては、スマホのシェアの多様化と、ネイティブ言語による開発のコストの問題が挙げられます。

クロスプラットフォーム

クロスプラットフォーム

 

多様化するOSのシェア

日本では未だiPhoneシリーズがスマホ業界においては過半数のシェアを誇っていますが、国外に目を向けてみると必ずしもそうとは言い切れなくなってきています。

すでにアジアやアフリカにおいては、Androidのシェアが伸長しており、安価で高性能なスマホのニーズは新興国において増大しています。

一方、依然として高価ながらも絶対的なブランドの地位を確立しているiPhoneも欧米圏を中心に人気が高く、こちらのシェアも捨てがたいものがあります。

このようなシェアの均衡は、クロスプラットフォームの普及に大きく拍車をかけました。

 

ネイティブ言語によるアプリ開発のコスト問題

また、ネイティブ言語による開発は、コストが増大する傾向にあるという問題も注目されています。

ネイティブ言語で特定のOSに特化したアプリは、確かに機能性に優れてはいるものの、別のOSに対応させようとする際、様々な弊害をもたらします。

OSが変わると、そのOSに合わせてアプリを作り直さなければならず、動作テストなども含めて開発には時間も費用もかかります。

これを避けるため、クロスプラットフォームを前提とした開発が進められてきたのです。

スマホアプリ開発、iPhone、iOS

スマホアプリ開発、iPhone、iOS

IPHONEのスマホアプリ開発を未経験から始めるために必要なこと

 

クロスプラットフォームのアプリ開発がコストダウンにつながる理由

クロスプラットフォームアプリの開発がコストダウンにつながる理由としては、以下の2つが挙げられます。

 

柔軟な開発言語の採用

まずは、開発言語がOSに依存しなくなったため、自社のエンジニアにあった言語を採用できる点にあります。

もちろん、クロスプラットフォーム開発ツールにあった言語を選ぶ必要はあるものの、OSのネイティブ言語に依存する必要がなくなるのは選択肢の増加に繋がります。

エンジニアの採用に多様性が生まれれば、コストパフォーマンスを重視した人員の採用が可能になるでしょう。

 

アプリ運用の一元化

もう1つは、やはりアプリ運用に伴うコストダウンです。

前述のように、クロスプラットフォームを前提としたアプリ開発を進めていけば、新たに別のOSに対応させるための開発作業を挟む必要はありません。

アプリの運営保守に人員を割き、なおかつ一元管理が実現するので、運用コストは大きく削減できるでしょう。

おわりに

アプリのクロスプラットフォーム化は、現在主流になりつつある開発環境のアップデートと言えます。

ネイティブ言語による開発のメリットと、クロスプラットフォーム化のメリットをしっかりと比較検討し、運用を進めていく必要があるでしょう。

 

ONETECHのスマホアプリ開発

アプリ開発、システム開発のベトナムオフショア開発-ONETECH

アプリ開発、システム開発のベトナムオフショア開発-ONETECH

スマホアプリはソーシャルゲーム、ECサイト、動画サービス、SNSなど、私たちに魅力的なサービスが日々続々と発表され、日進月歩の技術革新によるモバイル機器の利用拡大やIoT・AIへの活用によって、今後もスマートフォンなどのモバイル端末は進化を続けていくことでしょう。

ONETECHはベトナムオフショアでスマホアプリ開発を行っています。クライアントはSIer、事業会社、広告代理店、デザイン会社など60社以上の実績。出版、流通、医療、エンタメ、ゲーム、運輸、物流、製造、建設、通信業界などへ多様なアプリを提供しています。

日本人コンサルタントが、企画から要件定義、開発、運用までスマホアプリ開発をサポートします。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。