SAP S/4HANAへのマイグレーションの前に検討すべきポイント

SAP ERPは現在多くの企業で活躍している基幹システムですが、2027年にサポートの終了が予定されています。

サポート終了後のシステムを使い続けるリスクは大きく、多くのシステム担当者がSAP ERPから最新のSAP S/4HANAへの移行です。

SAP S/4HANAへの移行の際にはリビルドとマイグレーションという2つの以降手段がありますが、それぞれのメリット・デメリットに注目しながらご紹介していきます。

SAP S/4HANAへのマイグレーションの前に検討すべきポイント

SAP S/4HANAへのマイグレーションの前に検討すべきポイント

 

SAP ERPからS/4HANAへの移行の際に取るべき手段

まずは、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行手段であるリビルドとマイグレーションについて確認しておきましょう。

 

リビルド

リビルドは、新規にソフトをインストールし、一からシステムの構築をやり直すという方法です。

環境構築にあたっては現行のシステムをもとにデータを投入しますが、業務プロセスなどについては全く新しい環境で再構築する必要があります。

リビルドの場合は新しい技術やソフトとの親和性も高めることができ、SAP ES/4HANAの能力をフル活用することもできるでしょう。

 

マイグレーション

一方のマイグレーションは、既存のシステム環境をベースとしながら新システムへの移行を行うアプローチです。

リビルドとは異なり、現行のシステム環境をほぼそのまま新しい環境でも運用することが可能なのが魅力の1つです。

また、短期間での移行もマイグレーションでは可能で、その分コストも抑えることができます。

現行の環境に問題や不足がなく、手早く移行を進めたい場合には、マイグレーションが有効と言えます。

 

SAPのリビルドで発生するメリット・デメリット

SAP ERPからS/4HANAの移行にはリビルドとマイグレーションの2つがありますが、それぞれのメリットとデメリットについても見ていきましょう。

まずはリビルドの方からです。

 

現行環境の課題を踏襲した、優れたシステムの構築が可能

リビルドのメリットとしては、現行環境の問題点を洗い出し、それらを解決した新しいシステムの構築が可能になる点です。

SAP ERPの運用の際、構築時には問題にならなかった部分での不具合が表面化し、度重なるアドオン開発の中でバグが見られるようになるケースもあるものです。

現行環境をアップデートしsfc めお、相変わらず使いづらいシステムとなってしまう場合には、思い切ってシステムのリビルドを行うのが賢明でしょう。

以前のトラブルを一掃することができるだけでなく、SAP S/4HANAの新しい機能もフル活用しての環境構築が可能になります。

パフォーマンスの向上とともに、システム運用保守の効率化も図ることが出来ます。

 

コストが高く、導入には時間を要する

優れたメリットが魅力的なリビルドですが、難点としては多くのコストを要する点にあります。

当たり前ですが、システムを一から作り直すとなると、それだけ費用がかかることはもちろん、移行までにかかる時間も長くなってしまいます。

予算や時間に余裕がある場合は積極的なリビルドの検討でも問題ありませんが、時間的・経済的制限が多い中での移行となる場合、マイグレーションが賢明でしょう。

 

SAPのマイグレーションで生まれるメリット・デメリット

一方のマイグレーションについてのメリットとデメリットについても、ここで整理しておきましょう。

 

短期間・低コストでの実施が可能

前述の通り、マイグレーションの強みは何と言ってもコストパフォーマンスの高さです。

既存のシステムを流用する形で新しいシステムに臨むことができるため、移行にかかる期間が短く、費用も抑えることが出来ます。

また、現行のシステム環境にこれといった不満はなく、深刻なバグもないという場合も、その環境を維持して新システムを迎えることができます。

業務フローへの支障最小限度に抑えることができ、次の世代でも十分に活躍できるシステムとしてアップデートを遂げられるでしょう。

 

SAP S/4HANAの強みをフル活用しづらい

一方のマイグレーションのデメリットは、せっかく移行したSAP S/4HANAの強みをしっかりと活用できない点にあります。

例えばSAP S/4HANAではレスポンスタイムをゼロに抑えた驚きの処理速度を備えています。

また、SAP S/4HANAはクラウドプラットフォームとの親和性も高く、システムのクラウド化を進めていく上では重要な役割を果たします。

既存のSAP ERPからのマイグレーションでは、こういった最新モデルならではの恩恵が阻害されてしまう可能性もあります。

事前に自社システムのマイグレーションで喪失しかねないSAP S/4HANAのサービスについても、確認しておく必要があるでしょう。

 

おわりに

SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行にはリビルドとマイグレーションの二種類が存在し、それぞれで長所は異なります。

自社システムの移行に際し、どちらが最適な選択肢であるかをしっかりと検討しておきましょう。

 

 ONETECHのシステムマイグレーション

ONETECHではシステムのマイグレーションに対応しております。オフショア開発のメリットは、マイグレーションを進める上で壁となる、エンジニア不足やコストを克服できることです。

とくに機能開発ではなく新言語への書き換えなどは理解コストを抑えることができ効率よく低コストで対応可能です。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。