nguyendh

業務システムの外部設計と内部設計とは?各工程の違いと設計の流れ

「業務システムをどのように設計するのか気になる」 「外部設計と内部設計の違いを知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 システム開発における上流工程の1種として設計があります。開発会社がシステムの外部設計と内部設計を実施することで、業務システムの仕様や動作内容などを確立するのが一般的です。 この記事では業務システムの開発を検討している人に向けて、外部設計と内部設計を解説します。

詳細を表示 »

業務システムの単体テストと結合テスト、総合テストの違いとは

「開発された業務システムが正しく動作するか不安」 「単体テストや結合テスト、総合テストについて知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 開発会社では開発したシステムの動作を確認するために3種類のテストを実施します。さまざまなテストによりバグの有無を確認でき、不具合のないシステムを導入できるのがメリット。

詳細を表示 »

開発前にチェック!業務システムの要件定義で大切なこととは

開発前にチェック!業務システムの要件定義で大切なこととは 「ニーズを満たしたシステムを開発できるか不安」 「要件定義において重要なポイントを知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回はあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。

詳細を表示 »

提案依頼書(RFP)とは?業務システム開発に必要な書類を解説

「開発会社に要求を的確に伝えたい」 「提案依頼書を作成する方法が気になる」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は、あらためて何回かにわたり業務システム開発についてブログに寄稿します。 開発会社とヒアリングした後に発注者が用意すべき書類として提案依頼書(RFP)があります。RFPにより予算規模や要件を正しく伝達でき、開発者からより良い提案を貰いやすくなるものです。

詳細を表示 »

業務システムに使われる開発言語とは?人気の高い言語の特徴

「どんな言語でシステム開発するのか知りたい」 「業務システムによく活用される開発言語が気になる」 コンピュータで動く業務システムを作るには、開発言語を活用することが必要です。今では多種多様な開発言語が公開されていて、システムの目的や用途に応じて適切な言語が使われます。

詳細を表示 »

業務システムの開発手法とは?4種類の方法を分かりやすく解説

「システムがどのように開発されるのか気になる」 「さまざまな開発手法のメリットやデメリットを知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回はあらためて何回かにわたり業務システム開発についてブログに寄稿して情報を整理します。 業務システムを計画的に開発していくには、確立された開発手法を活用することが必須です。開発手法により自社の課題点を解決できるようなシステムを効率的に作り出せます。

詳細を表示 »

業務システムの開発工程とは何?制作の流れを分かりやすく解説

「どのようにシステムを開発していくのか気になる」 「業務システムの開発工程について知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は、あらためて何回かにわたり業務システム開発についてブログに寄稿します。 生産性向上のために業務システムを導入するには、適切な工程を経てシステムを開発することが必要です。開発工程に不備があるとシステムの不具合やトラブルが起こりやすくなります。 どのような工程でシステムを作り出していくのか、この記事ではシステム開発の流れを簡単に解説します。

詳細を表示 »

外国人とのコミュニケーションで注意!日本語で話すときのコツ

「仕事でうまく外国人と話せるか心配」 「やさしい日本語で話しかけるコツを知りたい」 IT業界では外国人と関わる機会が多く、連携して働くにはコミュニケーションが必要です。なるべくやさしい日本語を使って話すことで、仕事におけるコミュニケーションミスを避けられます。 この記事では仕事で外国人に関わる人に向けて、日本語で話すときのコツを紹介します。

詳細を表示 »

どの国でオフショア開発すべき?国別の特徴や動向を解説

「コスト削減のためにオフショア開発を検討している」 「アウトソーシング先の国々ついて特徴を知りたい」 人件費の安い外国に案件を委託して、システムやアプリを制作するのがオフショア開発。国によって人気のある案件や強みが異なるため、特徴からアウトソーシング先を選ぶことが重要です。ONETECHはベトナムオフショア 開発をしておりますが、最近の国別動向を簡単にまとめたいと思います。 この記事ではオフショア開発できる5つの国々における特徴や動向を解説します。

詳細を表示 »

2020年に100億ドル越え?ベトナムのEC市場のトレンドと課題

インターネット利用者が急激に増加しているベトナムでは、EC市場が大きく成長しています。2020年には市場規模が100億ドルを超える見込みであり、海外の有名なEC企業が進出している現状です。最近ホーチミン の町中でLAZADAやGRABバイクなどでバイク便がECの注文を配達する姿が頻繁に見かけるようになりました。ONETECHの入るオフィスビルでは毎月のようにいろいろな会社がクレジットカード入会のキャンペーンをしておりクレジットカードの普及も急速に伸びているようです。ONETECHでもベトナムオフショア 開発でEC開発もしております。 この記事ではベトナムのEC市場におけるトレンドと課題点について紹介します。

詳細を表示 »

ONETECH 2019年ベトナムオフショア開発振り返りと2020年の展望

2015年10月にOne Technology Japanのベトナムオフショア開発は 、とある1社様からはじまりました。お客様探しに東西奔走しクラウドワークスなどからも必死に仕事をさがし、売上を作るのに四苦八苦した思い出が蘇ります。 せっかくご縁のできたお客様に結果的にはご迷惑をかけてしまったこともありましたが、TRUST BUILD TRUST―信頼が信頼をつくる―というスローガンとともになんとか一生懸命、社員一同、品質を上げるために努力してきた5年間でもありました。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