Kotlinとは何か?Androidアプリ開発言語の特徴と比較

「簡単なプログラミング言語でアプリを開発したい」 「Kotlinの特徴やJavaとの違いが気になる」 Androidアプリを開発できるプログラミング言語としてKotlinがあります。昔からよくあるエラーを回避する機能があり、従来の開発言語よりも不具合を起こしにくいのがKotlinの特徴です。 本記事ではAndroidアプリ開発に興味がある人に向けて、Kotlinの特徴やJavaとの比較について解説します。

詳細を表示 »

Adobe Aeroとは何か?AR制作アプリの使い方や今後の展望

「簡単に使えるアプリでARコンテンツを制作したい」 「Adobe Aeroの特徴や使い方が気になる」 2019年11月、アドビはiOS向けアプリ「Adobe Aero」を公開しました。プログラミングせずにARコンテンツを制作でき、スマホやタブレットで手軽に作品を作れるのがメリットです。 本記事では無料のAR制作アプリを探している人に向けて、「Adobe Aero」の特徴や使い方などを解説します。

詳細を表示 »

期待大!1兆円まで拡大!XRの市場規模と5Gによる影響とは

「XRがどれくらい普及しているのか気になる」 「5Gによりどんなビジネスが伸びるのか知りたい」 VRやAR、MRを含めたXR市場は2016年から規模が拡大しています。2020年には5Gの提供が始まり、大容量通信を利用できることでXRコンテンツはさらに普及していく見込みです。 本記事では2020年以降のXR市場規模の予測や5Gで伸びるビジネスについて解説します。

詳細を表示 »

ベトナムICT人材ニーズレポート

人材資源の需要に関するデータによると、ベトナムICT人材市場は、情報処理および技術開発の国として注目されている。ベトナムはSamsung、Toshiba、Foxconn、Bosch、Sony、Cisco、NEC、Fujitsuなどの世界中の大企業から注目され、大企業はベトナムに投資するようになっている。ベトナムでは、多くの企業や技術の会合が開かれアウトソーシング企業も増加し発展の一途をたどっている。

詳細を表示 »

期待大!1兆円まで拡大!XRの市場規模と5Gによる影響とは

「XRがどれくらい普及しているのか気になる」 「5Gによりどんなビジネスが伸びるのか知りたい」 VRやAR、MRを含めたXR市場は2016年から規模が拡大しています。2020年には5Gの提供が始まり、大容量通信を利用できることでXRコンテンツはさらに普及していく見込みです。 本記事では2020年以降のXR市場規模の予測や5Gで伸びるビジネスについて解説します。

詳細を表示 »

発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語とは

「開発会社が多用する略語が分からない」 「業務システムに関係する言葉を知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 数多の業務システムが普及している今では、略語や英語で特定のシステムを呼ぶ場合があります。システムに関わる言葉を知っておくことで、スムーズに打ち合わせを進めることが可能です。 この記事ではシステム開発の発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語について解説します。

詳細を表示 »

発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語とは

「開発会社が多用する略語が分からない」 「業務システムに関係する言葉を知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 数多の業務システムが普及している今では、略語や英語で特定のシステムを呼ぶ場合があります。システムに関わる言葉を知っておくことで、スムーズに打ち合わせを進めることが可能です。 この記事ではシステム開発の発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語について解説します。

詳細を表示 »

ベトナムICT人材ニーズレポート

人材資源の需要に関するデータによると、ベトナムICT人材市場は、情報処理および技術開発の国として注目されている。ベトナムはSamsung、Toshiba、Foxconn、Bosch、Sony、Cisco、NEC、Fujitsuなどの世界中の大企業から注目され、大企業はベトナムに投資するようになっている。ベトナムでは、多くの企業や技術の会合が開かれアウトソーシング企業も増加し発展の一途をたどっている。

詳細を表示 »

ベトナムにおける十二支とは?日本との違いを詳しく解説

「日本とベトナムの文化における違いが気になる」 「ベトナムの十二支について知りたい」 オフショア開発先として有名なベトナムでは、年数を示す記号として十二支が知れ渡っています。日本の干支と似た文化ですが、一部の動物がベトナムで身近な生物に置き換わっているのが特徴。

詳細を表示 »
お問い合わせ