オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?

オフショア開発 の課題点・問題点はなにか?お互いの認識の食い違い(認識違い)を改善し続ける行動が重要 オフショア開発はエンジニア不足の解決ができる、低い開発コストである点が注目されています。 一方オフショア開発の課題は海外開発者へ仕事を任せた時に生じる「よく起こる認識違い」が主な原因になります。そこで、この記事ではオフショア開発で起きる「認識の食い違い:お互いの勘違い」に関する問題点に触れながら解決策についてお伝えします。オフショア開発で言及されやすい「コミュニケーションの課題」に関する具体的な事例・解決策(勘所)を知りたいご担当者様はご覧ください。

詳細を表示 »

HoloLens2をつかったMRソリューションの事例紹介

マイクロソフトが2019年2月に「HoloLens 2」を発表して早1年が過ぎようとしています。 Mixed Reality(拡張現実、MR)が様々な活用をされ始めているのでいくつか事例をまとめました。今回は自動車業界、建設業界、コールセンター業界の事例の紹介です。 ONETECHでも既にベトナムに2台の「HoloLens 2」が到着していくつかアプリの開発を同時進行しています。「こんなこともできるんだ」などのインプットを増やして自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

オフショア開発導入と企業選びのコツ

オフショア開発の導入を検討しているのに「頼れる企業」を探せずにお困りではありませんか? そこで、この記事では「オフショア開発の導入する前に知るべき事柄」に触れながら、オフショア開発で企業選びをする上で失敗しない方法と考えをお伝えします。オフショア開発で最も大事にしたい「信頼と情熱」を持って、開発業務に取り組む会社を通じて、業務課題を解決させる秘訣をお求めのご担当者様はぜひご覧ください。

詳細を表示 »

インフラ業界でAR(拡張現実)の業務へ応用が進展

様々な業界で活用が期待されているAR(拡張現実)技術が現在どのようなシーンで使われているか気になりませんか? インフラ業界ではすでにARの導入が進んでおり、従業員や製品の安全性や業務効率、顧客満足の向上に活かされています。 自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介 VR(ヴァーチャルレアリィティ:仮想現実)の世界では、スタンドアローン型と呼ばれるVRヘッドセットが発売され、企業研修や教育現場でのアプリケーションが普及し始めています。 人手不足が叫ばれる中の複数店舗を持つフランチャイズチェーンなどでVR研修の導入が始まっています。全国に拠点を持つチェーン店のトレーナーは日々全国を東奔西走しながら激務をこなしています。

詳細を表示 »

HoloLens2をつかったMRソリューションの事例紹介

マイクロソフトが2019年2月に「HoloLens 2」を発表して早1年が過ぎようとしています。 Mixed Reality(拡張現実、MR)が様々な活用をされ始めているのでいくつか事例をまとめました。今回は自動車業界、建設業界、コールセンター業界の事例の紹介です。 ONETECHでも既にベトナムに2台の「HoloLens 2」が到着していくつかアプリの開発を同時進行しています。「こんなこともできるんだ」などのインプットを増やして自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

インフラ業界でAR(拡張現実)の業務へ応用が進展

様々な業界で活用が期待されているAR(拡張現実)技術が現在どのようなシーンで使われているか気になりませんか? インフラ業界ではすでにARの導入が進んでおり、従業員や製品の安全性や業務効率、顧客満足の向上に活かされています。 自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

WebRTCを使うメリット・デメリットって何がある?

この記事ではこういった疑問に答えます。 コミュニケーションツールの多様化に伴って、遠方であってもビデオチャットを利用して会議をする機会が段々と増えてきました。 この記事を読んでいるあなたも、仕事やプライベートなどでビデオチャットを利用する機会は頻繁にあるのではないでしょうか。 そのビデオチャットを圧倒的に簡単にした仕組みがWebRTCです。 そこで今回は、WebRTCの基本的な仕組みについて、メリットやデメリットも含めてご紹介していきます。 WebRTCの仕組みを1から10まで理解できるような内容になっているため、是非ともご一読ください。

詳細を表示 »

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介

世界の企業が導入しているVR研修の事例を紹介 VR(ヴァーチャルレアリィティ:仮想現実)の世界では、スタンドアローン型と呼ばれるVRヘッドセットが発売され、企業研修や教育現場でのアプリケーションが普及し始めています。 人手不足が叫ばれる中の複数店舗を持つフランチャイズチェーンなどでVR研修の導入が始まっています。全国に拠点を持つチェーン店のトレーナーは日々全国を東奔西走しながら激務をこなしています。

詳細を表示 »

HoloLens2をつかったMRソリューションの事例紹介

マイクロソフトが2019年2月に「HoloLens 2」を発表して早1年が過ぎようとしています。 Mixed Reality(拡張現実、MR)が様々な活用をされ始めているのでいくつか事例をまとめました。今回は自動車業界、建設業界、コールセンター業界の事例の紹介です。 ONETECHでも既にベトナムに2台の「HoloLens 2」が到着していくつかアプリの開発を同時進行しています。「こんなこともできるんだ」などのインプットを増やして自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

インフラ業界でAR(拡張現実)の業務へ応用が進展

様々な業界で活用が期待されているAR(拡張現実)技術が現在どのようなシーンで使われているか気になりませんか? インフラ業界ではすでにARの導入が進んでおり、従業員や製品の安全性や業務効率、顧客満足の向上に活かされています。 自社の業務に応用できないか検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を表示 »

発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語とは

「開発会社が多用する略語が分からない」 「業務システムに関係する言葉を知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 数多の業務システムが普及している今では、略語や英語で特定のシステムを呼ぶ場合があります。システムに関わる言葉を知っておくことで、スムーズに打ち合わせを進めることが可能です。 この記事ではシステム開発の発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語について解説します。

詳細を表示 »

ベトナムICT人材ニーズレポート

人材資源の需要に関するデータによると、ベトナムICT人材市場は、情報処理および技術開発の国として注目されている。ベトナムはSamsung、Toshiba、Foxconn、Bosch、Sony、Cisco、NEC、Fujitsuなどの世界中の大企業から注目され、大企業はベトナムに投資するようになっている。ベトナムでは、多くの企業や技術の会合が開かれアウトソーシング企業も増加し発展の一途をたどっている。

詳細を表示 »

ベトナムにおける十二支とは?日本との違いを詳しく解説

「日本とベトナムの文化における違いが気になる」 「ベトナムの十二支について知りたい」 オフショア開発先として有名なベトナムでは、年数を示す記号として十二支が知れ渡っています。日本の干支と似た文化ですが、一部の動物がベトナムで身近な生物に置き換わっているのが特徴。

詳細を表示 »
お問い合わせ