【2020年最新】外国人労働者の雇用状況を紹介!

  • 年々、日本で働く外国人労働者は増えつつあり、それに伴い外国人を雇用する企業も増えてきています。
  • このような流れもあり、これから外国人を雇用しようと考えている企業の採用担当者の方もいるのではないでしょうか。
  • 実際、最近では外国人採用に積極的に踏み切る企業も出始めており、今後のグローバル社会を勝ち抜くためには、外国人労働者を活用できるかは大切です。

この記事では、最新の外国人労働者の雇用状況や事業者の状況、都道府県別のデータについて紹介します。

【2020年最新】外国人労働者の雇用状況を紹介!

【2020年最新】外国人労働者の雇用状況を紹介!

 

令和元年おける外国人社員の雇用状況

厚生労働省が、令和2年1月に発表した「外国人雇用状況」の届出状況によると、令和元年10月末時点で、外国人労働者を雇用している事業所数は24万2608ヵ所(対前年同期比12.1%増)で、外国人労働者数は165万8804人(同13.6%増)だったことが分かりました。

外国人労働者を雇用している事業所数、外国人労働者数共に、平成19年に外国人雇用状況の届出が義務化されてから、過去最多の数値をしました。

外国人雇用の届け出制度は、雇用対策法に基づいて、全ての事業主に外国人労働者の雇用、離職時に、氏名や在留資格、在留期間などを確認し、ハローワークへ届け出ることを義務付けています。

 

外国人労働者が増加している要因は、以下の通りです。

  • 政府が促進する高度外国人材や、留学生の受け入れの進展、雇用情勢の改善が着実に進んでいること
  • 「永住者」や「日本人の配偶者」などの身分に基づく在留資格者の就労が増加していること
  • 技能実習制度の活用の進展等が背景にある

 

外国人労働者の届出状況のポイント

外国人労働者の届出状況がどうなっているのか、詳しく見ていきます。

現在、外国人労働者数は1,658,804人で、前年同期比198,341人、13.6%の増加(平成19年に届出が義務化されて以降、過去最高を更新)しています。

外国人労働者を雇用する事業所数は242,608か所で、前年同期比26,260か所、12.1%の増加(平成19年に届出が義務化されて以降、過去最高を更新)しています。

国籍別では、中国が最も多く418,327人(外国人労働者数全体の25.2%)。

次いで、ベトナム401,326人(同24.2%)、フィリピン179,685人(同10.8%)の順に増加しています。

対前年伸び率は、ベトナム(26.7%)、インドネシア(23.4%)、ネパール(12.5%)の準に高い数値になっています。

在留資格別では、「専門的・技術的分野の在留資格」の労働者数が329,034人で、前年同期比52,264人、18.9%増加しています。

また、永住者や日本人の配偶者など「身分に基づく在留資格」の労働者数は531,781人で、前年同期比36,113人、7.3%増加しています。

 

 

都道府県別の状況

次に、都道府県別の状況を見ていきます。

 

労働者数が多い上位3都府県

労働者数が多い上位3都府県は、以下の通りです。

  • 東京 485,345 人 [前年同期比 10.6%増]
  • 愛知 175,119 人 [前年同期比 15.5%増]
  • 大阪 105,379 人 [前年同期比 17.0%増]

 

増加率が高い上位3県

労働者数の増加率が高い上位3県は、以下の通りです。

  • 奈良 5,563 人 [前年同期比 35.2%増]
  • 沖縄 10,314 人 [前年同期比 26.7%増]
  • 青森 3,901 人 [前年同期比 24.4%増]

 

事業所数が多い上位3都府県

外国人労働者を雇用している事業者数が多い上位3都府県は、以下の通りです。

  • 東京:64,637 か所 [前年同期比 9.8%増]
  • 大阪:19,387 か所 [前年同期比 11.2%増]
  • 愛知:17,654 か所 [前年同期比 16.6%増]

 

増加率が高い上位3県

外国人労働者を雇用している事業者の増加率が高い上位3県は、以下の通りです。

  • 奈良:1,102 か所 [前年同期比 22.9%増]
  • 沖縄:1,941 か所 [前年同期比 22.0%増]
  • 宮城:2,268 か所 [前年同期比 20.6%増]

