Amazon ECS とは?そのサービスの特徴や活用メリットについてご紹介

今回ご紹介するのは、AWSが提供するサービスの一つであるAmazon ECSです。Amazon ECSとは、AWS上で簡単にDockerコンテナを利用できるサービスです。 この記事ではAmazon ECSのサービス概要や特徴、そして活用のメリットについてご紹介します。

Amazon-Elastic-Container-Service-ECS

Amazon ECS とは?そのサービスの特徴や活用メリットについてご紹介

Amazon ECS とは?

Amazon ECSとは、AWS上で簡単にDockerコンテナを利用できるサービスです。

完全マネージド型サービスで、コンテナ化されたアプリケーションを簡単に実行することができます。

コンテナとは?

そもそもコンテナとは何かについて、まずご紹介します。
コンテナとはアプリケーション本体やライブラリ、設定ファイル等を一つにまとめた仮想環境のことを指します。

通常、仮想マシン内ではそれぞれゲストOSが動作している必要がありますが、コンテナ単位ではゲストOSを起動させる必要がありません。コンテナは、サーバーマシンにインストールされているコンテナエンジンによって動作します。

コンテナエンジンには様々な種類がありますが、AWSにも対応しており最もサービスとして広まっているのがDockerコンテナです。

コンテナのメリット

続いてコンテナのメリットについてご紹介します。

高速な処理が可能

まず一つ目に、高速な処理が可能という点です。
コンテナは必要最低限のリソースのみを利用するため、コンピューターへの負荷が少なく高速な処理を実現させることができます。

アプリケーションのパッケージ化

二つ目に、アプリケーションのパッケージ化が可能という点です。
この作業によって、実行する場所を問わず高速にアプリケーションを起動させることができます。

Amazon ECSで実現されること

続いて、Amazon ECSの利用によって何ができるのかご紹介していきます。

簡単にアプリケーションをコンテナ化

一つ目に、様々な種類のアプリケーションを簡単にコンテナ化できるということです。
例としては、長時間実行されるアプリケーションやマイクロサービス、機械学習のアプリケーションなどコンテナ化されたアプリケーションを簡単に作成することができます。

コンテナのデプロイ管理の効率化

Amazon ECSはDockerコンテナをサポートする拡張性とパフォーマンスに優れたサービスであり、コンテナ化されたアプリケーションを簡単に実行することを可能とします。

Schedule Taskによる効率化

Amazon ECSは、単一または複数のコンテナをTaskという形で管理しています。そして、Amazon ECSにはSchedulerと呼ばれる機能もあり、これによってTaskの自動配備・自動復旧が可能となります。

このような機能によって、アプリケーションの効率的なリソース配分やコストパフォーマンスの効率化に繋げることができます。

高度なパフォーマンスの実現

AWS(アマゾンウェブサービス)は、長年にわたって高性能なサービスを運用してきた経験から、様々なベストプラクティスを保持しています。

またAmazon ECSは、他のAWSサービスとも密接に統合されているため、コンテナ化されたアプリケーションを実行するための極めて安全で最適なソリューションを実現することができます。

Amazon-ECS-のしくみ

Amazon-ECS-のしくみ (aws.amazon.com)

Amazon ECSの料金体系

最後に、Amazon ECSの料金体系についてご紹介します。
Amazon ECSには2種類の料金モデルがあります。

Fargate 起動タイプモデル

一つ目に、Fargate 起動タイプと呼ばれる料金モデルです。

このモデルでは、コンテナ化されたアプリケーションに必要なvCPUとメモリリソースに対する料金が発生します。vCPUとメモリリソースは、コンテナイメージを取得した段階からAmazon ECSタスクが終了するまでを対象として計算されます。

EC2 起動タイプモデル

続いて二つ目は、EC2 起動タイプと呼ばれる料金モデルです。
こちらのモデルでは、まず追加料金は発生しません。

アプリケーションの保存や実行のために作成したAWSリソースの使用分に応じて料金が発生する仕組みとなっており、最低料金や初期費用は不要です。

参考:【公式】クラウドならアマゾンウェブサービス(AWS) 「Amazon Elastic Container Service の料金」
https://aws.amazon.com/jp/ecs/pricing/

おわりに

今回の記事では、AWSで提供されているサービスの1つ、Amazon ECSについてご紹介しました。

Amazon ECSを利用することで、コンテナ化されたアプリケーションをAWS上で簡単に実行及びスケールすることが可能です。そしてAWSの他のサービスとも連携させることで、他にも様々な便利機能を利用することができます。

コンテナ管理サービスについてあまり詳しくない方も、この機会にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    お問い合わせ
    ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
    ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
    ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
    ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
    ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
    ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

    下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。

      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      お問い合わせ
      ・見積もりの相談(システム開発の費用を概算で知りたい方?)
      ・企画段階からの相談(こんなアプリの開発できますか?)
      ・オフショア開発に不安のある方(オフショア開発って何ですか?)
      ・ベトナムやONETECHに興味のある方(ベトナムでビジネスしたいのですが)
      ・エンジニア人材不足にお悩みの方(エンジニアを採用したいのですが?)
      ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

      下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「この内容を送信する」ボタンを押して下さい。 入力していただいた内容の送信が完了しても、送信中の状態が続く場合がございます。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
      無料相談
      お問い合わせ