AWS Cloudformationとは?そのサービスの特徴や活用メリットについてご紹介

AWS(アマゾンウェブサービス)は、Amazonが提供している多くのクラウドサービスの総称です。

そして今回ご紹介するのは、AWSが提供するサービスの一つであるAWS Cloudformationです。Cloudformationは、リソースの設定やプロビジョニングをコード化して実行できるシステム環境構築サービスです。

この記事ではAWS Cloudformationの概要から活用方法、そして活用のメリットについてご紹介します。

AWS-Cloudformation-Onetech-Blog

AWS Cloudformationとは?そのサービスの特徴や活用メリットについてご紹介

AWS Cloudformationとは

AWS Cloudformationとは、AWSのサービスのひとつです。

昨今、多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)への対応を求められています。
そして企業活動において欠かせないITサービス基盤に対しても、ビジネスのスピード感にあった迅速な対応が急務となっています。

そのような背景において、AWS Cloudformationサービスは非常に多くのビジネスにとってニーズが高まっています。

参照元: https://aws.amazon.com/jp/cloudformation/

AWS Cloudformation のサービス概要

AWS CloudformationはAWSにおけるシステム環境構築サービスとしてよく用いられています。
サービスの特徴としては、リソースの設定やプロビジョニングをコード化して実行できるという点です。

コード化したテンプレートを作成することで、基盤を1から作成する必要がなくなるため、次に新しい環境を構築するときも時間や手間を大幅に削減できます。

AWS CloudFormation のご紹介 | Video

また、テンプレートはスタックと呼ばれる形式で一括管理を行うことができます。
スタックとはテンプレートから提供されたリソースの集合体のことで、1つのテンプレートに対し1つのスタックが作成されます。

そのため、スタックを追加・削除するとそれに伴って依存関係にあるAWSリソースが追加・削除されます。この依存関係に関しては、AWS Cloudformationが自動的に判断します。

インフラの管理や制御の負担をなくす

AWS Cloudformationはテンプレートからスタックを作成して一括管理を行うため、開発者がそれぞれのリソースを個別に管理するよりもミスが発生しにくくなります。

人為的なミスを防ぐだけでなく、環境の構築に時間や手間がかからないため、より簡単にリソースを管理・運用することができます。

AWS Cloudformationの活用例

次にAWS Cloudformationの活用例についてご紹介します。

開発環境を構築するとき

主な活用例は、開発環境を構築するときです。
開発環境を準備する際にAWS Cloudformationのテンプレートを作成しておくことで、本番環境への移行が簡単になります。

同様の環境構築を新たに行いたい場合も、作成したテンプレートを利用すればすぐに再現できるため、時間や手間がほとんどかかりません。

また、AWSには利用可能な多くのテンプレートが存在するため、システムの状況に合わせてテンプレートを選択し編集すれば、開発の手間をかなり削減できます。既存テンプレートはAWSのベストプラクティスを元に作られたもので、それらを利用することで簡単に可用性の高い構成を作成することができます。

仕組みAWS-CloudFormation

仕組みAWS-CloudFormation (aws.amazon.com)

AWS Cloudformationの活用メリット

続いて、AWS Cloudformationの活用メリットについてご紹介します。

テンプレートの利用

今回ご紹介するのは、テンプレートの利用によって得られるメリットについてです。
一度テンプレートを作成すれば、前回と同じ構成や似た構成の環境を作成したいとき、簡単且つ迅速に再現することができます。

さらに、開発者が使い慣れたフォーマットはテンプレートを保存しておくことで何度も繰り返し利用することができ、効率的に開発時間を短縮できます。

AWS Cloudformationの利用方法

最後に、AWS Cloudformationの利用方法について、テンプレートとスタックの作成手順を解説します。

テンプレートとスタックの作成

AWS Cloudformationを利用する際は、まずテンプレートを作成し、そこからスタックを作成する必要があります。テンプレートはJSON形式もしくはYAML形式のテキストファイルで作成します。

もちろん、AWS Cloudformationのサンプルテンプレートを利用することも可能です。その際は、サンプルをそのまま利用するのではなく本番環境に合わせて編集しましょう。

次にAWSマネジメントコンソールにログインし、Cloudformationの管理画面に移動します。そして、テンプレートや動作に必要なパラメーターを指定し、スタック名を入力することでスタックを作成します。

おわりに

今回の記事では、AWSで提供されているサービスの1つ、AWS Cloudformationについてご紹介しました。

AWS Cloudformationは開発者にとって環境構築にかかる時間や手間を大幅に減らすことのできる、非常に便利なサービスとなっています。AWS Cloudformationの利用には料金がかからないため、ぜひ初心者の方も気軽に試してみてください。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
      無料相談
      お問い合わせ