SAP Fioriとは?注目の理由とその機能についてご紹介

SAP製品の導入、あるいは最新モデルへの移行が進む中、注目を集めているのがSAP Fioriと呼ばれるサービスです。ERP製品ではないものの、SAP S/4HANAなどの主力製品と同等に紹介される機会が増えているFioriは、どんな機能を備えているのでしょうか。

SAP Fioriとは

SAP Fioriとは?注目の理由とその機能についてご紹介

SAP Fioriとは?注目の理由とその機能についてご紹介

SAP Fioriは、2013年にSAPより発表された新しいユーザーインターフェース(UI)です。その機能性と先進性の高さから、多くの企業で注目されています。

SAP S/4HANAに実装されている優れたUI

SAP Fioriは単体で販売されている製品ではなく、SAP S/4HANAに実装されているUIです。Fioriとはイタリア語で花を意味する単語ですが、まるで花を想起させるような美しい仕上がりになっていることから、この名前が付けられました。

SAP S/4HANAに実装されている優れたUI

SAP S/4HANAに実装されている優れたUI

UXデザインに優れ、開発時間の短縮にも効果あり

花という意味の単語があしらわれているSAP Fioriですが、その名に恥じぬ機能性を備えていることも話題です。

設計者と開発者に最適化されたユーザーエクスペリエンス(UX)の提供に力を入れており、迅速な開発を促せる仕上がりとなっています。

従来に比べて大幅な回は時間の短縮も見込めるということで、フロントエンド開発においては80%のコスト削減効果が期待できると言われています。

SAP Fioriが注目される理由

SAP Fioriが今注目されているのにはいくつかの理由が考えられます。

導入が進むSAP S/4HANA

一つは、SAP S/4HANAの導入が各企業で進められている点です。これまでのSAPの主力製品といえば、SAP ERPでした。

しかし2025年にこの製品のサポートが終了するということで、それまでに導入企業は新しいERPパッケージへの移行が求められるようになっています。

そして、SAPがSAP ERPの移行先として推奨しているのが、SAP S/4HANAです。まだ登場から数年の新しい製品ですが、すでに数千を超える企業が導入を開始しているということで、さらなる躍進が期待されています。

SAP S/4HANAへの注目が高まる中で、その機能の一つであるSAP Fioriにも、自然と期待が膨らむようになっていったのです。

SAP GUIの課題を解消

SAP Fioriは優れたUIを提供するという点が強調されていますが、それはこれまでSAPが提供してきたSAP GUIの使いづらさを払拭する狙いもあるためでしょう。

SAP GUIは、少しでも多くの機能を使えることを目的としたインターフェイスでした。しかし多くの機能を利用することができた反面、情報量が多すぎるために、煩雑で使いづらいという意見も多かったのです。

そこでSAPは、機能面の重視からユーザビリティの重視へと、大きな方向転換を行いました。

SAP Fioriは、そんなGUIの課題をうまく解消した仕様に仕上がっています。直感的で、業務フローに最適化された設計となっているため、開発スピードの向上につなげられます。

またGUIの時代に比べ、ソフトウェア開発のプロセスにも大きな変化が見られます。

GUIに慣れたエンジニアには多少の苦労を強いることもあるかもしれませんが、長期的に見れば非常に効果的な変化であることを実感できるでしょう。

SAP Fioriの機能

豊富なアプリケーション

豊富なアプリケーション

ここで、具体的なSAP Fioriの機能についても見ておきましょう。

レスポンシブデザイン

SAP Fioriは、デスクトップだけでなくスマホやタブレットでの運用を踏まえ、レスポンシブデザインが採用されています。

最近ではリモートワークなどの影響により、オフィスのデスクトップだけでなく、タブレットなどを使って作業を行いたいニーズも生まれつつあります。

レスポンシブデザインで、スマートデバイス上でも快適に使える環境が整っていれば、外出先での確認にも困ることはないでしょう。

また、FirefoxやGoogle Chromeなど、好みのWebブラウザ上で動作してくれるというのもありがたい機能となっています。

オープンな開発環境

SAP Fioriでは開発者向けにライブラリと開発環境が提供されており、アプリ開発を迅速に行うことも実現しています。

豊富なテンプレートを使って、タイトなスケジュール下でも実装を進めていくことができるでしょう。

また、Fioriの使用言語はWebデザインでお馴染みのHTMLやJavascriptなどが採用されています。各企業のニーズに合わせて、デザインを自由に変えることができるのも、嬉しいメリットと言えます。

豊富なアプリケーション

SAP Fioriには製造や財務など、各役割に応じて1万ものアプリケーションが用意されています。
システム内の情報検索アプリや、勤怠管理・休暇申請を司るアプリ、KPIの分析と評価を行うアプリなど、細かなニーズに対応してくれるため、その用途は非常に幅広いと言えます。

おわりに

SAP Fioriへの注目度は、SAP S/4HANAの導入が進むにつれて高まっています。

SAP ERPからSAP S/4HANAの移行は着実に進行しており、SAP S/4HANAが持つSAP Fioriなどの新機能への注目も高まってきました。

移行前から各機能のメリットを正しく理解し、スムーズな運用を進めていきましょう。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。