nguyendh

2019年学生向けビジネスフェスティバル

先週の日曜日、ホーチミン市自然科学大学のキャンパスで、学生向けの特別なイベントがあった。 GrowUpWorkは、学生向けビジネスフェスティバルに参加し、多くの若者と出会い仕事などの機会に関する有益な交流をした。   ホーチミン市自然科学大学での2019年の学生向けビジネスフェスティバル【GrowUpWork】 近年、ますます教育機関と企業の共同活動が大規模に開催されている。 特に、大学では学生に多くの価値をもたらす非常に有用で実践的な活動のひとつだ。そのような活動を通じて、学生は品質と量の両面で今後の労働市場の概要を把握できる。 学生と企業を結びつけることの利点は数多くあり、もたらす価値も小さくない。 2019年の学生向けビジネスフェスティバルに参加した学生 今回、2019年の学生向けビジネスフェスティバル「Challenge the challenges」でGrowUpWorkはホーチミン市自然科学大学にいった。 このイベントに参加することは2度目で、学校の主催者からはいつも懇切丁寧にサポートをもらい、学生たちの状況を見ることに興奮している。そのため、毎年フェスティバルの組織がますます大きくなり、企業や学校内外の生徒も熱気にあふれていた。   2019年の学生向けビジネスフェスティバルのGrowUpWorkブース 公式フェスティバルが始まる前に、すでに生徒たちは校庭に集まった。各ブースは鮮やかな装飾でフェスティバルを楽しく彩った。 また今回、GrowUpWorkはホーチミン市自然科学の学生が選択できしやすいように、さまざまな職業上の要件と福利厚生などの条件を準備し多くの雇用機会を紹介した。日曜日の朝の明るい日差しの下で、生徒たちはブースに立ち寄って就職情報を熱心に確認し、スタッフたちと情報を交換して自分の専門能力や将来の職業とのマッチングをしていた。   GrowUpWork情報技術求人検索ネットワーク ホーチミン市自然科学の学生は情報を登録することで、GrowUpWork求人検索ウェブサイトのメンバーになり、1,000以上のベトナム国内や日本の就職情報を確認し、自分に合った仕事を見つけることができる。さらに、メンバーであると、仕事を探していると自分の能力と欲求に合った仕事の提案を得ることができる。   ホーチミン市自然科学の学生は、仕事やインターンシップに関する質問へのアドバイスと回答を受け取った   GrowUpWorkが就職とインターンシップの募集に関んしてアドバイスする 特に、日本でのITの就職のサポートについては、応募するとGrowUpWorkがプロファイルの作成、インタビューの通訳サポート、日本への手続きをするまで完全に無料でサポートする。また、日本のIT分野での人材需要が高いため、日本語レベルの要件は非常に低く抑えられており、N4レベルでも仕事を得ることができる。 日本語を重視しない先端テクノロジー分野のAI、BIGDATA関連の仕事では日本語能力がなくても応募ができる。 キャンパスは学生や企業の参加で賑わっていた…

詳細を表示 »

ベトナムICT人材ニーズレポート

人材資源の需要に関するデータによると、ベトナムICT人材市場は、情報処理および技術開発の国として注目されている。ベトナムはSamsung、Toshiba、Foxconn、Bosch、Sony、Cisco、NEC、Fujitsuなどの世界中の大企業から注目され、大企業はベトナムに投資するようになっている。ベトナムでは、多くの企業や技術の会合が開かれアウトソーシング企業も増加し発展の一途をたどっている。

詳細を表示 »

Kotlinとは何か?Androidアプリ開発言語の特徴と比較

「簡単なプログラミング言語でアプリを開発したい」 「Kotlinの特徴やJavaとの違いが気になる」 Androidアプリを開発できるプログラミング言語としてKotlinがあります。昔からよくあるエラーを回避する機能があり、従来の開発言語よりも不具合を起こしにくいのがKotlinの特徴です。 本記事ではAndroidアプリ開発に興味がある人に向けて、Kotlinの特徴やJavaとの比較について解説します。

詳細を表示 »

