nguyendh

AR/VR開発をUnityでやろう【後編】

最近AR/VRが話題になっているけど、どうやって作っているのか気になる方もいらっしゃると思います。AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事では前編に引き続き「Unity」のサインイン方法、ライセンス認証方法、インストール方法について解説いたします。ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

iPad Proに「LiDARスキャナ」が搭載。3D認識の向上でAR開発が加速。

Appleは現在、ポケモンGOなどのようなAR開発に力を入れています。ARアプリケーションではAR画像上の3Dモデルと周辺環境の距離情報が表現に大きく影響します。 距離情報を正確に測定できる「LiDARスキャナ」が新型iPad Proに搭載されました。LiDARスキャナの普及によりARアプリケーションの普及や性能の向上にどのような影響があるのでしょうか。

詳細を表示 »

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは?

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは? VRやARの映像を見ているときに目の前のモニタ上の遠くのオブジェクトを見ようとして目が疲れた経験はありませんか? これは輻輳調節矛盾と言って目に疲れや不快感を与える原因になります。 ARアプリ開発の現場では輻輳調節矛盾を抑えられる「ライトフィールド技術」の開発に力を入れています。

詳細を表示 »

【外国人人材活用】 ベトナムオフショア開発拠点作り支援

昨年より一定期間ITエンジニアをアサインするラボ型開発と受託開発を採用していただいておりました。昨年はベトナム人エンジニア採用面接会に参加していただきました。また昨年には駐在員事務所の設立も弊社がお手伝いして完了しています。さらに次の一手として今回ベトナムでのオフショア開発拠点作りとして「ホーチミントップ大学ベトナム人ITエンジニア採用面接会」に参加していただきました。2020年に10名のエンジニア採用を目指して5月にも「UIT大学ジョブフェア採用面接会」にもエントリーされています。

詳細を表示 »

ベトナム人ITエンジニア紹介事業

ベトナム人ITエンジニア紹介事業。 2018年9月にGROWUPはスタートしました。当初は日本の人材紹介会社様と連携し、人材紹介会社様から求人票をいただきベトナム人ITエンジニアの紹介を始めました。 昨年は、ホーチミン自然科学大学のジョブフェア (4月)を皮切りに、日本企業7社様のベトナム人ITエンジニア現地面接会を実施することができました。合計16名の内定を獲得できました。

詳細を表示 »

【2020年最新】「はじめてのオフショア開発入門セミナー」導入から注意点まで内容を全て公開

海外へシステム開発やアプリ開発をアウトソーシングすることをオフショア開発と呼びます。オフショア開発することで「開発コストの削減」日本で不足する「エンジニアの確保」という利点があります。一方ではじめてオフショア開発をするには、海外のエンジニアとどのようにコミュニケーションするのか、どの国に発注すれば良いのか、など多くの疑問があると思います。 今回は、はじめてオフショア開発を導入する方へ向けての入門セミナーの内容を全て公開します。

詳細を表示 »

日本で働きベトナムでエンジニアを採用してわかった「優秀なエンジニア」の特徴とは

「ベトナムエンジニアの特徴は」 「ベトナムで外国人エンジニアを採用するには」 「ベトナム人エンジニアと一緒に働くには」 日本でベトナム人を採用することを検討している企業、ベトナムでオフショア開発を検討している企業、急にベトナム人と一緒に働くことになった方、ベトナムに進出して開発拠点を作ろうとしている企業の採用担当者にむけてベトナム人エンジニアの特徴をお伝えします。 日本で働き、ベトナムで起業してシステム開発会社を経営している社長がエンジニアを採用してわかった評価の高いエンジニアつまり「優秀なエンジニア」とはどのような特徴があるか、ベトナム人エンジニアの課題は何か、を知ることにより外国人エンジニアとの接し方のについて言及します。

詳細を表示 »

外国人留学生に活躍してもらうには

外国人や外国人留学生が活躍できる働きやすい企業作りや環境整備のポイントを解説 。 外国人や外国人留学生は、日本人とは異なる文化や考え方を持っています。そのため、企業としては長期的に定着し、仕事で活躍してもらうには働きやすい企業作りや環境を整備することも求められるのです。ここでは、採用した外国人や外国人留学生が企業で活躍するために、企業として踏まえておきたい環境整備のポイントを解説します。外国人や外国人留学生を初めて採用したいときや、なかなか企業への外国人労働者の応募や定着が増えず悩んでいるとき、外国人や外国人留学生が活躍できる企業作りを叶えたいときもぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

IT業界の採用:有能な応募者を採用するための9つの効果的なコツ

現在、多くの経験豊富な雇用者才能のあるIT応募者を見つけるのに苦労してる。この記事ではそういう問題を解決するための11の効果的なヒントを提供する。 「ベースリソース」:有能な応募者を特にIT分野で見つけて採用することは今日の人事業界での最大の課題の一つだ。一流の専門家でさえ、この問題に対しても苦しんでいるだろう。 Indeedの最近の調査によると、回答者10人の内に約9人(86%)がIT分野で優秀な人材を採用することに多くの困難を抱えていると述べている。

詳細を表示 »

HoloLens2をつかったMRソリューションの事例紹介

マイクロソフトが2019年2月に「HoloLens 2」を発表して早1年が過ぎようとしています。 Mixed Reality(拡張現実、MR)が様々な活用をされ始めているのでいくつか事例をまとめました。今回は自動車業界、建設業界、コールセンター業界の事例の紹介です。 ONETECHでも既にベトナムに2台の「HoloLens 2」が到着していくつかアプリの開発を同時進行しています。「こんなこともできるんだ」などのインプットを増やして自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