性能テストとは何か?システムのパフォーマンスを分析する目的と方法

「開発したWebシステムが問題なく稼働するのか気になる」

「どのようにしてシステムの性能テストを実施するのか知りたい」

専用ツールによりシステムを動作させ、パフォーマンスに問題がないか分析する方法が性能テスト。テストの実施により不具合や性能不足を判断でき、トラブルを防止できるのがメリットです。

この記事では性能テストを実施する目的やパフォーマンスを分析する方法について解説します。

性能テストとは何か?システムのパフォーマンスを分析する目的と方法

性能テストとは何か?システムのパフォーマンスを分析する目的と方法

性能テストとは

システムの応答速度やデータの処理能力、処理可能なデータ容量といった項目を確認するのが性能テストです。一般的にシステム開発の最終段階にて性能テストは実施されます。

性能テストでは利用者が快適にシステムを使えるよう、実際の動作環境を想定して合格基準を定めます。もし実際の動作環境と想定がズレてしまうと、システムの性能を正しく評価できません。

例えばECサイトの注文処理が長引いた場合、ユーザーに不信感やストレスを与えてしまうリスクがあります。競合のシステムよりも応答時間が長ければ、システムが避けられる可能性もあること。

なるべく実際の動作環境を想定して、厳しい合格基準を設定することが性能テストのポイントです。

性能テストとは

性能テストとは

 

実施する目的

ユーザーが快適にシステムを利用できる環境を実現するために開発側は性能テストを実施します。システムが正しく動作することではなく、ストレスなく使えることが性能テストでは重要です。

もし利用時に不満が溜まるシステムをリリースしてしまうと、低評価や離脱の原因となります。例えばWebシステムを提供する場合、応答速度が長くなると離脱率が増える傾向です。

多くのユーザーは素早い動作に期待しているため、その期待を裏切るとシステムの利用を避けます。たとえ不具合のないシステムであっても、動作が遅ければ利用者は増えにくいです。

開発したシステムが使われなくなることを防ぐために、性能テストを実施して処理が遅くなる原因を解決しましょう。

ユーザー数やデータ容量の増大に合わせて、システムが対応できるかチェックする方法が拡張性テストです。

ユーザー数やデータ容量の増大に合わせて、システムが対応できるかチェックする方法が拡張性テストです。

 

性能テストを行う方法

「どうやってシステムのパフォーマンスを分析するのか気になる」と思う人はいるはず。性能テストでは主に3つのテスト方法によって、パフォーマンスを調べます。

  • ストレステスト
  • 拡張性テスト
  • ロードテスト

それぞれのテスト方法について簡単に解説します。

 

ストレステスト

ストレステストでは想定よりも大きなデータ処理やアクセスが発生したとき、システムがどのように動作するのかチェックします。過大な負荷をかけたときの反応を確認するときに行われるテストです。

完成したばかりのシステムはストレスによって不具合を起こしやすく、データが失われやすいリスクがあります。リリース後のトラブルを防ぐために、大きな負荷をかけても問題がないか分析しましょう。

 

拡張性テスト

ユーザー数やデータ容量の増大に合わせて、システムが対応できるかチェックする方法が拡張性テストです。処理可能やデータ量やアクセス数を調べることで、システムの限界を把握できます。

拡張性テストによって処理限界が分かることで、処理数の上限を決めたりアラートを設定したりできるのがポイント。将来の負荷増加に対して早めにサーバーを増強できる利点もあります。

 

ロードテスト

処理できる上限に近いアクセスやデータをシステムが問題なく対応できるかチェックする方法がロードテスト。想定内の負荷をかけてパフォーマンスをテストするのが特徴です。

限界に近い負荷をかけたときにシステムが問題なく動作すれば、実際にユーザーが利用しても問題が発生する可能性は

ロードテスト

ロードテスト

低いです。適切に動作するのか調べたいときにロードテストを実施しましょう。

 

 

まとめ

開発したシステムの処理能力や応答速度を測る方法が性能テストです。「ユーザーが問題なくシステムを利用できるのか知りたい」と思ったときは、性能テストの実施を検討しましょう。

 

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

返信を残す

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。