AWS入門-クラウド監視ツール「Amazon Cloud Watch」の強み

AWSを導入する企業は、国内外を問わず世界中で増加傾向にあります。世界で最も有名なクラウドサービスとも言えるAWSですが、このサービスを支えているのが監視ツールの「Amazon Cloud Watch」です。

Amazon Cloud Watchはどのような役割を果たし、他の監視ツールに比べて優れているのかについて、ご紹介していきます。

AWS入門-クラウド監視ツール「Amazon-Cloud-Watch」の強み

AWS入門-クラウド監視ツール「Amazon-Cloud-Watch」の強み

Amazon Cloud Watchとは

Amazon Cloud Watchは、Amazonが公式に提供しているクラウド監視ツールの一種で、AWS上で動作しているサービスをモニタリングするのが役割です。

 

AWSのリソースを監視

監視ツールが果たすべき役割は主に二つありますが、一つ目はリソースの監視です。

リソースの利用率をリアルタイムでモニタリングし、適切なリソース配分をAmazon Cloud Watchは管理者に促してくれるので、安心のAWS運用を実現することができます。

CPUやメモリの利用状況はもちろん、利用料金もリアルタイムで表示してくれるので、効率的なAWS運用には欠かせないサービスとなります。

導入のための複雑な作業は発生しないので、すぐに活用できるのも嬉しいところです。

 

サーバーの監視

監視ツールの二つ目の役割は、サーバーの監視です。システムがダウンしてしまうリスクはどんなサービスも抱えており、発生リスクは最小限に抑えたいものです。

そこで、監視ツールの導入によってサーバーの状況を常に監視し、システムに異常がないかを検知することが必要です。

そしてAmazon Cloud Watchは、システム異常を検知するための機能、サーバーが正常に稼働しているかどうかを確認するための機能の両方を備えています。

これらを活用し、さらに安定したシステムの実現を目指すことができるでしょう。

 

Amazon Cloud Watchの特徴的な機能

Amazon Cloud Watchの特徴的な機能としては、以下の点が挙げられます。

Amazon Cloud Watchの特徴的な機能-ACW-Overview

Amazon Cloud Watch Overview

 

ダッシュボードで統合管理を実現

Amazon Cloud Watchは統合管理を実現するダッシュボードを備えており、これを見るだけで稼働状況を確認することができます。

従来の監視ツールの場合、システムごとに監視ツールが異なり、幾つもの管理画面を参照しなければ状況を把握できないということもありました。

しかしAmazon Cloud Watchにおいては全ての監視ツールが一箇所に整理されているため、こういった手間が生じてしまうこともありません。

ステータスはグラフ表示でわかりやすく表示されるので、一目で状況を確認できるのも嬉しいところです。

 

詳細な通知で迅速な対応が可能に

また、Amazon Cloud Watchは何らかの異常を検知した際、迅速に管理者へ通知を送ってくれるのも特徴です。

あらかじめ異常検出のしきい値を設定しておくことで、正常な値を把握し、モニタリングを行います。

メールなどによる迅速なアクションを実現し、少しでも早い問題解決を目指すことができます。

 

Amazon Cloud Watchの強み

クラウド監視ツールはいくつもありますが、Amazon Cloud Watchならではの強みが豊富であるのも見逃せないポイントです。

Amazon Cloud WatchはAWSに標準装備のクラウド監視ツールということもあり、AWSを採用している際には他に選択肢はないほどの強みを発揮します。

Amazon Cloud WatchはAWSに標準装備のクラウド監視ツールということもあり、AWSを採用している際には他に選択肢はないほどの強みを発揮します。

 

AWSとの親和性に優れる

Amazon Cloud WatchはAWSに標準装備のクラウド監視ツールということもあり、AWSを採用している際には他に選択肢はないほどの強みを発揮します。

クラウド監視ツールにはオープンソースのモデルが利用されることも多いのですが、AWSを導入しているとなると話は別です。

環境設定など導入に伴う負担が小さいため、AWSユーザーがわざわざAmazon Cloud Watch以外の監視ツールを外部から導入するメリットも小さいと言えます。

無料プラン、有料プランの選択も可能で、従量課金も採用されているため、利用スケールに応じた運用ができるのも嬉しいところです。是非活用していきましょう。

 

メトリクス収集

メトリクスとは、AWSの監視に伴うパフォーマンスを数値化したものです。

メトリクスを活用することで、AWS運用のステータスを一目で把握することができ、管理者の負担軽減に努めることが出来ます。

監視項目が多くとも、メトリクスから生成されたグラフなどであれば、複雑な分析を挟む必要がなくなり、負担軽減につながります。

 

高度な分析機能

Amazon Cloud Watchで計測されたメトリクスデータは、最大15ヶ月の間保存され、利活用することが出来ます。

そのため、長期的な分析を行う際にもメトリクスデータを引用し、未来予測なども正確に立てることが可能となっています。

外部データなどと掛け合わせることで、ピンポイントで高度な分析を実現し、システムの改善にもつなげられるでしょう。

リアルタイムのモニタリングが可能な点を活かし、障害予防に必要な打ち手の検討と、施策の実施をすぐさま行うことにも応用ができます。

 

ONETECHでもAmazon Cloud Watchでクラウドサーバ監視

Amazon-Cloud-Watchは、Amazonが公式に提供しているクラウド監視ツールの一種で、AWS上で動作しているサービスをモニタリングするのが役割です

Amazon-Cloud-Watchは、Amazonが公式に提供しているクラウド監視ツールの一種で、AWS上で動作しているサービスをモニタリングするのが役割です

ONETECHはシステムやソフトウェア、アプリ開発をベトナムオフショアで開発しています。開発したシステムのサーバはAWSを選択されることが最も多いです。また開発したシステムの運用保守業務も実施しています。保守体制、エスカレーションルート、緊急対応などをクライアント確認しベトナムオフショアで保守体制を構築します。
その際にAWSを選択した場合はAmazon Cloud Watchを利用してクラウドサーバを監視しています。

 

おわりに

Amazon Cloud Watchの運用は、AWSの導入事例の増加に伴い進みつつあります。

クラウドサービスの活用は、監視ツールとの併用によって真価を発揮します。監視ツールの活用と人員の配置によって、効果的なシステム運営を続けていきましょう。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。