 

引用:厚生労働省

 

事業所規模別の状況

次に、事業者規模別の状況を紹介します。

「30 人未満事業所」が最も多く、事業所全体の 59.8%、外国人労働者全体の 35.4%を占めています。

事業所数は、どの規模においても増加しており、特に「30 人未満事業所」では、前年同期比で14.0%の増加であり、最も大きな増加率です。

 

産業別の状況

次に、産業別の状況を紹介します。

外国人労働者、外国人労働者を雇用する事業所ともに、「製造業」が最も多いです。

「製造業」は、外国人労働者数全体の 29.1%、外国人を雇用する事業所全体 の 20.4%を占めています。

「建設業」や「卸売業、小売業」、「医療、福祉」の構成比は外国人労働者、外国人労働者を雇用する事業所ともに増えています。

 

派遣・請負の状況

次に、派遣・請負の状況を紹介します。

現在、外国人労働者を雇用している事業所のうち、労働者派遣・請負事業を行っている事業所数は18,438 ヵ所(事業所全体の 7.6%)、前年同期比で 562 ヵ所 (3.1%)増えています。

また、労働者派遣・請負事業を行っている事業所に就労している外国人労働者数は338,104 人(外国人労働者全体の 20.4%)、前年同期比で 28,634 人(9.3%) 増えています。

 

GROWUPはベトナム人ITエンジニアを紹介

ONETECHグループのGROWUPJVはベトナム人IT人材を日本企業へ紹介しています。コロナ前までは毎月日本企業1、2社にホーチミンにお越しいただき面接会を開催していました。昨年は20名ほどの優秀なITエンジニアが日本に就職しました。コロナ禍の中では弊社のGROWUPWORKに登録いただいている日本在住のベトナム人ITエンジニアの紹介も行っております。

通年採用のイメージ(新卒、即戦力、インターンシップに対応)

通年採用のイメージ(新卒、即戦力、インターンシップに対応)

 

まとめ

最新の外国人労働者の雇用状況についてまとめました。

日本で働く外国人が、全体的に見ると増えているのは良いことです。

そして今後、日本がグローバル社会で勝ち抜くためには、外国人を雇用して、日本人と一緒に力を合わせて働くことがより重要になってくるでしょう。

まだ外国人を雇用したことがない企業は、今後検討してみてはいかがでしょうか。

 

ONETECHグループでは、主に3つのソリューションを提供しています。

アプリ開発、システム開発のベトナムオフショア開発-ONETECH

Onetech Asiaはオフショア開発サービス提供。 ベトナムでプロのブリッジエンジニアのチームを作って開発しています。

Onetech Asiaオフショア開発サービス提供。 ベトナムでプロのブリッジエンジニアのチームを作って開発しています。

 

  • ベトナムオフショア開発

ONETECHでは、短期的なシステム開発のリソース不足の解決のためベトナムオフショア 受託開発、ラボ開発を提供しています。

 

  • ベトナムでの拠点づくり

GROWUP JVでは、中長期的な人材戦略パートナーとしてのベトナムでの拠点づくり。駐在員事務所の設立、支社の設立、ONETECHラボ開発での御社社員の開発管理、会社運営のためのバックオフィス支援を提供しています。日本語教育、ビジネスマナー教育、I T教育などの支援も行っています。

GROWUPWORK|ベトナム現地採用面接会に参加される企業様は登録無料です。!

GROWUPWORK|ベトナム現地採用面接会に参加される企業様は登録無料です。!

 

  • 日本でのベトナム人チームの構築支援

ベトナム人募集サイト「GrowUpWork」では、多くのベトナム人エンジニアと出会うことが可能です。ホーチミンでの面接会や、ジョブフェアでの大学との連携は非常に高い評価をいただいております。すでに「GrowUpWork」を通じて、優秀なベトナムI Tエンジニアの採用に成功している企業様、また日本で活躍しているベトナムI Tエンジニアも増えております。

GROWUP JVには、来たる人材不足に備えるためのソリューションがありますので是非お気軽にお問い合わせください。

Websitehttps://growupwork.com/client

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。