メタバース • 仮想世界の発展におけるVR・AR・XRの重要性

Metaverse (メタバース)は新しい概念ではありませんが、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)Facebookを「ソーシャルメディア企業」から「メタバース企業」に舵を向けると発表したことにより、この数か月間で瞬く間に普及しテクノロジーの世界に衝撃を与えました。Facebookは、VRテクノロジーによる将来の方向性とこの分野での研究に投資すると発表しました。Facebookがあえてそのような発言をするのは偶然ではありません。 ブロックチェーンAI3DCGIoT、特にXR(VR / AR / MR)が、メタバースの基盤となり仮想世界を構築する準備が整ったのです。Metaverse và tầm quan trọng của VR/AR/XR trong việc phát triển vụ trụ ảo

メタバース • 仮想世界の発展におけるVR/AR/XRの重要性世界をリードするテクノロジー企業の多くがこのレースに参加しています。Facebookは彼らの強い決意を示して最も注目を集めているようです。もちろん、メタバースにはまだ多くの懐疑論とリスクが含まれています。この仮想世界の開発におけるメタバースとVR/AR/XRの重要性について次の記事で考察していきます。

XRがメタバースの基盤技術である理由

Metaverse は、「仮想世界」として簡単に理解および翻訳されます。

  • 世界: 相互作用し、発展する自由とともに、無制限の広大さを表現します。
  • 仮想: それは現実世界の一部を反映しているかもしれませんが、それでも仮想であり、現実世界の既存の技術を通してデジタル化されています。 今日最もホットで最も可能性のある仮想世界を体験するテクノロジーは、VR/AR/MRデバイスです。このテクノロジーには現在、競合ライバルはありません。

したがって、メタバースの名前と現在の定義から、この仮想世界に対するXR(VR/AR/MR)の密接な関係と重要性を確認できます。 XR(VR/AR/MR)は、メタバースの基本的なテクノロジーの1つです。

メタバースにおけるXR の役割

XR-là-gì

XR (VR/AR/MR) とは!

XR (Extended Reality) – 拡張現実、これはおそらく今日最も話題になっているメタバーステクノロジーの形式であり、XRはVR/AR/MRの包括的に表す略語です。XRには、ウェアラブルデバイス(VRグラスまたはVRヘッドセット)を使用通して、物理的な世界とデジタルの世界をつなぐことが含まれます。拡張現実を使用すると、仮想世界に入り、コミュニティ内の3Dアバターと対話できます。

バーチャルリアリティ(VR)はメタバースの仮想世界に完全に私たちを連れていきその世界を体験させます。ARとMRはそのメタバース仮想世界を現実世界と統合するのに役立ちます。 また、複合現実(MR)と拡張現実(AR)を利用して、デジタルコンテンツを現実の世界に持ち込みあらゆるものとのやり取りの方法を変えることができます。

メタバースにおけるXRの典型的な例

映画におけるメタバース

エンターテインメントシネマの世界では、メタバース関連のテーマを持つ多くの映画が、現実世界の人々が仮想世界に侵入して接続するのを支援するXRと同様のデバイスに関連しています。

  • The Matrix: 映画「マトリックス」では、人間の脳と接続して仮想世界に移動できるコンピューター技術を見ることができます。
  • Avatar: 複雑なバイオの組み合せのテクノロジー装置を通じて、障害のある元海兵の心が、若いアボリジニの男性の体の中で彼のアバターを制御し、彼が遠くの惑星に生息する青い肌のアボリジニの種族に潜入するのを支援します。
  • Tron – Legacy: コンピューターシステムがアクティブになると、映画の主人公であるサムが仮想世界のネットワークに移動します。そこでは、父親は自分が作成した人工知能の中に20年以上閉じ込められています。
  • Ready Player One: Ready Player One は、「メタバースとは何かを説明する」映画と見なされており、今日のバーチャルリアリティテクノロジーに最も近いものをシミュレートしています。人間が完全に仮想世界に入るのを助けるデバイスとソフトウェアを使っています。

ゲームにおけるメタバース

現在でも、ほとんどの専門家はゲーム環境をメタバースの「出発点」と見なしています。並外れた規模のメタバースゲームがいくつかあり、ゲームは今日の若い世代と大人の世代の間で主流の消費者行動になりつつあります(米国の成人の約59%がゲーマーとして識別されています)。

Mô trường game được coi là “điểm khởi đầu” của metaverse - Nguồn ảnh: Decentraland metaverse

ゲーム環境をメタバースの「出発点」と見なしてる– ソース: Decentraland metaverse

ゲームは、私たちがデジタルの世界に没頭し、場所に制限されていないコミュニティに参加することを奨励したため、メタバースにとって素晴らしい環境でした。 ゲームは、消費者が体験し、従事するためのユニークな体験を提供してきました。これは、パンデミックによって私たちが直接体験できる交流やユニークな体験の数が減ったため、過去数年間でますます一般的になっています。

