ベトナムオフショア開発企業2019年動向(2019年12月版)

「現状のベトナムオフショア開発企業の動向が知りたい」
「ベトナムでオフショア開発企業はどのような企業があるか」

こんにちは、ベトナムオフショア開発ONETECHです。現状日本ではエンジニア不足が叫ばれる中、一つの解決策としてオフショア開発が再注目されています。わたしたちもベトナムでオフショア開発をしている企業ですが、実際業界がどうなっているかは感覚的にしか把握しておりません。そこで2019年の最後にオフショア開発企業の動向をレポートできたらと思い定点観測を試みます。

現状のベトナムオフショア開発企業の動向が知りたい

現状のベトナムオフショア開発企業の動向が知りたい

ベトナムオフショア 開発企業の動向と定点観測

定点観測の方法

Google 検索窓に日本語で「ベトナムオフショア開発」と検索します。

上位10ページ(検索順位100位)の検索結果または、「ベトナムオフショア開発」キーワードに広告出稿企業している会社の基本情報をリストにしてみました。
基本情報は、会社名、設立年月、ベトナム都市名、日本拠点、規模、URLとなります。

2019年12月にリストを作成しました。

現状のベトナムオフショア開発企業の動向が知りたい

現状のベトナムオフショア開発企業の動向が知りたい

動向の仮説

よく耳にするのがここ10年でベトナムオフショアブームがあったと言われています。実際に上位の企業は何年くらいに業界参入が集中したのか。
ベトナムオフショア開発では中部のダナンがここ数年注目を集めいていますが、ダナンの有力な会社はどのくらいあるのか。また古都のフエもたまに耳にします。
日本のSIerのグループ会社だとオフショア開発は、安定するようですがそのような会社はいくつあるのか。

 

Google Searchで10ページで表示されたベトナムオフショア開発企業一覧

会社名 資本 設立 ベトナム拠点 日本拠点 規模
ヘリゲート株式会社 ベトナム ハノイ 東京 100
サンアスタリスク 日本 ハノイ, ダナン 東京 1500
株式会社サテライトオフィス・ベトナム 日本 1998年 ハノイ, ホーチミン 東京 70
株式会社エスプラスソフトウェア 日本 2016年 ホーチミン 東京 72
マッシュコーポレーション株式会社 日本 ダナン 東京 250
株式会社モア ベトナム 2015年 ハノイ, ホーチミン 東京 150
株式会社コウェル 日本 2007年 ハノイ, ダナン 東京 400
FPTソフトウェア ベトナム 1999年 ハノイ, ホーチミン, ダナン, カントー 東京 15000
株式会社モンスター・ラボ 日本 2006年 ハノイ, ダナン 東京 800
株式会社DEHA SOLUTIONS 日本 2017年 ハノイ 東京 130
FUJINET SYSTEMS ベトナム 2000年 ホーチミン 東京 850
IVS Co., Ltd. ベトナム 2002年 ハノイ, ホーチミン, カントー 兵庫 280
株式会社クラフト情報システム 日本 1995年 ホーチミン 大阪 34
NashTech 英国 2000年 ハノイ, ホーチミン 東京 2000
株式会社バイタリフィ 日本 2005年 ホーチミン 東京 150
ISB VIET NAM CO.,LTD ベトナム 2003年 ホーチミン 東京 130
SystemGearVietnam Co.,Ltd. ベトナム 2008年 ホーチミン 東京 70
株式会社カオピーズ ベトナム 2016年 ハノイ 東京 130
BAP株式会社 ベトナム 2016年 ホーチミン, ダナン, フエ 東京 200
株式会社NAL ベトナム 2015年 ハノイ, ダナン 東京 160
ディレクトリジャパン株式会社 日本 2013年 東京
株式会社Skcompany 日本 2008年 東京 50
EVERRISE VIETNAM CO.,LTD. 日本 2006年 ホーチミン 東京 55
Briswell Vietnam Co., LTD 日本 2014年 ホーチミン 東京
株式会社スプラシア 日本 ハノイ 東京
エフプラットベトナム 日本 2015年 ハノイ 東京
アスノシステム株式会社 日本 2003年 ハノイ 東京
日商エレクトロニクスベトナム 日本 2011年 ハノイ 東京
エボラブルアジア 日本 2012年 ハノイ, ホーチミン, ダナン, カントー 東京 584
WBC VIETNAM COMPANY 日本 2015年 ハノイ 東京
株式会社Kコンサルタント 日本 2012年 ハノイ 横浜
サイゴンテック ベトナム 2008年 ホーチミン 東京
Prime Labo Technology Co., Ltd 日本 2013年 ホーチミン 東京
オルグローラボ株式会社 日本 2014年 ホーチミン 東京 117
株式会社アールテクノ 日本 2006年 ホーチミン 東京 183
株式会社エイ・エヌ・エス ベトナム 2012年 ハノイ, ダナン 東京
株式会社木立 日本 2014年 沖縄
SystemGear Vietnam Co.,Ltd. 日本 2008年 ホーチミン 大阪
IMLINK VIETNAM Co.,Ltd 日本 2007年 ホーチミン 名古屋 20
CodeLovers Vietnam.,JSC ベトナム 2013年 ハノイ 東京 80
ARIS VIETNAM CO., LTD 日本 2011年 ハノイ, ホーチミン 東京
furuCRM株式会社 ベトナム ハノイ, ホーチミン 東京 310
VIETRY CO., LTD. 日本 2012年 ホーチミン 東京 41
株式会社S3 ベトナム 2007年 ホーチミン 東京 300
有限会社エムベース ベトナム 2014年 ホーチミン 東京 80
バイシンク・エンタテインメント株式会社 日本 2009年 ホーチミン 東京
株式会社NTQ Solution ベトナム 2011年 ハノイ 東京 500
CHUAN VIET VANG JSC ベトナム 2012年 ホーチミン なし 21
株式会社パックスクリエイション 日本 2011年 ホーチミン 東京
株式会社システムエグゼ 日本 2010年 ハノイ 東京
GMO-Z.com RUNSYSTEM 日本 2005年 ハノイ, ホーチミン, ダナン 東京 520

