ベトナムで現地法人を設立する方法は?手続の概要や必要書類を解説

ベトナムへ事業進出するために現地法人の設立を検討している企業は多いのではないでしょうか。経済発展の続くベトナムは新たなビジネスチャンスとして注目を集めています。しかし、ベトナムで現地法人を設立するための手続は複雑で、手間も時間も必要です。今回は、そんなベトナム現地法人の種類や設立方法を解説します。

詳細を表示 »

デジタルツインが目指す仮想空間の新たな活用法とは

仮想空間に現実世界と瓜二つの空間を構築し、現実世界ではできないことを気軽に実現する技術の「デジタルツイン」構想は、今や現実のものとなりました。 SF映画に登場するようなデジタルツインの技術は、どのように私たちの生活に貢献してくれるのでしょうか。

詳細を表示 »

不動産におけるVR活用を支援するshapesparkとは

VR技術はエンターテイメント分野以外にも、続々と活躍の場を増やし続けています。 特に注目されているのが不動産や建設業界で、建物を仮想的にVR空間で実寸を表示できる活用方法は、ポテンシャルが高く重宝されています。 今回はポーランド発のVRプラットフォーム「shapespark(シェイプスパーク)」に注目し、その可能性について見ていきましょう。

詳細を表示 »

Mojo Vision(モジョビジョン)で実現する未来のARグラスとは

ARやVRの活躍は、それらを体験するためのハードウェアの普及により、ますます目立つようになってきました。 特にVRゴーグルなどは様々なメーカーから発表されており、安価な価格で入手できるモデルも増えてきています。 そんな中、新たに開発が進められているのがスマートコンタクトレンズの存在です。 ゴーグルやメガネではない、新しいAR体験の最前線について、ご紹介します。

詳細を表示 »

キヤノンの新型MRヘッドマウントディスプレイ「MREAL S1」の強みとは

MR(Mixed Reality:複合現実)やVR(Virtual Reality:拡張現実)といった映像技術を有効活用するためには、ハードウェアの進化も欠かせない要素です。 キヤノンが発表した新型ヘッドマウントディスプレイ「MREAL S1」は、こういったテクノロジーを最大限活用するための技術が詰まっており、これよりもスマートな映像体験を実現するとして、期待されている一台です。

詳細を表示 »

没入型VR エクスペリエンスもBIM運用のクラウド化を推進する「Revizto」の強み

BIMは建設業界を中心に、日本でも導入が進められているテクノロジーの一つです。 BIM運用にはメリットが大きい反面、最新技術ゆえの使いづらさもありますが、それを克服してくれるのが、「Revizto」です。 今回は没入型VR エクスペリエンスも可能な最新BIMプラットフォームであるReviztoの強みについて、ご紹介します。

詳細を表示 »

クラウドERPの導入で中小企業のDXはどう実現するのか

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、中小企業の課題を解決する上で重要な役割を果たすとされています。 しかし、DXが具体的にどんなメリットがあり、どんな課題を解決してくれるのかは伝わっていない部分もあるものです。 今回はクラウドERPの機能にも注目しながら、DX実現で期待される効果についてご紹介します。

詳細を表示 »

決定木分析とは?特徴と活用方法をご紹介

人工知能や機械学習への注目とともに紹介されることが増えてきたのが、具体的な機械学習のプロセスについてです。 機械学習における学習プロセスには様々な方法が用いられてきましたが、中でもポピュラーな手法として採用されてきたのが、決定木分析です。 決定木分析は機械学習はもちろんのこと、その他の分野でも活躍している優れた分析手法で、一般的な知識として知っておいても損はありません。

詳細を表示 »

アンサンブル学習とは?その特徴と運用のポイント

機械学習のアプローチにはいくつかのバリエーションが存在しますが、アンサンブル学習はその精度を高める方法として注目を集めています。 単独の学習器では精度がなくとも、アンサンブル学習に応用することで、高い精度を獲得することも可能です。 アンサンブル学習の特徴や、その運用方法についてご紹介していきます。

詳細を表示 »

外国人エンジニアは転職できる?手続きや注意点を解説

現代の日本では終身雇用という概念は失われつつあり、転職が当たり前の時代になりました。そんな時代だからこそ、日本で働く外国人も日本人と同様に転職できるのか気になりますよね。そこで今回は、外国人エンジニアが転職する際の手続きや注意点などを解説します。

詳細を表示 »

外国人雇用時にマイナンバーの確認は必要?マイナンバーの注意点は?

2018年からマイナンバーカード制度が始まり徐々に普及率が高まっています。日本人であれば付与されて当たり前というイメージのあるマイナンバーですが、外国人にも付与されているのでしょうか?付与されているとしたら、外国人を雇用するときはどのような手続きが必要なのでしょうか?今回は外国人雇用時のマイナンバーについて、手続きや注意点を解説します。

詳細を表示 »
無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。