アウトソーシングとインハウス・コストと品質の評価

IT業界でアウトソーシングが生み出されたことによって、フリーランス求人の問題が多少解消されました。しかし、安いコストなのに対して、品質が悪く、納品が遅延、リスクが管理できないという問題点が多く存在すると思われます。ここ最近、リスクを減らすために、アウトソーシング会社がコストとリソースのバランスが取れるよう、努力してきているので、そういった問題も少しずつ改善されるようになってきました。この記事は、コストや品質の面でインハウスとアウトソーシング会社を比較する際の、少しでも役に立つ情報を紹介します。

 

アウトソーシングって安物買いの銭失い?

アウトソーシングと聞くと、コストが安く、品質が担保されないというイメージを持っている方が多いでしょう。起業したばかりの会社は人材が若く、あまりにも経験が浅いので発注もらえるように、安いコストでも受けるのがよく見られるのです。実際に、大変な思い出を経験したアウトソーシングに発注をかけた会社も珍しくはありません。

アウトソーシングって安物買いの銭失い?

アウトソーシングって安物買いの銭失い?

しかし、どんな会社でもそういった時期があり、市場に追いつけない会社はどんどん姿が消えていきます。なんといっても、納品期限や品質の担保が決め手のため、経験が豊富で技術力が高い開発者が来てもらえるように、採用対策を工夫したり、また顧客の要望に応えるために、あり方まで改革するような会社が目覚ましく増えてきました。

 

オフショアとは何でしょう?

オフショアとは人材リソースが豊富で、コストが安く、優遇税制がいい海外に外部発注をかけることです。アウトソーシングと違い、客さんに開発の管理に参加してもらうのはオフショアです。中でも遠隔からBrSEを経て、作業を監督したり、社員を派遣して直接作業をさせたりすることができるという大きなな相違点です。オフショアはソフトウェア開発業界でよく使われている言葉の一つで知られています。

オフショアとは何でしょう?

オフショアとは何でしょう?

オフショアを利用することでコストを制約したり、開発の進行を管理したり、プロジェクト機密も守ったりすることができるので、オフショアは長期間のプロジェクトにベストな選択です。オフショア会社の開発者は自社のスタッフだと思って、あなたがプロジェクトの進行や管理をするだけでいいです。残りの人事、給与、税金に関する作業はオフショア会社に任せるといいのではないでしょうか。

 

ソフトアウトソーシングーコストよりも品質を重視しましょう。

アウトソーシングに依頼する理由として考えられるのは安いためです。しかし、厳密にいうと、そうでない時もあります。多少のコストを削減できたりしますが、リスクが高く品質は担保されません。最悪の時は、駄目になってしまう時もあるでしょう。

アウトソーシングに任せるか迷っているあなた、ワンテックアジアと一度相談してはいかがでしょうか。経験が豊富な開発者があなたを全力でサポートします。

 

アウトソーシングとインハウス・コストと品質の評価

これは起業家によく抱えている課題です。まずは、どれをインハウスのチームにやってもらうか、どれを外注にやってもらうかをはっきりさせておきましょう。その決断にまつわる要素を見ていきましょう。

アウトソーシングとインハウス・コストと品質の評価

アウトソーシングとインハウス・コストと品質の評価

コストの削減

賃金や物価の差でコストを削減することが可能です。インハウスより、外注にかけた方が、コスト2割削減できるってご存知ですか?インハウスの開発者に対応してもらう時は、様々なコスト(オフィス料金、水代、税金、福利厚生費など)を支払わなければならないのに対して、外注(ワンテックアジア)にかけるとそういった費用を支払う立場ではなくなり、開発の立案などに時間をかけるだけで良いのではないでしょうか。

offshore-development-オフショア開発とは一体何なのか?

offshore-development-オフショア開発とは一体何なのか?

経験と技術力

アウトソーシング会社といっても選抜が厳しいという所が多く、経験が豊富で技術力も高い人だけが選ばれるので、安心して我々のワンテークの開発者に一度作業を任せてくみてはいかがでしょうか?

オフショアの他にもGrowupJV経由の人材紹介にも参加しているので、経験が豊富で優秀な応募者の情報を持っており、クライアントの要望に応じてすぐに体制などを調節することができます。

そもそも我々が、ベトナムでオフショア開発をしているのは3つの理由があります。

そもそも我々が、ベトナムでオフショア開発をしているのは3つの理由があります。

 

ワークフローとツール

アウトソーシング会社を、ワークフローとツールで評価する人が少なくないでしょうか。そういった2点に重点を置いてみることで、下記のような課題をクリアすることができます:

  • アウトソーシング会社が使っているワークフローとツールは一流開発会社と同じなのか?
  • リビジョン制御、リグレッションテスト、検収のフェーズはちゃんとした仕方でかんしされるのか?
  • 案件に入る前に開発者はしっかりと研修を受けているのか?
  • コミュニケーション能力が足りているか?優秀なコミュニケーターが付いていけるか?

※オフショア会社に開発を委託する際の連絡はメールもしくはテレビ会話でしか行えませんので、そういったコミュニケーション能力と言語能力が非常に大事なことになる。

 

研究・研修コストの削減

効率よく仕事するために、インハウス開発者にかかる研修費用、人件費などが小さくはありません。そういうコストを少しでも削減したいと思う方にお勧めするのはアウトソーシング会社です。アウトソーシング会社では新しい技術や知識を身に着けるために、研修コースが常に行われているので、作業を委託すると、そういったところのコストが削減可能と期待できるでしょう。

 

リスクを最小限に

アウトソーシング会社経由の開発者に作業を委託する方がリスクが少ないという。また、作業委託契約書にも全部定められるので、万一の場合は責任をちゃんと取ってくれるのがその開発者の所属であるアウトソーシング会社になるので、ご心配なく。

リスクを最小限に収めたり、時間を節約できたりするという所でアウトソーシング会社を選択する会社がここ最近増えてきています。

リスクを最小限に収めたり、時間を節約できたりするという所でアウトソーシング会社を選択する会社がここ最近増えてきています。

時間は大事

IT業界では、製品を早い段階で市場に発表した方がリスクが少ないと言われています。技術以外の採用、トレーニング、管理、マーケティング、インフラといったような雑務に時間をかけなくて済むには、アウトソーシング会社が一番ベストな選択です。

 

品質とコスト

対価」という言葉があるように、自分が出したお金に応じての品質という意味で、コストが安いからと言って、いつも品質が思い通りになるとは限りません。ただ、リスクを最小限に収めたり、時間を節約できたりするという所でアウトソーシング会社を選択する会社がここ最近増えてきています。

納品が遅れたり、品質が担保できない開発者に安いコストで作業をやってもらうより、アウトソーシング会社の経験が豊富な者に委託した方がリスクが少なく、トラブルもすぐに把握して、解決できるのではないでしょうか。

日本、アメリカ、欧米と比べればやはりベトナムの方がコストを一番削減できるのが中々魅力です。ここ最近、ベトナムでアウトソーシングとオフショア会社が多くなり、驚くほどにぎやかな市場になっています。

アウトソーシング会社またはオフショア会社に作業へ委託を考えられる方、一度ワンテックに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

https://onetech.jp

お問い合わせ

返信を残す

お問い合わせ