Minecraft Earthの遊び方とは?ARで楽しむ方法を紹介

「Minecraftで作った建物を現実世界で楽しみたい」
「どのようにMinecraftをARで体験できるのか気になる」

Minecraft EarthはARに対応したスマホ向けクラフトゲームです。基本無料で遊ぶことができて、集めた材料で建築した建物を現実世界に投影できるのが本ゲームの特徴。

この記事ではMinecraft Earthの内容や遊び方について紹介します。

Minecraft-Earthの遊び方とは?ARで楽しむ方法を紹介

Minecraft-Earthの遊び方とは?ARで楽しむ方法を紹介

Minecraft Earthとは

2019年11月20日、日本国内ではMinecraft Earthのアーリーアクセス版が公開されました。Minecraft Earthは現実世界に対応したゲームであり、誰でも基本無料で遊ぶことができます。

今までのMinecraftではゲームの世界で材料を集めて、建築物を作るのが一般的でした。しかしMinecraft EarthによりARを活用でき、リアルの世界に建築物を投影させられます。

アプリはMinecraftの公式ページにアクセスしてダウンロードすることが可能です。iOS 10またはAndroid 8以上のバージョンであるスマホであれば、基本的に問題なくゲームをプレイできます。

Minecraftで作った建物を現実世界で楽しみたい

Minecraftで作った建物を現実世界で楽しみたい

アーリーアクセス版でできること

2019年12月現在、アーリーアクセス版では次のようなモードをプレイできます。

● ビルドプレート:道に落ちている材料を拾ってオブジェクトを創作
● テーブルモード:プレイヤーが創作したオブジェクトを現実世界に配置
● アドベンチャー:現実世界でMinecraftの戦闘や探検を楽しむ

バージョンアップにより機能が改善されたり、プレイできるモードが追加されたりする場合があります。

実際にプレイするには

Minecraft Earthをプレイするにはまず、アプリをスマホにインストールしましょう。App StoreやGoogle Playにアプリは公開されていて、対応端末であればダウンロードできます。

また、プレイにはマイクロソフトアカウントを用意することも必要。まだアカウントを持っていない人はマイクロソフトの公式サイトにアクセスして、プレイする前に作成しましょう。

Minecraft Earthの遊び方

「Minecraft Earthでどのように遊べるのか気になる」と思う人は多くいるはず。アーリーアクセス版のみ公開されている現状では、次のようなモードでプレイヤーはゲームを体験できます。

1. ビルドプレートで創作
2. 作った創作物を体験
3. アドベンチャー

それぞれのモードについて詳しく見てみましょう。

ビルドプレートで創作

ビルドプレートはプレイヤーがオブジェクトを創作するためのモードです。プレイヤーは現実世界で集めた素材を活用して、建築物を建てたり手持ちの素材を変換したりできます。

他のプレイヤーを自分のビルドプレートに招待でき、一緒に同じ空間で遊べるのがポイント。今までのMinecraftと同じように複数人で一緒に創作物を作ることができます。

作った創作物を体験

ビルドプレート上に作成した創作物はARを活用して、現実世界に実物大で投影させることが可能です。自分が作った建物の中を歩いたり、外から眺めたりして楽しめます。

アドベンチャー

公園などの公共施設でプレイできるモードにアドベンチャーがあります。アドベンチャーはARで戦闘や探検をプレイできるモードであり、時期によってプレイできる場所は異なる仕様です。

今後はマイクロソフトが他の企業と連携して、商業施設でもアドベンチャーがプレイできるようになる見通しです。

まとめ

Minecraft Earthはスマホで創作物を作り、現実世界で楽しめるAR対応のゲームです。マイクロソフトアカウントがあれば無料でプレイでき、2019年12月時点では3つのモードを遊べます。

ARでMinecraftの世界を楽しみたい人はさっそく、Minecraft Earthをスマホでプレイしてみましょう。

ONETECHは、ベトナムオフショア開発で、ITプロダクト、アプリを開発しています。特にVR/AR/MR、画像認識、AIに力を入れています。

詳細は下記へお気軽にお問い合わせください。

■ONETECH AR/VR/MRの実績
https://onetech.jp/service/vr
https://onetech.jp/service/hololens

■本件に関して問い合わせ
https://onetech.jp/

お問い合わせ

返信を残す

お問い合わせ