Kotlinとは何か?Androidアプリ開発言語の特徴と比較

Kotlinとは何か?Androidアプリ開発言語の特徴と比較

「簡単なプログラミング言語でアプリを開発したい」
「Kotlinの特徴やJavaとの違いが気になる」

Androidアプリを開発できるプログラミング言語としてKotlinがあります。昔からよくあるエラーを回避する機能があり、従来の開発言語よりも不具合を起こしにくいのがKotlinの特徴です。

本記事ではAndroidアプリ開発に興味がある人に向けて、Kotlinの特徴やJavaとの比較について解説します。

Kotlinとは何か?Androidアプリ開発言語の特徴と比較

Kotlinとは何か?Androidアプリ開発言語の特徴と比較

Kotlinとは

Kotlinはジェットブレインズ社が開発したプログラミング言語です。2010年頃からKotlinの開発はスタートして、2017年にはAndroidアプリの開発言語としてGoogleから選ばれました。

オブジェクト指向プログラミングに対応しつつ、より少ない記述でプログラムを実行できる特徴があります。互換性があるからKotlinでJavaのコードを呼び出したり、JavaでKotlinのコードを動作させることが可能です。

Android Studioのバージョン3.0からKotlinがサポートされ、インストール時に開発言語を選ぶことで簡単にKotlinでアプリを開発できます。

 

Kotlinの強み

Java-vs-Kotlin

Java-vs-Kotlin

JavaにはNullPointerExceptionという有名なエラーがあります。特定のメソッドでnullを読み込んだときに発生する不具合であり、エラーによりプログラムの動作が停止してしまうものです。

一方、Kotlinにはnullを入れて問題ないかチェックできるメソッドがあり、NullPointerExceptionを事前に回避できるメリットがあります。

null以外にも不具合を対策する機能が複数あり、Kotlinでの開発によりアプリの品質を改善できるのが強み。プログラミングのよくあるミスを防いでくれるから、初心者がアプリ開発するときにオススメです。

 

Kotlinで作られたアプリ

Kotlinで作られたアプリ

Kotlinで作られたアプリ

不具合を起こしにくいKotlinは企業からの人気度が高く、既にさまざまなAndroidアプリがKotlinで開発されています。国内で有名なKotlinで作られたアプリの一例は以下の通りです。

Slack:ビジネス向けチャットツール
Kindle :電子書籍を読むためのリーダー
Twitter :日本で人気度の高いSNSアプリ

これらの他にも多数のSNSや動画見放題サービスにおいてKotlinが活用されています。

 

KotlinとJavaを比較

「KotlinとJava、どちらが優れているのか気になる」と思った人は多くいるでしょう。本記事では開発言語の性能と求人数からKotlinとJavaを比較します。

KotlinとJavaを比較

KotlinとJavaを比較

 

Kotlinはエラーを防ぎやすい

KotlinはJavaよりも15年以上後に開発された言語であり、ミスを防ぐ機能や簡潔なコードでプログラムを実行する機能などが備わっています。

そのため不具合が少なくて品質の高いアプリを開発したいときはKotlinが有利です。Androidアプリの開発のみを目的とする人にはKotlinの学習をオススメします。

 

求人数はJavaが有利

10年以上の歴史があるJavaはシェア率が高く、求人数ではKotlinと圧倒的な差があります。例えばindeedで検索した場合、Androidアプリ開発の求人数は以下の通りです。

● JavaによるAndroidアプリ開発:8,242件
● KotlinによるAndroidアプリ開発:1,748件

より多くの企業から求められるエンジニアになりたい人はJavaを勉強することがオススメです。

 

まとめ

Kotlinは不具合の少ないAndroidアプリを開発するのに便利なプログラミング言語です。「高品質のAndroidアプリを開発したい」と思ったときはKotlinを検討してみましょう。

ONETECHでKotlinで作られたアプリ

卸売業向け受注/出荷管理Androidアプリ開発

勤怠・タスク管理アプリ

 

ベトナムオフショア開発のONETECH

ONETECHはベトナムオフショア開発VR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

ONETECHはベトナムオフショア開発でVR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

ONETECHはベトナムオフショア開発VR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発に力を入れています。

VR分野は、Oculus、VIVEなどのVR向けHMD、スマホを利用したVRアプリ開発の実績が多数あります。

CADモデルからの3DCGモデルの変換などによるコンテンツ制作から、コンテンツは支給していただきUNITYへの移植などオールインワンでの対応も部分的なお手伝いも可能です。
AR、MR分野での開発も、スマホでのARアプリ開発、ARkit、ARcoreの開発も複数実績があります。Wikitude、Vuforia、OpenCVなどの画像認識系のフレームワークの実績も多数あります。またMicrosoft HoloLensでの開発は最近かなり増えまして業務支援向けのMRアプリの開発を多く承っています。今月にHoloLens2がベトナムに到着し開発もスタートさせました。

クライアント企業は、50社を超え上場企業やベンチャー企業様からの発注が増えてきております。

優秀なPMと日本語堪能なコミュニケーターがプロジェクトをリードし、頭脳明晰なITエンジニアがイノベーションのお手伝いをしていきます。

VR/AR/MRソフトウェアの開発、AI、Iotの開発のご相談はOne Technology Japanへお気軽にお問い合わせください。
https://onetech.jp

 

100%日本語対応 ベトナムオフショア開発

ベトナムオフショア開発の10年以上の経験のある経営者やマネージャー、ブリッジSEが100%日本語で対応いたします。
ウォーターフォール型の受託開発はもちろんベトナムオフショア でお客様の専属チームを組織することも可能です。

 

ベトナムオフショア開発ですが日本側にコンサルタントを配置

また日本法人にも日本人とベトナム人のシステムコンサルタントがおりますので上流からのサポートも承っております。また短期出張でエンジニアが貴社にお邪魔してオンサイトで対応することも可能です。
またテストをベトナムオフショア で実施したいというニーズにもお応えしております。

 

ベトナムオフショア開発の特徴

ベトナムオフショア の特徴として、ベトナム人は非常に勤勉でとくにITスキルの高い人材が多く、親日国家でもあります。また平均年齢が28歳と若く中長期的にベトナムオフショア のベンダーとして長く利用できるというメリットもあります。中国やインドと比べると人件費も安くコストメリットもベトナムオフショア開発の重要なアドバンテージとなっております。

 

ベトナムオフショア開発を試してみませんか

ベトナムオフショア 開発をまずは試してみませんか。お試しで数週間のプロジェクトからでも承っております。営業がベトナムオフショア 開発の様々な疑問にお応えいたしますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

返信を残す

お問い合わせ