 

Google Searchで10ページで表示されたベトナムオフショア開発企業一覧傾向

①資本(社長の国籍で判断)

①ベトナムオフショア開発会社の資本(社長の国籍で判断)

①資本(社長の国籍で判断)

 

②創立年

②ベトナムオフショア開発会社の創立年度

②創立年

③ベトナム拠点都市(複数拠点は各拠点を1カウント)

③ベトナムオフショア開発会社のベトナム拠点都市(複数拠点は各拠点を1カウント)

③ベトナム拠点都市(複数拠点は各拠点を1カウント)

④日本の拠点都市

④ベトナムオフショ開発会社の日本拠点都市

④日本拠点都市

⑤規模(スタッフ数)

⑤ベトナムオフショア開発会社の規模(スタッフ数)

⑤規模(スタッフ数)

 

2019年12月版動向・定点観測まとめ

さてGoogle検索上位にHPがあるベトナムオフショア開発企業にはどんな傾向があるでしょう。

  • まず、資本はどこからでているかですが、64%が日本の子会社グループ会社をベトナムに作っているようです。
    やはり日本に営業拠点や開発リソースがあった方が日本のクライアント企業にとっては安心できます。一方でベトナム資本の企業の特徴は、留学を経験している、日本企業で長年働いた実績のある優秀なエンジニアが起業したケースが多そうです。そのような優秀な経営者は私も何人か知っています。彼らは非常に流暢な日本語を操り経営センスも良い方が多いです。
  • 次に創立年ですが、5年区切りで言うと2011年から2015年が最も多く、ついで2006年から2010年が次に多いです。この10年で全体の64%がスタートしました。とくに2014年、2015年が多かったようです。ONETECHもベトナムは2014年に日本は2015年にベトナムオフショア開発をスタートしました。
  • つづいて注目されているダナンですが、ベトナムオフショア 開発企業の9企業が拠点を持っていました。
    ホーチミンは30、ハノイは26。ざっくりと商圏人口がホーチミン1300万人、ハノイが1000万人、ダナンが100万人と言われているのでダナンは人口比で言うとやはりオフショア開発企業が多いようです。
  • 規模はと言うと、ホームページに掲載されているスタッフの数はグラフの通りですが、100人以上の規模のベトナムオフショア 開発企業は23社となっています。
    売上規模を図る上で、規模と売上は比例していると想定されるので100人規模で上位30位以内には入っていると考えても良いかもしれません。
ベトナムでオフショア開発するには?注目を集める理由と注意点

ベトナムでオフショア開発するには?注目を集める理由と注意点

まとめでいうと、Google の検索結果のベトナムオフショア 開発企業は2010年ごろから増えてきているようです。ハノイ、ホーチミン、ついでダナンに拠点を持つ企業がおおく、7割近くの会社は日本資本で法人を持ち23社は100人以上の規模でした。

また時間が経過したら同じ作業をしてみて動向がどのように変わったか調べてみたいと思います。

 

ONETECH ベトナムオフショア開発

ONETECHは2013年よりベトナムホーチミンでベトナムオフショア開発会社としてスタートしました。毎年多くのお客様から発注をいただき50社以上のお客様とお取引をしております。

Onetech-Asia-Outsource-CompanyTrust-Builds-Trust

ONETECH ベトナムオフショア開発

 

100%日本語対応 

ベトナムオフショア開発の10年以上の経験のある経営者やマネージャー、ブリッジSEが100%日本語で対応いたします。
ウォーターフォール型の受託開発はもちろんベトナムオフショア でお客様の専属チームを組織することも可能です。

 

日本側にコンサルタントを配置

また日本法人にも日本人とベトナム人のシステムコンサルタントがおりますので上流からのサポートも承っております。また短期出張でエンジニアが貴社にお邪魔してオンサイトで対応することも可能です。
またテストをベトナムオフショア で実施したいというニーズにもお応えしております。

そもそも我々が、ベトナムでオフショア開発をしているのは3つの理由があります。

そもそも我々が、ベトナムでオフショア開発をしているのは3つの理由があります。

 

ベトナムの特徴

ベトナム の特徴として、ベトナム人は非常に勤勉でとくにITスキルの高い人材が多く、親日国家でもあります。また平均年齢が28歳と若く中長期的にベトナムオフショア のベンダーとして長く利用できるというメリットもあります。中国やインドと比べると人件費も安くコストメリットもベトナムオフショア開発の重要なアドバンテージとなっております。

 

ベトナムでオフショア開発を試してみませんか

ベトナムオフショア 開発をまずは試してみませんか。お試しで数週間のプロジェクトからでも承っております。営業がベトナムオフショア 開発の様々な疑問にお応えいたしますのでお気軽にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。