【外国人人材活用】 ベトナムオフショア開発拠点作り支援

昨年より一定期間ITエンジニアをアサインするラボ型開発と受託開発を採用していただいておりました。昨年はベトナム人エンジニア採用面接会に参加していただきました。また昨年には駐在員事務所の設立も弊社がお手伝いして完了しています。さらに次の一手として今回ベトナムでのオフショア開発拠点作りとして「ホーチミントップ大学ベトナム人ITエンジニア採用面接会」に参加していただきました。2020年に10名のエンジニア採用を目指して5月にも「UIT大学ジョブフェア採用面接会」にもエントリーされています。

詳細を表示 »

【2020年最新】「はじめてのオフショア開発入門セミナー」導入から注意点まで内容を全て公開

海外へシステム開発やアプリ開発をアウトソーシングすることをオフショア開発と呼びます。オフショア開発することで「開発コストの削減」日本で不足する「エンジニアの確保」という利点があります。一方ではじめてオフショア開発をするには、海外のエンジニアとどのようにコミュニケーションするのか、どの国に発注すれば良いのか、など多くの疑問があると思います。 今回は、はじめてオフショア開発を導入する方へ向けての入門セミナーの内容を全て公開します。

詳細を表示 »

AR/VR開発をUnityでやろう【後編】

最近AR/VRが話題になっているけど、どうやって作っているのか気になる方もいらっしゃると思います。AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事では前編に引き続き「Unity」のサインイン方法、ライセンス認証方法、インストール方法について解説いたします。ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

iPad Proに「LiDARスキャナ」が搭載。3D認識の向上でAR開発が加速。

Appleは現在、ポケモンGOなどのようなAR開発に力を入れています。ARアプリケーションではAR画像上の3Dモデルと周辺環境の距離情報が表現に大きく影響します。 距離情報を正確に測定できる「LiDARスキャナ」が新型iPad Proに搭載されました。LiDARスキャナの普及によりARアプリケーションの普及や性能の向上にどのような影響があるのでしょうか。

詳細を表示 »

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは?

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは? VRやARの映像を見ているときに目の前のモニタ上の遠くのオブジェクトを見ようとして目が疲れた経験はありませんか? これは輻輳調節矛盾と言って目に疲れや不快感を与える原因になります。 ARアプリ開発の現場では輻輳調節矛盾を抑えられる「ライトフィールド技術」の開発に力を入れています。

詳細を表示 »

AR/VR開発をUnityでやろう【後編】

最近AR/VRが話題になっているけど、どうやって作っているのか気になる方もいらっしゃると思います。AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事では前編に引き続き「Unity」のサインイン方法、ライセンス認証方法、インストール方法について解説いたします。ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

iPad Proに「LiDARスキャナ」が搭載。3D認識の向上でAR開発が加速。

Appleは現在、ポケモンGOなどのようなAR開発に力を入れています。ARアプリケーションではAR画像上の3Dモデルと周辺環境の距離情報が表現に大きく影響します。 距離情報を正確に測定できる「LiDARスキャナ」が新型iPad Proに搭載されました。LiDARスキャナの普及によりARアプリケーションの普及や性能の向上にどのような影響があるのでしょうか。

詳細を表示 »

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは?

ARアプリ開発で注目されるライトフィールド技術とは? VRやARの映像を見ているときに目の前のモニタ上の遠くのオブジェクトを見ようとして目が疲れた経験はありませんか? これは輻輳調節矛盾と言って目に疲れや不快感を与える原因になります。 ARアプリ開発の現場では輻輳調節矛盾を抑えられる「ライトフィールド技術」の開発に力を入れています。

詳細を表示 »

【外国人人材活用】 ベトナムオフショア開発拠点作り支援

昨年より一定期間ITエンジニアをアサインするラボ型開発と受託開発を採用していただいておりました。昨年はベトナム人エンジニア採用面接会に参加していただきました。また昨年には駐在員事務所の設立も弊社がお手伝いして完了しています。さらに次の一手として今回ベトナムでのオフショア開発拠点作りとして「ホーチミントップ大学ベトナム人ITエンジニア採用面接会」に参加していただきました。2020年に10名のエンジニア採用を目指して5月にも「UIT大学ジョブフェア採用面接会」にもエントリーされています。

詳細を表示 »

オフショア開発における文化の違いを解消する手立てと考え方

ソフトウェア・システム開発におけるオフショア開発は「海外の企業」へ仕事を発注するため「リモートワーク(情報通信技術を通じた勤務体系)」が前提になります。そして、開発スキルと意欲・能力があり、労働コストが格段に低い外国人労働者へ業務委託する反面、コミュニケーションコストが高くなる傾向があります。 その為、オフショア開発企業はコミュニケーター(ブリッジSEのように意思疎通を図る職種)が相手国企業の「文化の違い」を理解した上でプロジェクトの成功へと尽力する必要性があります。そこで、この記事ではオフショア開発で生じやすい文化の違いについて触れながら、具体的な解決策についてお伝えします。

詳細を表示 »

ベトナムICT人材ニーズレポート

人材資源の需要に関するデータによると、ベトナムICT人材市場は、情報処理および技術開発の国として注目されている。ベトナムはSamsung、Toshiba、Foxconn、Bosch、Sony、Cisco、NEC、Fujitsuなどの世界中の大企業から注目され、大企業はベトナムに投資するようになっている。ベトナムでは、多くの企業や技術の会合が開かれアウトソーシング企業も増加し発展の一途をたどっている。

詳細を表示 »
お問い合わせ