VR(バーチャルリアリティ)仮想オフィスの「VirBELA(ヴァーベラ)」に注目が集まる理由とは?

ビデオ会議ツールやテキストチャットツールが普及し、リモートワークの推進も進みつつありますが、これらにかわる新しいコミュニケーションツールも登場しています。次世代のビジネスプラットフォームとして注目を集めているVirBELA(ヴァーベラ)は、VR(バーチャルリアリティ)上に仮想的にオフィス空間を再現し、より柔軟なオンライン環境を整備するのに役立つサービスです。

VirBELAの機能性や使い方について、ご紹介していきます。

VR(バーチャルリアリティ)仮想オフィスの「VirBELA(ヴァーベラ)」に注目が集まる理由とは?

VR(バーチャルリアリティ)仮想オフィスの「VirBELA(ヴァーベラ)」に注目が集まる理由とは?(Source: VirBELA)

VirBELA(ヴァーベラ)とは

VirBELAは、オンライン上に形成された仮想のオフィス空間へ自由に出入りし、同じくアバターを持つユーザーとコミュニケーションをとることができるサービスです。

公式サイトhttps://www.virbela.com/

VRバーチャルオフィス機能を搭載したサービス

VirBELAが特徴としているのは、オンライン空間に仮想のオフィスを設置し、そこへアバターを使って出入りすることで、まるでオフィスで勤務しているかのような体験を味わうことができる点です。

各ユーザーは直接コミュニケーションをとるのではなく、VirBELA上に設置されたオフィスの会議室や、チャットスペースを使って互いに意思疎通を図ります。

会議室では実際に複数人で集まって情報共有を行ったり、ホワイトボードを使って情報を伝えたりすることも可能で、本物のオフィス空間のような使い方を実現しています。

また、通常のオフィスでは収まらないような数十人、数百人規模の会議においてもVirBELAのオンライン会議室は利用することができます。

そのため、物理的なスペースの確保が難しい際に、VirBELAを使って一堂に会するような使い方も可能です。

ビデオチャットとの違い

VirBELA(ヴァーベラ

VirBELA(ヴァーベラ (Source: VirBELA)

これまでもオンラインを通じてコミュニケーションをとるサービスは、いくつもビジネス向けに提供されてきました。

特にZoomのようなビデオ会議ツールは、近年急速に普及しており、新しいコミュニケーションツールとして定着しつつあります。

あるいはSlackのように、テキストを使ってコミュニケーションをとるものも使われています。

こういったコミュニケーションツールとVirBELAの違いとして大きいのは、VirBELAは仮想空間を用意してくれている点にあります。

通常、ビデオチャットなどはサービスを通じて、人と人とが直接的につながることを前提として設計されています。

一方、VirBELAの場合はオンライン上にオフィス空間を設け、仮想空間ながらもまるで本物のオフィスのようにコミュニケーションができるよう設計されているため、より自然なワークスタイルを実現できます。

まるでオフィスで話しているかのような感覚で利用できるため、次世代の働き方の一環として、注目されているというわけです。

なぜVirBELAが求められているのか

VirBELAのようなオンライン空間の拡充を狙ったサービスは、今後も複数現れることが予想されます。なぜこのようなサービスが求められているのでしょうか。

働き方改革の推進

一つは、働き方改革の推進が理由に挙げられます。オフィスや都心への一極集中を避け、より効率的な働き方を追求する一環として、様々な拠点から働くことが求められるようになりました。

業務に伴う無駄を削減していく過程で、オフィスをオンラインに完全移行する企業も現れています。そういったニーズに、VirBELAは応えてくれています。

リモートワークの普及

2020年は新型コロナウイルスの影響により、オフィスへの出勤も最低限に控える文化が定着した年でもありました。

コロナ以前からも、リモートワークが企業によっては採用されているケースも見られました。このようなトレンドも追い風となり、オンラインオフィスへの注目度はさらに高まっているというわけです。

VirBELAの使い方

VirBELAには様々な機能が備わっており、その全てを一度に使いこなすのは難しいものです。ここでは基本的な機能に注目し、使い方のポイントを見ておきましょう。

アバターを作成する

VirBELAでアカウントを作成した後は、オンラインオフィスで生活するアバターを作成しなければなりません。

アバターは自分の分身となる人形のような存在ですが、比較的自由にデザインして、オンライン上を元気に駆け回ることができます。

オンラインであれば毎日着替える必要もないので、アバターを使って気分を変えるのも良いでしょう。

会議室を作成する

会議室は、ビデオ会議ツールと同様に複数人での会話に使えるだけでなく、アバターを使ってチャットを行ったり、空間を自由に変更して居心地の良いようにアレンジしたりすることもできます。

ビデオチャットではやや味気ない会議も、VirBELAの会議室であれば本物の会議室のミーティングのような感覚を味わえます。

こちらは実際に会議室をVirBELAで作成したときの様子ですが、挙手の様子やテキストの送り方など、基本的な使い方はこの動画に収まっています。ぜひ参考にしてみてください。

ONETECHのVRオフィスシステムの紹介

おわりに

VirBELAは次世代のオフィス空間として、新しい可能性を感じさせてくれるオンラインサービスです。積極的に活用し、実際の業務にも役立ててみましょう。

ONETECHのVRオフィスシステムの紹介

◆Oculus QuestでVR会議、VRオフィスシステムを研究開発 [Link]

ブラウザでも自分のアバターで会議に参加できます。また複数の参加者に対してセミナーが行えるようになりました。ONETECHはベトナムオフショア開発で研究開発としてVRオフィス会議システムを開発しました。アプリケーションの貸し出しも行っておりますので下記からお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。