現新比較テストでよくある課題をテストデータ管理ツールで解決

システムのマイグレーションには様々なトラブルを伴う可能性があるため、システムの現新比較テストが重要となってきます。しかし現新比較テストにはいくつかの問題点があるため、それを解消するためにサービスの活用が挙げられます。今回はそれらについて具体的にご紹介します。

Delphix-現新比較テストでよくある課題をテストデータ管理ツールで解決

Delphix-現新比較テストでよくある課題をテストデータ管理ツールで解決

マイグレーションとは

マイグレーションは既存システムやデータを新たな環境へ移行することを意味します。

しかしマイグレーションには様々なトラブルを伴う可能性があり、マイグレーション後のシステムの安全稼働には現新比較テストが重要となってきます。

現新比較テストとは

現新比較テストとは、新しく構築した環境で既存の環境と同じようにシステムが動作するかどうかを検証するものです。

しかし現新比較テストにもまた、いくつかの課題があります。

現新比較テストとは

現新比較テストとは

テストデータ準備に時間と労力がかかる

現新比較テストでは新旧両方のデータを揃えて、トラブルがないかテストを繰り返す必要があります。

そこで、テスト自体よりもデータの作成や共有など、テストデータの準備に何倍もの時間と労力がかかるケースも少なくありません。

さらに、テストデータの準備に時間を取られた結果、十分なテストが行えずに移行後システムトラブルが起きてしまうとなると、本末転倒です。

ストレージコストが増加する

テストで必要となるデータは非常に多いため、それらすべてを保存しようとすると膨大なストレージを用意しなければなりません。

これらはプロジェクト経費の増加だけでなく、リリースの遅延にも影響してしまうでしょう。

高いスキルが求められる

表示崩れや文字崩れ、リンク切れなどの不具合を発見し、テスト環境に再現するには高度なエンジニアスキルが必要になってきます。

そのため対応できる人が限られてしまうだけでなく、担当者への負担が非常に大きくなってしまいます。

現新比較検証サービスについて

前述したように、膨大なテスト時間の削減など現新比較テストにはいくつか課題があります。

そしてそのような課題を解決し、テスト効率化を目指すためのサービスがあります。

今回はその中でも、Delphixの活用についてご紹介します。

Delphixについて

Delphixとは、Delphix Softwareが提供するシステムマイグレーション時の現新比較テストサービスです。

Delphix Softwareは2008年にシリコンバレーで創業後、2015年に日本オフィスも開設した企業で、現在では日本の大手企業にも製品が採用されています。

参照: https://www.delphix.com/ja/solutions/test-data-management

Delphix利用のメリット

続いてDelphixを利用するメリットについて解説していきます。

過去のデータ再現が簡単

一つ目に、簡単に過去のデータを再現できる点です。

Delphixは複製元のデータベースのデータを取り込み、取り込んだデータを時系列形式で管理することができます。

データの再現はデータ容量に関わらず数分で完了し、保存したデータを使用したい場合は専用のインターフェースからデータを選択しクリックするだけで簡単に再現可能です。

Delphix-Self-Service-Template-Containers

Delphix Dynamic Data Platform

データ準備が数分で完了

二つ目に、データ準備の煩雑さが解消されることです。
また、セルフサービスと呼ばれる開発者・テスト担当者専用インターフェースを使用することで、テスト担当者自身がデータの作成や共有、巻き戻しなどテストデータ準備を行うことができます。

現行環境・新環境のデータを揃える作業も、数分で完了させることができるため非常に簡単です。

つまり誰でもデータ準備を行うことができ、且つ数分で完了できるため、煩雑で時間のかかるテスト準備から開放されるのです。

Delphix-Data-Platform-data-blocks

Delphix Data Platform data blocks (https://www.delphix.com/delphix-data-platform)

ストレージコストの削減

最後三つ目に、ストレージコストについてです。

例えばアプリの改修を行う場合、本番環境でリリースする前に開発環境、テスト環境で事前確認を実施することが一般的です。

しかし開発環境を用意するには、本番環境と同等のストレージが必要で、かなりのストレージコストがかかります。

このコスト負担を解決するのが、Delphixです。

Delphixの場合、最初に本番環境のデータベースを、物理コピーを実施することでDelphixサーバに取り込みます。

そしてDelphixサーバに取り込んだデータベースをNFSマウントすることで、開発環境を利用します。

そうすると、Delphixは開発環境側にデータベースを保持しないことになるため、ストレージを準備する必要がなくなり、ストレージコストを削減することができるのです。

おわりに

本記事では、マイグレーションの概要から、現新比較テストでのDelphixの活用についてご紹介しました。

現新比較テストに関して、課題を感じている方はぜひDelphixの利用を検討してみてください。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。