ゲーム環境には、ARVRなどの新しいテクノロジーの開発とテストに最適なランドスケープであるという追加の利点もあります。これらのデバイスを通じて、プレイヤーはますます現実的で詳細な体験をする夢の中に運ばれます。

メタバースでソーシャル体験

デジタルコミュニティは、メタバースの外に長い間存在してきました。インターネットの黎明期からです。私たちは、オンラインフォーラムやソーシャルネットワーキングプラットフォームから、他の人々とつながるためのビデオゲームまで、多くのデジタルソーシャルエクスペリエンスに参加してきました。 社会的経験は、特にパンデミック以来、メタバースの最も認識可能な形態です。

社会的距離と行き詰まりの時代に、私たちの多くは人間のつながりを再現するためにデジタルの世界に目を向けてきました。愛する人や同僚とのコミュニケーションは、ゲーム環境からバーチャルリアリティハブまで、複数のプラットフォームにわたってオンラインで行われるようになりました。

過去数年間、EpicGamesのような企業は、人々が「パーティーロワイヤル」モードで友達と簡単に時間を過ごすことができる環境を導入してきました。Animal Crossingは、仮想シグナルや、プレーヤーのための結婚式まで展開し始めました。「Robloxバースデーパーティー」のようなものでさえ、物理的にそうしていなくても、人々が他の人とつながることを可能にする重要なトレンドになっています。

メタバースでイベント体験

多くのイベント主催者にとって、メタバースは、ライブイベントが不可能になった世界で人々をつなぐための重要なツールです。顧客は、VRでNFLゲームをライブで視聴したり、仮想展示を探索したり、遠くから国立歴史博物館を見学したりできます。私たちはFortnight でコンサートやワールドプレミアを見ました。

メタバースの仮想イベントは、将来の消費者だけのものではありません。多くの専門家グループもこのテクノロジーを利用しているのを見ることができます。将来のメタバースメディア体験は、仮想世界でのデジタルツインイベントとの対面の相互作用を組み合わせて、会議スペースに到達できない人々のためのより没入型の体験を作成します。

CEEKVRは、仮想エンターテインメントプロジェクトであるエンターテインメントメタバースプラットフォームに分類されます。このプロジェクトは、デジタルコンテンツの作成者、音楽アーティスト、アスリートを仮想世界のファンと直接結び付けています。CEEKのバーチャルリアリティヘッドセットとアプリを通じて、参加者はバーチャルコンサートに参加したり、VRゲーム、バーチャルドキュメンタリーなどにアクセスしたりできます。特に、CEEKVRはUniversalMusicGroupとも連携しており、LadyGaga、KatyPerry、U2、TheKillerなどのスターのライブパフォーマンスを視聴できます… CEEKのZiggy Marley & Bob Marleyの記念式をリリースことは24時間で940万回の視聴を獲得し、最も視聴されたライブストリームになりました。

メタバースイベントの将来は、リモートでイベントエクスペリエンスに完全に参加し、他のイベント参加者と対話し、リアルタイムでアイテムを購入し、さらには将来接続したい人々と情報を共有することを可能にします。

メタバースでショッピング

将来におけるメタバースの最大の創造の1つは経済の創造です。デジタルおよび実店舗のブランドが、仮想現実や拡張現実から新しいデジタル資産を配信しあらゆるものを通じて顧客と対話しています。

過去数年間でファッション小売業者のメタバースは大きな飛躍を遂げました。Burberryは日本のElleDigitalと提携して、顧客が自分の店のデジタルバージョンを閲覧して買い物できるようにしています。DressXは、顧客がアバター用のデジタル服をオンラインで試着して購入できるようにすることで、衣料品の買い物の概念を変革しました。

潜在的な買い物客は、仮想的に製品を選択し、ラベルを読み、仮想の仲間と話し、カートに商品を入れることができます。しかし、目標は単にインタラクティブなものを作成することではありません。ウォルマートは、小売業でVRの可能性を示しながら、競合他社に先んじる試みを始めました。

WalmartのMetaverse世界での仮想ショッピングを紹介するビデオ– VR Virtual Shopping

デジタル経済と物理経済の相互作用が大幅に成長しています。人々が仮想環境で物理的な商品を購入できるようにするeコマースエクスペリエンス。不動産会社はバーチャルリアリティを使用して、購入する前に人々に家を見せることができます。旅行代理店は、買い物客に休暇体験を提供します。

バーチャルリアリティ(VR)を利用すると、ユーザーはスーパーマーケットやショップ、ショールームに行ってより良い製品を体験し、デジタル現実と物理的現実の間の認知的ギャップを埋めることができます。人、物、風景の仮想バージョンにより、まったく新しい環境を探索し、誰もが簡単に体験にアクセスしやすくなります。

