Snapdragon XR Platformとは?

VR・AR・MRに対応したSoCに興味がある」
「Snapdragon XR Platformとは何か知りたい」

スマホ向けの半導体を開発するクアルコムはSnapdragon XR Platformを展開しています。XR PlatformはARやVRに最適化されていて、よりハイクオリティな体験を実現できるのが特徴。

この記事ではSnapdragon XR Platformについて特徴や対応デバイスを紹介します。

Snapdragon XR Platformとは?最新技術の特徴やデバイス

Snapdragon XR Platformとは?最新技術の特徴やデバイス

Snapdragon XR Platformとは

一般的にVR・AR・MRには拡張現実という意味があり、英語で「eXtended Reality(XR)」と呼ばれています。Snapdragon XR Platformは拡張現実に最適化した基盤です。

2018年5月末にクアルコムがXR1 Platformを発表して、既に多数のデバイスに搭載されています。XR1 Platformにより4K/60fpsでの動画再生や3Dサウンド、トラッキング機能などを実装できるのがメリット。

また、基盤にはクアルコム独自のAIエンジンが搭載されていて、開発者にはサービスレイヤーやSDKなどが提供されます。

XR2 Platformについて

2019年12月に開催された「Snapdragon Tech Summit 2019」では、新しい基盤としてSnapdragon XR2 Platformがクアルコムから発表されました。

XR2 Platformは5Gに対応した次世代プラットフォームです。XR1 Platformに比べてCPU/GPUの性能が2倍に強化されていて、AIエンジンのパフォーマンスは11倍まで向上。

低遅延・大容量通信に対応した5Gを利用できるため、より快適にゲームやコンテンツを楽しめます。また、7つのカメラを1つのSoCで制御でき、前方・後方だけでなく視線追跡まで実装することが可能です。

クアルコムはKDDIやNianticと提携して、デバイスやアプリケーションの開発を促進。例えばNianticのプラットフォームによりポケモンGoのようなARゲームの普及に期待できます。

Snapdragon XR Platformを搭載するデバイス

「どのようなデバイスにXR Platformが搭載されるのか気になる」と思う人は多くいるでしょう。既にXR対応デバイスの開発・販売は始まっていて、次のようなデバイスにXR Platformが搭載されています。

 

nreal light

中国のIT企業「nreal」が開発しているMRデバイスが「nreal light」です。スマートフォンやPCに接続して利用するデバイスであり、88gの軽量化により快適性を実現しているのが特徴。

XR PlatformであるSnapdragon 855を内蔵したスマホと接続して利用することが想定されています。デバイス単体の機能が少ない分、競合デバイスよりも価格が比較的安いのがメリットです。

中国のIT企業「nreal」が開発しているMRデバイスが「nreal light」です。

中国のIT企業「nreal」が開発しているMRデバイスが「nreal light」です。

 

Oculus Quest

ヘッドセットとコントローラーによりデバイス単体でVRを楽しめるのがOculus Questです。インサイトトラッキング機能が搭載されていて、ユーザーの動きをVRに反映できるのが特徴。

アップデートによりハンドトラッキング機能が追加されて、手や指を動かしてVRを楽しめるのがメリットです。PCと接続することでPC向けゲームを遊ぶこともできます。

ヘッドセットとコントローラーによりデバイス単体でVRを楽しめるのがOculus Questです。

ヘッドセットとコントローラーによりデバイス単体でVRを楽しめるのがOculus Questです。

Oculus Questの価格は64GB版で49,800円、128GB版で62,800円です。ヘッドセットにはコントローラーや電源アダプター、単三電池、メガネスペーサーが含まれています。

 

まとめ

ARやVR、MRを快適に楽しめるよう、クアルコムが開発している基盤がSnapdragon XR Platformです。「拡張現実を体験したい」と思ったときはXR Platformが搭載されたデバイスを検討してみましょう。

ONETECHは2013年にスタートしました。現在ベトナムのVR開発会社、AR開発会社、MR開発会社として最も開発実績のある企業の一つとなっています。創業当初、数人のベトナムのゲームエンジニアがUnityでアプリを作っていました。

ONETECH VR/AR/MRシステム開発実績

博物館ガイドUnityアプリを保守でバージョンアップ対応しました。 iBeaconを利用していて博物館内に設置されたBeaconを検知してタブレットに作品・展示情報を表示 展示コーナーでは作品の解説や音声ガイドを再生

デジタル活用教育に推進に伴い、複数学生は教育に活用されるVRデバイス(HMD)の動画閲覧アプリを開発しました。 複数台のVRデバイスからアバターを選択して360度動画のVR空間に参加することができます。 ホストはVRコントローラーを操作して、動画の一時停止やポインターで指し示しながら授業が可能です。 複数台で同じ動画を同時視聴可能で授業を効率よく学ぶことができます。

「HOUSE DECOR」とは新しい住居を探す際にパソコン操作で住宅、マンションなど床や、壁紙の変更と見積もりができるステムです。家具のグレードと色を変更できる機能、ZOOMを登録しておくとハウスメーカーの営業担当とお客さまがオンライン面談できる機能を追加しました。

Hololens2でMR作業支援アプリ開発

Hololens2でMR作業支援アプリ開発

弊社でもHoloLensなどの先端デバイス、AI(人工知能)での画像認識技術、WebRTCを使った通信技術、ARKitなどの先端ARフレームワーク、クラウドネットワークで負荷分散技術、ハイポリゴンでの3DCG技術などとVR、AR、MRがあいまって進化を続けています。

One Technologyは、VR/ARコンテンツを様々な環境、目的で活用するためのアプリケーション開発を承っております。VR/ARを活用するためのあらゆるアプリケーション開発に対応する事ができます。お気軽にご相談ください。

無料相談・お問い合わせ
ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談・お問い合わせ
    ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
      無料相談
      お問い合わせ