クラウドサーバ監視ツールのZabbixならではの強みとは、システム監視の重要性

  • システムの多様化と複雑化が進み、システム監視の重要性はますます高まっています。
  • 近年、そんな監視ツール需要の高まりとともに注目を集めているのがクラウド監視システムですが、中でもZabbixはそのブランド力から導入実績は豊富です。

クラウド監視ツールの特徴や、Zabbixの強みについてご紹介していきます。

クラウドサーバ監視ツールのZabbixならではの強みとは、システム監視の重要性

クラウドサーバ監視ツールのZabbixならではの強みとは、システム監視の重要性

サーバー監視はオンプレミスからクラウドへ

サーバー監視をはじめとする監視システムは、これまでも運用が行われてきましたが、近年はクラウドへの移行も進められています。

 

オンプレミスとクラウドの違い

これまで、サーバー監視ツールなどはオンプレミス(物理サーバー)での運用が一般的でしたが、自社でハードウェアを持たない監視システムの構築が始まっています。

ライセンスで利用できるクラウド管理のサーバー監視ツールなどが使えるようになったことで、ハードの維持管理にかかる負担から解消される点は大きなメリットです。

コスト面での負担軽減はクラウドの強みですが、そのようなアドバンテージは保ちつつも、パフォーマンスの低下を考慮する必要はありません。

監視項目がクラウドへ移行したからといって変更されることはないため、安心してシステムの移行を検討することができます。

 

クラウドでサーバー監視可能なZabbix

そして外部のクラウド管理ツールの利用を検討する際、まず候補に入れたいのがZabbixです。

Zabbixが提供するシステム監視サービスは、クラウドの強みである工期と導入費用を抑え、速やかな移行を実現してくれる点を生かし、導入企業も豊富です。

統合監視が可能な環境の構築にも一役買ってくれるため、従来の監視環境に不満を抱えていた場合には、嬉しいツールとなってくれるでしょう。

クラウドでサーバー監視可能なZabbix

クラウドでサーバー監視可能なZabbix

 

クラウド統合監視ツール導入のメリット

ここで、クラウド型の統合監視ツール導入のメリットについても確認しておきます。

 

オールインワンの監視で設定作業負担を削減

クラウドで実現する統合監視環境は、設定作業が大きく軽減されるのが魅力の一つです。

これまでの監視ツールの場合、一つ一つの部門に応じた監視システムの導入が必要であったため、システム導入後の設定を指導で行う必要がありました。

別個でのシステム設定は多くの時間をかけることになるため、非効率な作業だったのです。

しかし、クラウド型の統合監視ツールを導入することによって、一つのシステムから全ての監視ツールを管理することが可能となり、その設定負担は大きく軽減されました。

オールインワンの監視システムで、迅速な導入とスムーズな管理が実現するというわけです。

 

監視負担の削減

また、統合型の監視システムは事前の設定作業だけでなく、当然日常的な運用においても良い影響をもたらします。

一つのダッシュボードで全ての監視ツールの様子を確認することができるため、システムごとに画面を切り替えるなどの手間は発生しません。

こういった小さな変化は、毎日の業務となると非常に大きな効果を発揮してくれます。

監視業務に必要な人員や時間も抑えることができるので、結果的にスリムな監視体制を実現することができるでしょう。

 

Zabbixならではの強みは?

そして、クラウド統合監視システムとして注目を集めているZabbixもまた、独自の強みを備えるシステムとして活躍しています。

Zabbixならではの強みは?

Zabbixならではの強みは?

 

オープンソースなので利用は無料

Zabbixの大きな特徴は、オープンソースである点が挙げられます。Zabbixは誰でも自由にダウンロードすることができ、無料での運用が可能です。

一般的な商用ソフトの場合、ライセンスのプランによって使用できる機能には制限があります。

しかし、Zabbixの場合はインストールさえしてしまえば全ての機能を自由に使うことができ、その上無料なので、高いコストパフォーマンスを備えています。

初めてのクラウド監視ツールの導入ということであれば、Zabbixを試さない手はないとまで言えるでしょう。

障害通知の発信や、データをグラフ化してダッシュボードで確認することができるなど、非常に機能性に富んでいる点も特徴です。

また、Webブラウザからもダッシュボードにはアクセス可能なので、緊急時には外から管理することもできます。

 

拡張性に富み、有料サポートの利用も可能

また、Zabbix上の監視データは外部ソフトウェアへの活用も可能で、自社オリジナルでインターフェイスを構築し、作業環境の構築を図ることも可能です。

Zabbix本体は無料ですが、それに付随するサービスは有料で提供されているケースもあります。

必要に応じて、委託したいサービスなどを気軽に利用できるのは覚えておいて損はないでしょう。

 

ONETECHでもZabbixでクラウドサーバ監視

ONETECHはシステムやソフトウェア、アプリ開発をベトナムオフショアで開発しています。また開発したシステムの運用保守業務も実施しています。保守体制、エスカレーションルート、緊急対応などをクライアント確認しベトナムオフショアで保守体制を構築します。
その際には、Zabbix やAmazon Cloud Watchを利用してクラウドサーバを監視しています。

Amazon-Cloud-Watchは、Amazonが公式に提供しているクラウド監視ツールの一種で、AWS上で動作しているサービスをモニタリングするのが役割です

Amazon-Cloud-Watchは、Amazonが公式に提供しているクラウド監視ツールの一種で、AWS上で動作しているサービスをモニタリングするのが役割です

おわりに

クラウド監視ツールの導入、および移行は着実に進み、多くの企業でZabbixをはじめとするシステムが活用されつつあります。

現在運用しているシステム監視ツールなどが抱える課題を見直し、コストパフォーマンスや移行期間に配慮しながら検討していくのが良いでしょう。

その他の関連記事:

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。