Adobe Aeroとは何か?AR制作アプリの使い方や今後の展望

「簡単に使えるアプリでARコンテンツを制作したい」 「Adobe Aeroの特徴や使い方が気になる」 2019年11月、アドビはiOS向けアプリ「Adobe Aero」を公開しました。プログラミングせずにARコンテンツを制作でき、スマホやタブレットで手軽に作品を作れるのがメリットです。 本記事では無料のAR制作アプリを探している人に向けて、「Adobe Aero」の特徴や使い方などを解説します。

詳細を表示 »

期待大!1兆円まで拡大!XRの市場規模と5Gによる影響とは

「XRがどれくらい普及しているのか気になる」 「5Gによりどんなビジネスが伸びるのか知りたい」 VRやAR、MRを含めたXR市場は2016年から規模が拡大しています。2020年には5Gの提供が始まり、大容量通信を利用できることでXRコンテンツはさらに普及していく見込みです。 本記事では2020年以降のXR市場規模の予測や5Gで伸びるビジネスについて解説します。

詳細を表示 »

発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語とは

「開発会社が多用する略語が分からない」 「業務システムに関係する言葉を知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 数多の業務システムが普及している今では、略語や英語で特定のシステムを呼ぶ場合があります。システムに関わる言葉を知っておくことで、スムーズに打ち合わせを進めることが可能です。 この記事ではシステム開発の発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語について解説します。

詳細を表示 »

リリース後の業務システムを管理するには?運用・保守の内容

「業務システムの導入後に不具合が起こらないか心配」 「運用・保守の内容や依頼するときの注意点が気になる」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 社内で業務システムを使い続けていると、不具合や障害が発生する可能性があります。システムの正常動作を維持するためには、開発会社にシステムの運用・保守を依頼することが必要です。

詳細を表示 »

業務システムの運用テストとは?テストの流れと注意点

「導入前にシステムをチェックしたい」 「運用テストの流れや注意点が気になる」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 開発したシステムを導入する前に実施する検証工程が運用テストです。実際の利用者を想定したテストシナリオで動作を検証することで、不具合やバグを探り出せるのがメリット。

詳細を表示 »

業務システムの見積もり方法とは?発注者が確認すべき項目を解説

「システム開発費用をどのように計算するのか知りたい」 「発注者が見積もりで注意すべきポイントが気になる」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 開発会社で業務システムを制作する場合、開発側で発注にかかるコストを見積もります。システム開発を見積もるには3つの方法があり、手法によりメリットやデメリットは異なるもの。 この記事では業務システムの開発を検討している人に向けて、3つの見積もり方法と注意点を解説します。

詳細を表示 »

ベトナムオフショア開発企業定点観測(2019年12月版)

「現状のベトナムオフショア開発企業の動向が知りたい」 「ベトナムでオフショア開発企業はどのような企業があるか」 こんにちは、ベトナムオフショア開発のONETECHです。現状日本ではエンジニアの人手不足が叫ばれる中、一つの解決策としてオフショア開発が再注目されています。わたしたちもベトナムでオフショア開発をしている企業ですが、実際業界がどうなっているかは感覚的にしか把握しておりません。そこで今後、定期的にオフショア開発企業の動向をレポートできたらと思い定点観測を試みます。

詳細を表示 »

業務システムの外部設計と内部設計とは?各工程の違いと設計の流れ

「業務システムをどのように設計するのか気になる」 「外部設計と内部設計の違いを知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 システム開発における上流工程の1種として設計があります。開発会社がシステムの外部設計と内部設計を実施することで、業務システムの仕様や動作内容などを確立するのが一般的です。 この記事では業務システムの開発を検討している人に向けて、外部設計と内部設計を解説します。

詳細を表示 »

業務システムの単体テストと結合テスト、総合テストの違いとは

「開発された業務システムが正しく動作するか不安」 「単体テストや結合テスト、総合テストについて知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 開発会社では開発したシステムの動作を確認するために3種類のテストを実施します。さまざまなテストによりバグの有無を確認でき、不具合のないシステムを導入できるのがメリット。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