メタバースで動画視聴

Youtube–Googleが所有する世界最大のビデオウェブサイトは、2016年からバーチャルリアリティビデオをサポートしています。最近(2022年2月10日)YouTubeは、彼のビデオのプラットフォーム上でメタバース体験の作成を開始すると発表しました。

その前に、Googleは2014年にCardboardバーチャルリアリティプラットフォームをリリースしました。2013年には、のちに非常に批判されましたが、拡張現実デバイスであるGoogleGlassをリリースしました。しかし、同社はメタバースの計画の実行において競合他社に遅れをとっています。Googleには独自のVR/AR研究部門がありますが、この分野のデバイスの計画は発表していません。

Theta(THETA)は、ストリーミングビデオ用に構築されたブロックチェーンを利用したネットワークです。シータは、ユーザーがピアツーピア(P2P)ベースで帯域幅とコンピューティングリソースを共有する分散型ネットワークとして動作します。シータのApp(分散型アプリケーション)を通じて、スポーツ、スポーツ、エンターテインメント、教育に関連するコンテンツプロバイダーは、コンテンツを最も効率的かつ最適に配信できます。 THETAは、今日最も有名な360度ビデオ機器のメーカーでもあります。360度カメラで撮影された動画を使用すると、VRデバイスを使用する視聴者は、従来の動画に依存したり固定されたビューポートを使用したりすることなく、動画のさまざまな視点を自由にタイムラプスで視聴できます。

メタバースでビジネス活動

メタバースでの活動は、没入型で、アクセスが容易であり、オープンマインドなメタバースの性質により、人間の重要な相互作用を再現するのに最適です。ただし、これらのやり取りは娯楽や社交イベントを超えて広がる可能性があることに注意してください。職場の新しい未来に向かって動き始めている企業は、メタバースがビジネスにどのように影響するかについても検討しています。

多くのビジネスメタバースアプリは、ツアー、会議、プレゼンテーション、デモなどの既存のツールの拡張バージョンとして始まります。たとえば、企業は信じられないほどの仮想環境を作成できます。製品のデモンストレーション、アイデアのテスト、同僚とのアイデアの交換に驚かされます。職場でのバーチャルリアリティ会議室とMRおよびARで強化されたインタラクションはますます人気が高まっています。

Metaverseはまた、職場でのオンライン学習とトレーニングのためのより素晴らしい機会を生み出し、人々の新しいスキルと能力を構築できるユニークな体験に足を踏み入れることを可能にします。仮想ランドスケープの作成も確認できます。人々は、オフィスの内外を問わず、作業を改善するためのツールに簡単にアクセスできます。

マイクロソフトは2010年以来、HoloLensと呼ばれるMRデバイスの開発に投資してきました。これは、リモート会議でのトレーニングや仮想インタラクティブデモンストレーションで高く評価されています。Facebook(Meta)Horizonは、VRデバイスを介した仮想的な作業方法を提供することを目的としたアプリケーションです。

終わりに

XR(VR/AR/MR)は、メタバースの最も重要なテクノロジープラットフォームの1つです。その重要性は、メタバースの背後にあるバックエンドプラットフォームです。XRのハードウェアとソフトウェアによってメタバースは人々の物理的制約を取り払い、人々が持つ新しい能力を気付かせることになるでしょう。

■XR開発に特化したベトナムオフショア開発企業 ONETECH

ONETECHは、XRに特化した開発会社です。
VR/AR
コンテンツ開発を始めさまざまなシステム開発アプリ開発ソフトウェア開発をベトナム オフショアで開発しています。ベトナムのXRトップ企業として紹介されています。

2015年の創業から上場企業からスタートアップ企業までお客様100社以上の300以上のプロジェクトに関わってきた豊富な開発実績があります。

ONETECHはUNITYAR/VRアプリの開発
AR/VR/MR
開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。

VR開発:ベトナムでのVR開発分野において最も開発実績のある企業の一つとなっています。

AR開発ARkitARcoreなどを利用して多数のアプリ開発、Babylon.js8thWallなどでのWebAR開発実績がございます。

UNITY開発ONETECHUNITYを利用し様々なVR開発AR開発、アプリ開発をしています。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Pico/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

ホロレンズ開発:ベトナムで最も多くのHoloLens開発実績のある企業の一社です。

WEBXR開発WEBXRは、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)および混合現実(MR)をWebブラウザで利用するための技術スタンダードです。ユーザーは、特別なアプリをダウンロードすることなく、多様なデバイスで豊かな3Dコンテンツを体験できます。

CG制作:製品やゲームのアセット、業務用の映像などの3DCGコンテンツの3DCG制作(モデリング・アニメーション・レンダリング)をエンジニアと連携しながらワンストップで受けることが可能です。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MR
アプリ開発、AI開発、3DCG制作、HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談・お問い合わせ
ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談・お問い合わせ
    ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
      無料相談
      お問い合わせ