建築用のCADソフト「Revit」と「AutoCAD」を徹底解説!

「Revit」と「AutoCAD」はどちらも建築設計の分野で用いられるCADソフトです。類似点も多いこれらのソフトの使い分けに困っている人も多いのではないでしょうか。
今回の記事では、2つのソフトウェアの概要と導入時のメリット・デメリットをご紹介します。

それぞれのメリットとデメリットを比較し把握することで、職場環境に合った適切な導入を行えます。

RevitとAutoCADを開発したAutodesk社とは?

RevitとAutoCADを開発したAutodesk社とは?

RevitとAutoCADを開発したAutodesk社とは?

Autodesk社は、3D技術を使ったデザイン・設計、エンジニアリング、エンターテインメント向けソフトウェアのリーディング企業です。

通常、製造や建築、CG/映像などの分野の設計者やデザイナーは、新しい作品やモノを実際に作る前に、そのアイデアをコンピューターでデザイン・設計、可視化、シミュレーションします。

主な製品として、Auto CAD、Revit、Civil 3Dなどがあり、様々な用途に合わせて幅広い製品を展開しています。

Revitの概要

「Revit」は、建築用の3DCADソフトで、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)設計の支援ツールです。

BIMに特化しているRevitの大きな特徴として、建築設計、MEP(機械、電気、配管)と構造エンジニアリング、および建築施工に役立つ機能などが幅広く搭載されている点が挙げられます。

Revitを用いることで、設計から施工・管理まで一つのモデルで行うことが可能になります。

Revitは、初めは操作が難しいものの、建築プロジェクトに関連するすべてのフェーズと分野に対応し、汎用性の高いツールであるということができます。

BIMとは?

BIMとは、「Building Information Modeling」の略称で、建物のライフサイクルにおいてそのデータを構築管理するための工程です。
従来の建築設計の現場では、2次元の図面をCADで作成していました。一方で、BIMを用いて設計することで、3次元のモデルをコンピューター上で作成しながら設計することが可能になっています。

BIMを使用することで、建物を立てる際に必要となる設計・施工・管理のプロセスが以前よりも容易になり、効率的に作業を行うことができます。

AutoCADの概要

AutoCADは正確な2Dおよび3D図面を作成するために使用される一般的なコンピュータ支援設計および作図ソフトウェアです。

AutoCADは線や円を作図する知識さえあれば、感覚的に操作することができ、自由度の高いツールになっています。

以前は大企業を中心に導入されていましたが、近年ではサブスクリプション型の年間ライセンス方式を導入しました。ソフトウェアを導入するための初期費用を抑えることができ、手軽に入手できるようになりました。

こうした背景を理由に、中規模企業での導入率も年々高くなっています。

AutoCADの概要

AutoCADの概要

RevitとAutoCADの比較

RevitとAutoCADの概要で確認したように、これらの2つのソフトウェアはどちらも建物の設計とドキュメンテーションに用いることができます。以下では2つのソフトウェアのメリットとデメリットをご紹介します。

2つのソフトウェアの主な違いを理解することができれば、より効率的に建築設計を行うことができます。

Revit導入のメリット

Revitの最大の特徴はなんといっても、3Dビューによるわかりやすさです。3Dビューを用いることによって、誰でも一目で図面がわかりやすく理解することができます。

Revitを用いて画像や映像化することによって、プレゼンテーションから現場説明までプロジェクトのすべてのフェーズに対応でき、正確に設計の意図が伝えることができます。

また、ワークシェアリング機能もRevitの魅力の一つです。これは、製作中のモデルを一か所で共有することによって、複数人が同時に編集することを可能にする機能です。

作業効率が向上することはもちろん、様々な分野のチームメンバーの情報共有を容易にします。データを共有する時の認識の違いを減らし、エラーリスクを抑えることができます。

Revit導入のデメリット

Revitは多機能である分、ソフトウェアの操作に技術と知識が必要であり、比較的操作の難易度が高いというデメリットが挙げられます。

また、CADとして見たとき、AutoCADに比べ製図機能が少なく、2D図面としての表現力が乏しく、詳細の図面までは対応が難しい場合があります。2D図面として断面を切り出す際は、表現の融通が利きにくいということを考慮すべきでしょう。

AutoCAD導入のメリット

AutoCAD導入のメリットとして、拡張性と機能性が挙げられます。高機能なので作図方法の選択肢の幅が広く、正確に作図を行うことができます。

また、Revitに勝る点としては、データ共有の容易さです。世界中で使われているためデータ共有がしやすく、CAD以外のファイルを参照し、データを取り込むことができるというメリットがあります。

AutoCAD導入のデメリット

AutoCADは、3次元のモデルをコンピューター上で設計することはできないので、画面を見ただけでは直感的に作図できないというデメリットがあります。
また、多機能かつ高機能なであるので、操作を覚えるのには時間がかかります。

RevitとAutoCADの相互性

Autodesk社製のソフトは、他のAutodesk社製と組み合わせることができるが可能な点が特徴です。

AutoCADで作成された設計をRevitプロジェクト内に組み込むなど、同時に使用することができます。例えば、設計の一部のプロジェクトにAutoCADを使用し、Revitを使用してBIMでモデルを作成し、他の設計分野とのコラボレーションを行うことも可能です。

おわりに

RevitとAutoCADを用いることで、建築分野における建物の設計とドキュメンテーションを効率的に行うことができます。2つのソフトウェアの違いを把握し、実際に用いることで、円滑なプロジェクト工程を実現しましょう。

VRバーチャル住宅展示場システム「HOUSE DECOR VR」

ONETECHがベトナムで開発したVRバーチャル住宅展示場システム「HOUSE DECOR VR」を紹介します。

本ビデオではONETECHで取り組んでいる「バーチャル住宅展示場システム:HOUSE DECOR(ハウスデコ)」の紹介します。

新居を探しているお客様、住宅を自由にカスタマイズしてカスタマイズして建てたいというお客様は、WEBサイトにアクセスします。

次にモデルハウスを選び、画面上から3Dのバーチャル空間を動き回ることができます。VRゴーグルを装着すると実際に部屋の中にいるような体験ができます。

housedecor-1

housedecor-2

ハウスデコVRは、顧客の行動様式の変化に対応したパソコン やスマホで手軽にバーチャル住宅のコーディネートとWEBでそ のまま商談ができるツールです。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。